ストローク

テニスの試合でバックハンドを振りきれない、「スライス依存症候群」に陥ってはいないか?

試合中、精神的に苦しくなることはよくあること。

自分もビビっているが、相手も苦しい状況なので、ここはしっかりとミスしないで我慢したいって時に有効なのはスライスショット。

しかし、20才頃まで俺はこういう場面でスライスを使うこと自体怖かった。

 

テニスの試合でバックハンドを振りきれない、「スライス依存症候群」に陥ってはいないか?

 


 

特に得意だったフォアハンドストロークの時。

それはなぜかというと、一度スライスを使うともうそれ以降、試合中にトップスピンに戻せなかったのだ。

一度使うと止められない禁断のショット、スライス・・・。

 

俺は密かに「スライス依存症候群」って呼んで、恐れていたのである。

もともとバックハンドストロークは、高校の頃からスライスしか打てなかった。

頑張って片手バックハンドでトップスピンを死ぬほど練習したが、一向に上達の兆しが見えず断念。

しかし20才を過ぎてから両手に変更したら、何とか試合でも使えるようになった。

それでもやっぱりスライスがメインで、トップスピンはなかなか登場させることが出来なかった。

 

でもそんなスライス依存症候群だった俺も、今は克服して試合の中でトップスピン、スライスと自在に使い分けている。

バックハンドストロークも死ぬほど苦手だったが、今はフォアハンドストロークよりも安定感あるかも。

そうなれた理由は何かと言うと・・・打点なんだよね。

打点がダメだったからフォアハンドストロークはスライスからトップスピンに戻せなくなっていたし、バックハンドもダメダメだったのだ。

スライスの特徴と言うかメリットは幅広い打点範囲。

離れすぎた打点も、食い込まれた打点でもスライスを使えば何とか返球は出来てしまう。

が・・・ここが落とし穴。

ビビッた場面でのフォアハンドスライスは、ビビッた分だけボールを待ってしまって、本来の打点より低くてしかも体に近くなっていたし、バックハンドストロークなんて最初からスライスメインで練習していたうえに、苦手意識の塊だったから、準備も遅くて打点はいつも食い込まれていたのだ。

 



 

両手バックに変えた方が良かったのは、左手で何とか食い込まれた打点のボールを押し返せたから。

もちろん今でもビビッた場面、それからしっかりポジションに入れない相手の厳しいショットの場面ではスライスを活用しているんだけど、その後またトップスピンでしっかりと打ち抜きたい時には、「しっかり思い切って振り抜こう!」って思うと同時に、打点をちゃんとトップスピン用の前方打点に戻すようにしている。

大事なことはボールが来るのを待たないで、前へちゃんと迎えに行けってことだね。

スライス依存症候群に陥っている人、けっこういるでしょ?

 

「スライスだけじゃだめだ!振り抜かなきゃ!」

そう思って、思い切って振り抜いたけど結果はネットとかアウト・・・だからまたスライスに戻る、なんてパターンの人は振り抜くだけじゃなくて打点の修正も行なうこと。

相手もビビっているから超甘いボールが返ってきているのに、こっちもスライスしか返せない・・・そんな惨めな試合から、早く抜け出せ!!

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ティエム選手の片手バックハンド、は私たちにも真似出来るのか?

    クレーコートでも抜群の威力を発揮する、ティエム選手。錦織選手の…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    ストローク戦で振り遅れが目立つ時には、ラケットヘッドからのテイクバックに変えてみよう

    試合の中で、ストロークで押され始めて、焦ってしまう。よくあるケ…

  3. ストローク

    対ネットプレイヤー向けのストローク、裏技があります

    相手が前に出ている状態だと、高いボールは打てない。低く、安定…

  4. テニス フェデラー
  5. ストローク

    「振り抜け!片手バックハンド」テニスの試合で縮こまらない為に必要な意識とは?

    バックハンドストロークは苦手だった。20歳までは片手バックハン…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスという競技で、「自分にはフォアハンドとバックバンド」、の違いがあることを再認識しよう

    テニスには、極論「フォアハンド」か「バックハンド」しかない。ス…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルス中級者から身につけたい、「前衛がサーバーに出すサイン」の基本を覚…
  2. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います…
  3. テニス サーブ

    リターン

    左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう
  4. ダブルス

    挑戦企画は、こういうペアにお勧めです
  5. テニス ダブルス

    サーブ

    テニスの試合で、「ファーストサーブが入らなければセカンドサーブ」、くらいの感覚は…
PAGE TOP