テニス チャンス

メンタル

マッチポイントは、一度相手に握らせらるくらいで良い

試合の中で、緊張しやすい人。

特に、相手のマッチポイントのような場面って、身体がガチガチになったりしませんか?

これも、ちょっとしたアイデアで私は変えていけると思いますよ。

大胆な発想ですが、これくらいで良いと思います。

マッチポイントは、一度相手に握らせらるくらいで良い

 

1.特に、タイブレークで必要な発想

例えば、試合が拮抗してタイブレークに突入。

この段階で、私はいつもコレを考えています。

「マッチポイント、を焦らない」と。

つまり、自分が先にマッチポイントを握らなくても、大丈夫。

むしろ、一旦相手に握らせるくらいで良いんじゃないかなとさえ、思っています。

強がりではなく、実際そこからの逆転勝ちって多いんですよ。

だって、テニスってそんな感じじゃないですか?

 

2.マッチポイントを逃す体験を、してもらう

もちろん、危険ではあります。

相手がマッチポイント、あと1ポイントで終わってしまう可能性もある。

でも、そのポイントを凌いでしまえば、実は果てしなく大きなダメ―ジを相手に与えることが出来る、のもテニスです。

実際に、試合の中でマッチポイントを取り切れないで、その先のタイブレークで7-9で負け・・・なんてケース、多いですよね。

要は、それくらいのことを相手にやらせるつもり、で良いんじゃないかなと。

試合前から、こういうことを考えておくのも手です。

 

3.「握られた」じゃなくて、「握らせている」ということ

つまりは、アナタ自身が全てをコントロールしているということですね。

実際に、マッチポイントの相手を見てみて下さいよ。

楽しそう、嬉しそうな人っていますか?

「ここを取らないと・・・」と、何だか切羽詰まったような相手、多いじゃないですか。

そこに、アナタ自身がつけ入る隙があると私は思っています。

そう考えているだけで、実はテニスってすごく楽になる。

苦しんでもらうのは、あくまで相手ですからね。

 

4.実際に、どういうプレーが効果的?

相手のマッチポイント、どういうプレーが効果的でしょう?

これはもう、相手によりますね。

一発で仕留めに来るような相手もいれば、粘ってミス待ち、のような相手も多いでしょう。

私はいつも、その選手の傾向と、マッチポイントになる前にポイント、を思い出すようにしています。

ほとんどの人は、「その前と同じ作戦」で来る可能性が高い。

それくらい、相手も余裕が無いんですよね。

だからこそ、アナタ自身に必要なのは冷静さとしたたかさ。

相手にマッチポイント、握らせてから奈落の底に落としていくイメージ、でいきましょう。

 

もちろん、綺麗に握らせないで勝つこと、が一番ですよ。

でも、そんな試合そう多くないじゃないですか。

競った試合、タイブレークに入るような試合は、何度かマッチポイントは行き来する。

その準備として、どうでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. メンタル

    「絶対にミス出来ない場面」なんて、テニスの試合では無い

    メンタルが強い、弱いという話。これって、何度も書いて来ましたが…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    指示や指導で、基本人は動かないしテニスも変わらない

    「なかなか、自分の指導を聞いてくれなくて・・・」というお悩みを、アンケ…

  3. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合会場にいる「自分のテニスをひけらかしたい人」に、絶対負けてはいけません

    本人はいたって無意識でも、テニスの試合会場には「とにかく俺のテニスを見…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合でリードすると、「すぐ相手のミス待ち」になってしまう選手は絶対に勝ち切れない

    スポーツって、不思議。勝っている選手が急に不安になって、身体が…

  5. メンタル

    テニスの試合、「自分が苦しいときは、相手も苦しい」のだから、乗り越えた選手が勝つのは当たり前

    テニスの試合、弱い人は思考に特徴がある。「苦しいのは、自分だけ…

  6. テニス 準備

    メンタル

    試合前5分で完了する、スタートダッシュに必要なメンタル準備

    試合前、緊張感が高まる場面をどう過ごすのか。試合が始まるまさに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サービスゲームで優位なカウントでは、積極的に「緩いサーブ」もファーストに入れてい…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    スピン回転のストロークは、「高い打点と低い打点で回転の種類が違う」、と考えよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを安定させたいのに、「低い打点でこすってばかり」の人、いませんか?
  4. テニス メンタル

    リターン

    「ビッグサーバーのブレイクが、難しい・・・」という方は、まず30-30のカウント…
  5. テニス メンタル

    ボレー

    深いボレーで相手を追い込んだら、頭の8割はドロップボレーで待つこと
PAGE TOP