メンタル

他人に共感出来ない、それで良い

人と同じテニスに、疑問を感じる。

それこそ、まさにアナタ自身の武器の源、になります。

正直、これだけは周りの人が教えることが出来ない。

アナタ自身、自分の感覚がどうなのか。

周りと違う、共感出来ないことに、ぜひ自信を持って欲しいんです。

 

他人に共感出来ない、それで良い

 


 

1.周りと違うのは、当たり前

そもそも、当然の話なんです。

例えば、コーチの言っていることと、自分の考えが違う。

当たり前です、人間ですから。

それに、テニススクールのコーチは自分と経験も違うし、経験が違えば考え方も変わって来る。

アナタ自身がどう考えているのか、ということを大事に考えれば、異なる意見を持って当然。

それを、「いや、コーチが全て正しいんだ」と思い込んでしまうと、もったいない。

アナタ自身の意志にこそ、強さの種がある。

本来、その種から出た芽を育てていくのがテニスの成長、なんです。

 

2.他人に共感、無理にしないで良い

きっと、テニスだけじゃないと思うんですよね。

無理に共感しようとして、自分の感覚に蓋をしてしまうこと。

これが、一番もったいない。

コーチの言っていることを聞いて、ただ練習しているだけの自分は、どこか無理をしているはず。

それで上手くなるのは難しいし、何より全てプレーに出ますよ。

アナタ自身が考えていること、迷っていることは、必ず打つ動作やボールに現れます。

そのことだけは、よく覚えておいて下さい。

 

3.自分で選ぶこと、が大事

何度か書いて来ましたが、テニスは選択のスポーツ。

自分はどこで戦うのか。

何を持って、戦うのか、を選べる競技なんです。

だからこそ、他人に共感しないで自分の感覚を大事にして良い。

逆に言えば、自分で決めたことでしか、戦い抜けないんです。

テニスの試合は、ずっと孤独で始まり、孤独に終わりますから。

自分をプッシュ出来るかどうかは、自分で納得したテニスが出来ているかどうか、です。

これは、その日にいきなりコートでやろうと思っても出来ない、難しいことでしょう。

 



 

4.意志を持てば、意志を持つ人が集まって来る

「でも、空気を読まないと練習が出来ない」という方も多いでしょう。

良いんです、ちょっとずつで。

アナタ自身で、無理に周り合わせること、だけを止めてみて下さい。

共感出来るなら、それで良い。

ただし、アナタ自身が「なぜ?」という疑問を持つこと。

なぜと疑問を持てば、それが意志に変わります。

意志を持てば、アナタの周りにはまた自分の意志を持つ人が増えて来るはず。

そうなると、自然とテニスも強くなるはずです。

 

日本って、共感を強制されているような節、がありますよね。

テニスだけじゃない、みなさんの周りで起きていること、感じることも多いでしょう。

無理に、考えを合わせる必要は無いですよ。

アナタ自身の意志を持てば、全ての目線は変わる。

そこだけは、自分自身で意識していくしかない。

もっともっと、テニスも強く楽しくなると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に感謝出来るようになると、試合の緊張感から開放される

    どうしても、試合で緊張して力を発揮出来ないと悩んでいる人。ネッ…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの守備こそ、激しさが求められる

    テニスの試合で、自分は「守備が得意だ!」と言える方、どれくらいいでしょ…

  3. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合はリードを奪うのは簡単だけど、「リードを守るのは難しい」のはなぜなのか?

    テニスの試合、誰でもまくられた経験はあるはず。リードしていても…

  4. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントは、一度相手に握らせらるくらいで良い

    試合の中で、緊張しやすい人。特に、相手のマッチポイントのような…

  5. テニス ボレー

    メンタル

    格上相手の対戦では、「まず相手の余裕を無くすこと」から

    試合で何が、一番辛いか。それは相手が「余裕を持ってプレーをして…

  6. メンタル

    人生にもテニスにも、最善というものは無い

    今の時代、色々な手段で情報を得ることができます。自分にとって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    ダブルスの雁行陣、のポジショニングの基本について
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「肩を入れた構え」が出来れば、スマッシュは楽に逆クロスに打てる
  3. テニス ガット

    その他

    テニスの試合、一番大事な「ラケットの準備」はみんなどうしてる?
  4. テニス ロブ

    テニススクール

    中級者から先のステップに、「自分中心を卒業する」という視点は欠かせない
  5. テニス ダブルス

    リターン

    パッと見遅いサーブ、に試合では気を付けろ
PAGE TOP