テニス スマッシュ

戦術

成功体験が少ないテニス選手に、ミスを責めても何も発展しない

「なんでこの選手、後輩は、成長しないんだろう・・・」

そう悩んでいる先輩、そしてコーチ、テニス界にも多いはず。

テニスが上達していくって、難しい。

なぜなら「成功体験」を積ませるのが難しい、からなんです。

 

成功体験が少ないテニス選手に、ミスを責めても何も発展しない

 


 

1.自信が無ければ、自分の打ったショットに動きを連動出来ない

テニスが上手い、試合に強い選手は自分のショットに自信がある。

「こう打てば、こう飛んでいく、ここにバウンドさせられる」という感覚に、自信がある。

だから次の動作も速いし、動きが連動出来る。

他のスポーツでも、パスを出すと同時に自分が走る、というように動きは連続していきますよね。

その為に必要なのは、「自分のショットに自信を持つ」ということ。

ここで言う自信とは、「ある程度、この辺に飛んでいく」くらいのコントロールで充分です。

 

2.コントロールに自信が付けば、成功体験が積める

テニスはコントロール。

コントロールが良くないと、試合で自分が疲れるだけです。

だって・・・どんなに速くても、「自分でどこに打つか分からない」ショット、どうやって次に備えれば良いんでしょう?

コントロールを優先させるために、もしかしたらボールスピードは落とす必要があるかも知れません。

そうやって、「上手くいった!」という体験を積ませてあげる。

「出来ないこと」を叱咤激励しても、テニス選手は上手くなりません。

ただ気落ちして、テニスコートに来なくなってしまう・・・だけでしょう。

成功体験が少ない選手は、そもそも自信が無いのですから。

 

3.「責めるべきミス」は決まっている

何度も書いてきましたが、責めるべきミスは決まっています。

例えばコントロール重視、の練習をしているのにスピードボールに走る。

ネットプレーの練習なのに、ネットに出なかった。

つまり、「やるべきことをやらなかったとき」だけ。

細かい技術的なミスは、責めない。

責めたところで、成功体験へのチャレンジの足かせになるだけです。

発展させていくミス、はどんどんやっていく。

部活全体で、この雰囲気が欲しいですね。

 

成功体験が少ない、と自分で感じているならやるべきことは簡単。

成功できそうなこと、から始めて徐々にレベルアップしていくこと。

周りのレベルが高いからと言って、同じようなテニスを無理してプレーする必要なんてありません。

自分なりに、しっかり成功を作っていく。

これは待っていても、なかなか難しいですよ。

 

今回のまとめ

練習で成功体験を積んで、自信に変えていけるかどうかはアナタ次第

 

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、主導権を握る方法5つ

    試合の主導権を握っていきたい。これは、誰しもが試合前から考える…

  2. テニス 格上相手

    戦術

    テニスの試合では、「引き出しが多い選手は作戦が立てやすい」から強いし結果を出せる

    どんなスポーツでも、試合が上手い選手は武器が多い。それは攻撃出…

  3. 戦術

    試合をリードするから自由が生まれる、という発想を

    勝てない試合は、常に苦しい展開。どのゲームでも先行されるし、ゲ…

  4. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合においては、「同じプレースタイルの格上相手」が一番戦い辛い

    「そんなの、当たり前じゃん!」と思っている方、結構試合に出ている方です…

  5. テニス 格上相手

    戦術

    タイブレーク、意外と先行した選手が逆転される

    なぜだか、私はこういう傾向が強いと思います。タイブレークの試合…

  6. 戦術

    弱いから負けたんじゃない、挑戦したという事実だけ

    テニスの試合出ていると、最後まで勝ち残って大会を終えることは少ない。…

特集記事

  1. テニス ステップ

    ストローク

    試合になるとフォアハンドが安定しない方へ、提案したい改善策4つ
  2. テニス ダブルス

    戦術

    目に見えるスコアだけで、本当の差は見えてこない
  3. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合会場にいる「自分のテニスをひけらかしたい人」に、絶対負けてはいけませ…
  4. ダブルス

    ストライクゾーンで、勝負しよう
  5. テニス 練習

    テニススクール

    テニスを習って上達しやすい人、しにくい人の違い
PAGE TOP