テニス シングルス

ストローク

テニスの試合でのストローク、「勇気があれば振り抜ける」わけではなく・・・ですよね?

目次

トップスピンでストロークを打つ時、当たり前だけどトップスピンの回転が掛かっている。

この回転、大事な場面なんかで緊張している時でも安定感を与えてくれるので大いに役立ってくれる。

でも回転を与えるためにはしっかりと振り切らないといけないんだけど、大事な場面になるほどラケットが振れないなんてことがあるでしょ?

 

テニスの試合でのストローク、「勇気があれば振り抜ける」わけではなく・・・ですよね?

 


 

そういう時こそラケットをしっかり振って回転量を増やしたいのに。

なんで振れなくなるのだろう。

まず言えることは、「振るとアウトしそうだから」という気持ちが湧いてくるから。

 

恐らく誰もが思い切って振ってみたけどアウトしてしまったという経験を過去に持っていて、それを思い出してしまうのだ。

じゃあなんで緊張した場面で振り切るとアウトしやすいのか、その原因がちゃんと分かれば、そこを修正することが出来るし、大事な
場面で緊張してもしっかり振り切って回転量を増やせるようになる。

今まで自分も含めて多くの人がビビってラケットを振れなくなった時の状況を考えると、特徴としてよくあるのがボールを待ってしまい、打点をついつい落としてしまって打ってしまうこと。

実はこれがしっかりとトップスピンをかけるために必要なラケット面の被せを作りにくくしてしまい、振り抜けなくなる。

回転を生むためにはボールを擦り上げるかライジングの時には面で押さえつけないといけないでしょ?

 

それなのに待ち過ぎて打点を落とすと、待っているラケットと打点の高さの差が無くなり擦り上げるという関係が無くなってしまう。

もちろんライジングも無理だしね。

そうすると、擦り上げて打つ打ち方やライジングのために必要だった被せ気味のラケット面は、フラットに近い形に変更しないといけなくなり、そうなると当てるだけの打ち方になってしまい振り抜けなるのだ。

なので、ボールを待ち過ぎないようにしないといけないんだけど、ただ前で打てばそれで良いわけじゃない。

軸足でしっかりバランス良く立った状態を前提にして、それで前の打点を求めて欲しい。

そして打点を前にして打つということは、ラケットスィングの動作にとっては後半になるのだが、スィングの後半って前後の動きよりも、上下動がメインになるでしょ?

 



 

だから前で打つとしっかり下から上の動作が出来るから、回転もかけやすくなるのだ。

その上下動の原動力として必要なのが、軸足の床反力なんだよ。

でもね、ここまで細かく気を付ける点が多いと、余計に訳分かんなくなって振り切れなくなるかもしれないね。

だからこういう技術的な細かい部分は、練習の段階で意識してしっかり身に付けておくことなんだよ。

試合の時には、「振り抜き続ける」という強い気持ちだけを持つこと。

 

そのためには練習の段階で「振り抜いた方が安定する」と身体に覚え込ませ、信じ抜けるようにすること。

そしてその根拠となる上下動をメインにしたスィング、被せ気味のラケット面、軸足との関係、前で打つ打点など、具体的にしっかりボールへ回転を与える方法を上手くいかない時の修正方法として覚えておこう。

勇気を持って振り抜く・・・というよりも、振り抜く方が安心するという感覚が身に付くまで頑張り続けよう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    テニス初心者の方にありがちな、「ストロークで肘が後ろに残る形」を修正しよう

    テニスで「手打ち」と呼ばれる現象。そのほとんどは、肘から先の腕…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    「ポール回し」は上級者だけでなく、テニスプレイヤー全員に求められる技術です

    テニスの試合で、1試合に1度打つ機会があるかないかのショット、ポール回…

  3. テニス トレーニング

    ストローク

    自分自身でコントロールに厳しくならないと、上達は無い

    自分のショットに対して、どこまで厳しくなれるのか。これは、誰も…

  4. テニス ロブ

    ストローク

    なかなか教えてもらえない、「ロブを追いかけてしっかり返す」ための注意ポイント4つ

    試合でも練習でも、意外と「ロブで抜かれたときに、追いかけて返球」する機…

  5. テニス コントロール

    ストローク

    相手のストロークに押されやすい人は、「漠然と待たずに、適度な予測」が出来るようにしていきましょう

    ストロークラリーはただ繋げるだけ・・・という方も、試合に出れば相手を攻…

  6. ストローク

    なぜラケットは、両手で持って構えるのか?

    テニスの構え、基本の構えの形。みなさん、どうでしょうか?…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    アプローチショットに必要なのは、絶対にコレ
  2. 戦術

    テニスでも「ボールをキープする」という感覚が大事
  3. テニス 部活

    その他

    テニスの試合で「自分自身の失敗を活かす」為に必要な、意識改革とは?
  4. テニス 攻撃

    フットワーク

    ライジングショットで攻撃してくる相手には、「速いタイミングのスプリットステップ」…
  5. テニス ストローク

    サーブ

    ボディへのサーブからのサーブ&ボレーは、基本の型
PAGE TOP