戦術

「試合前から、相手をリードする!」観察すべきポイント5つ

「相手をよく観察すること」の重要性は、何度も書いて来ました。

じゃあ、具体的にどこを見る?という部分を、もう少し掘り下げたいと思います。

みなさんも、試合前に相手からリードを奪うくらいの気持ちで。

前のめり、にいきましょう。

 

「試合前から、相手をリードする!」観察すべきポイント5つ

 


 

1.ラケットを見る

まず、相手の使っているラケットからチェック。

私が意識しているのは、フレームの厚さです。

これが厚いラケットは、パンチ力のあるボールが飛んで来るタイプなので、ベテランや女性で使用者が多い。

フレームが薄めのラケットは振り抜きを重視しているので、スウィングスピードの出やすい学生や男性向け、ですね。

厚めのフレームのラケットは、小さいテイクバックからでも強力なボールが打てる半面、コントロールは少し難がある。

薄めのフレームのラケットの相手なら、本格派なプレースタイルかな、という感じで準備しておく。

各メーカーのラケットのモデルについて、ある程度知識を持っておく必要はありますね。

フレームの厚さから、ラケットを振って来るタイプかどうか、はある程度判断出来るはずです。

 

2.相手のウェアをチェック

意識したいのは、肘や手首に何かギアを装着していないか、という点。

ベテランやシニアの方ですと、結構身に付けている方多いですよね。

こういう方は、打ち方に少し癖があるタイプの人が多い。

傷めているのには、それなりに理由がありますからね。

打点が少し後ろ目、ボレーを手首で振ってしまう、ようなプレーを想定しておきましょう。

足にギアを装着している選手は、そこまでフットワークは軽くないですよね。

ですから、前に走らせる等の作戦がより有効になって来ます。

 

3.ウェアの色を見る

これもあくまで想定、の話ですが。

赤や黄色、のウェアを来ている選手は積極的なプレーが多い。

黒やグレー、白のウェアを着ている選手は、確実で堅実なプレーが多い、という想定を立ててみて下さい。

色って、選手本人が選んで着用している訳ですからね。

何かしら、そこに性格的な要素が入って来るのが当たり前。

プレースタイル、にかなり相関性があると私は思いますよ。

間違っていたら、軌道修正すれば良いんです。

相手のウェアの色からも、何かを感じ取るという意識がまず大事ですから。



4.サーブのポジションをチェック

試合前の、4球のサーブ練習。

ここからも、たくさんの情報を得ることが出来ます。

どんなポジションから打つのか、こちらからボールを返球したときに、スムーズにキャッチ出来るのか。

ポジションがサイド寄りであれば、ダブルスならストレートロブが効果的、センターへのサーブは来ない。

バック側に返球してみて、女性でも片手でスムーズにキャッチ出来ればボレーが得意、片手でもプレー出来そう、なんてことが分かります。

ただ自分のウォーミングアップだけに集中するなんて、もったいないですよ。

相手からの情報を得る場、としてしっかり活用しましょう。

 

5.ペアで会話しているかどうか

ダブルスの試合前に、相手ペアの雰囲気も見ておく。

試合前に、一緒にコート脇で待機している時間もありますよね。

そこで、会話しているかどうか。

しているなら、どんな雰囲気か。

コンビネーションを使って来るペアは、試合前から結構会話が多いはず。

逆に会話が少ないペアは、縦割りでさっぱりとしたペアが多い。

試合中にも気付く点は多いと思いますが、まず試合前から想定を立てておく。

これが何より、大事です。

 

試合前から、チェックポイントを絞っておく。

ラケット、ウェア、ポジション、会話の雰囲気・・・。

こういったところをチェックしていくと、アナタ自身で経験値が溜まっていくはず。

もちろん、想定から外れることも有ります。

でも、「外れた」と気付ければ修正も早い。

リードはしっかり奪えるし、経験も積める。

何も意識しない人は、逆にリードを奪われてマイナスから試合をスタート、していくことになるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス 打点

    戦術

    「弱者が強者にテニスで勝つために」必要なのは、単純な粘りだけじゃ無い

    テニスでは、確かに実力差がある対戦もある。それはプロ選手の試合…

  2. 戦術

    プレッシャーになっていない、ただの自己満じゃない?

    先週末の試合で、私自身が感じたこと。「これ、自己満だな…」と…

  3. 戦術

    試合結果に、先回りしよう

    試合が始まる前、組み合わせが決定している。もし対戦相手がアナタ…

  4. テニス 言葉

    戦術

    どこを狙うかの前に、「どこの場所で」打つのか?が大事

    試合の中では、「あそこに打ちたい!」と思いますよね。相手がいな…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    深いボレーがアウトになるのは、技術的な問題じゃない

    ハイボレーを打って、ベースラインを数cm越えて、アウト。これは…

  6. テニス 大学

    戦術

    序盤にミスが多いと、1セットマッチでは勝てない

    試合になかなか勝てない人は、序盤が怪しい。何となくで入って、何…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 練習

    ストローク

    「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「ストロークを打つときに伸び上がる人」は、いつまで経っても打点がブレるので安定し…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスを成長させていく過程では、実力に実績が付いていかない時期もある
  4. テニス 練習

    戦術

    前衛でプレッシャーをかけるときは、必ずウォッチの準備を
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのダブルスの試合で必要な「スライスとフラットの2種類のボレー」は、ラケット…
PAGE TOP