シングルス

バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう

シングルスの試合での、私の基本的な考え方の一つです。

これがバンバン入ったら、もうしょうがない。

それくらいの割り切り、で待ってみて良いと思いますよ。

リスクはとことん、相手に冒させる。

それがテニスの基本ですから。

 

バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう

 


 

1.バックハンドのダウンザライン、難しい!

私たちは錦織選手の試合もよく観ているので、もしかしたら勘違いしやすいのかも。

バックハンドのダウンザライン、シングルスの試合で打つのは結構難しい。

私でも、そんなに使わないです。

ダブルスの試合なら、多少甘くても前衛が触ってミスになったり、ダブルスコートですので広いから誤魔化せる。

でも、シングルスの試合ではなかなか入らないんですよね。

コートも縦に長いし、ネットも高いから越えるのも一苦労。

難しいこと、は相手にどんどんやってもらいましょう。

 

2.相手のバックハンドは、クロス方向で待つ

私はいつも、このスタンスで予測しています。

相手のバックハンドストローク、7割はクロスにしか来ない。

ダウザライン、自分のフォアハンド側は空けておいて待つ感じですね。

ちょっと、誘う感じです、相手のバックハンドをストレートに。

もし打たれても、焦らずに走れば良い。

自分はフォアハンドですから、甘ければ反撃も出来ますからね。

シングルスの試合、7割はクロス待ちで良い、というのが私のスタンスです。

 

3.クロスの方が、鋭いボールが来る可能性大

相手のバックハンド、クロスは要注意。

結構浅めでエグい角度でも来ますし、自分もバックハンドになるケースが多い。

右利き同士の試合なら、バックハンドのクロスの打ち合いは増えていく。

ここで負けると、試合の主導権は相手に握られてしまうでしょう。

だから、絶対にクロスコートの打ち合いでは負けない。

ダウンザラインは捨ててでも、こっちで勝つイメージを大事にしておく。

そして、自分は要所で、高い打点で打てる時にダウンザラインに展開していく。

試合の後半、バックハンドラリーを相手がクロスに張り出したらチャンスですね。

 

4.それでももし、バックハンドのダウンザラインに打たれたら・・・

先ほども書きましたが、まず焦らないこと。

フォアハンドでしっかり追いついて、スライスでも良いので返す。

甘ければ攻撃、ですね。

この攻撃の時に、私がオススメなのは「ダウンザライン返し」です。

つい、オープンコートのクロス、つまり相手のフォアハンド側に打ちたくなりますが、ここは逆を突く。

もう一度、ダウンザラインに打って、相手のバック側を攻撃してみる。

そうすると、相手は走った逆を突かれるので、結構厳しいですよ。

ダウンザラインには、ダウンザライン返し。

もし機会があれば、ぜひ試してみて下さい。

 

難しいことは、出来るだけ相手にやらせること。

それが入っても、気にしないことです。

何度も調子に乗って打ってきてくれるくらいで、コチラは楽になる。

「それが全部入ったら、どうすのか?」というみなさん。

それは相手が強かった、ということ。

完璧な作戦、というのは無いですから。

割り切りも大事です。

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「自分がサーブのとき、0-40になってしまった・・・」ときに必要な考えとは?

    試合のシチュエーションを考えながら、日々練習をすることはとても大切。…

  2. シングルス

    シングルスの試合で、体力温存したければ?

    シングルスの試合に出場しているみなさんに、必要なこと。それは間…

  3. テニス シングルス

    シングルス

    アナタのシングルスの試合を勝利に導く、30のポイント

    シングルスの試合、自分一人の孤独の戦い。だからこそ、勝っても負…

  4. シングルス

    「シングルスの戦い方」はテニスの試合ではシンプルに考えて実践!

    シングルスの時、どういう作戦でプレーする?相手によって変わって…

  5. テニス スポーツ

    シングルス

    シングルスの試合では「自分の事より相手の事」をしっかり意識して、試合に勝つ

    どんなにたくさん試合経験を積んでも、シングルスの試合はやっぱり緊張しが…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「浅いボールのアプローチショットが難しい」人はボールの軌道を思い切り上げ…

    ストローク戦で押して浅いボールを相手から引き出して、「よし、チャンス!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    少し前に出るだけで、前衛は効果大
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必…
  3. テニス ダブルス

    メンタル

    試合の中での「チェンジコートの過ごし方」は、自分なりにルーティン化してみよう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで遅いボールの返球が苦手な人は、「テイクバックしてからのフットワーク」…
  5. テニス 雨

    その他

    テニスのやる気が起きない時に、自分を責めるのは止めよう
PAGE TOP