テニス フットワーク

メンタル

多くの一般テニスプレイヤーが、自分を過小評価していることに気付いていない

試合で結果が出る人、出ない人。

ほとんど、実力差は無さそうでも、私はこの部分での差が大きいと感じています。

テニスを長く続けていると、出来ないこと、負けていくことを常に多く感じてしまう。

だから、気が付かないうちにこんなスタンス、にみなさんもなってないでしょうか?

きっと、それってもったいないと思うんですよね。

 

多くの一般テニスプレイヤーが、自分を過小評価していることに気付いていない

 


 

1.もっともっと、アナタは出来る人

T-PRESSの読者のみなさんは、きっとそうです。

もっともっと、自分を評価して良い。

もっともっと、自分は出来ると考えて良いんです。

スクールで習ったり、上手い人から指導されてばかりだと、つい自分を過小評価してしまう。

他人とショットを比べて、自分が劣っていると考えてしまうのが、日本人のもったいないところ。

試合に勝つためには、もっと自分を「正しく、客観的に」評価していかないと。

これがしっかり出来ている人って、なかなか少ないと思いますよ。

 

2.出来るのに、やらないことが試合では多い

それを感じるのは、こういう場面。

普段の練習でやっていること、出来ていることは、もっとたくさんあるのに・・・試合でやらない。

出来ないんじゃなくて、トライしない、打とうとしないような人が多いように思います。

特に、並行陣ですかね。

テニススクールでは前に出る並行陣を練習しているのに、試合では怖いから下がってしまう。

ライジングショットの練習をしているのに、試合ではまた怖いから下がってしまう。

「緊張した場面で、良いボールは打てない」と、自分を過小評価してるんじゃないですかね?

これって、本当にもったいない話なんです。

 

3.「やってみれば、大したことないこと」ばかり

私がこのサイトで書いているのも、そんなことばかりです。

何せ、この私が出来たこと、やったことばかりですから。

みなさんが出来ない訳が無い。

もちろん、じゃあ私自身が勝っているのか・・・と言えば、それは怪しい部分があるのでご容赦頂きたいのですが。

自分を過小評価して、「やってみたら出来ること」から逃げているのは、本当にもったいない。

過小評価している自分、はどこか楽なんですよね。

「いや、自分はこんなもんなんで」と、周りと話している方が楽じゃないですか。

でも、それだけだと当然、テニスは強くなれません。

 

4.「正しく、自己分析」とは、事実に目を向けることである

自分は、毎週これをやって来た。

こういう相手と、こういう試合をして来た。

自分のスタイルは、こういうスタイル、というのを、しっかり「事実」から目を向けていくことが大事。

「〇〇だと思う」ではダメ、思っているなんて何の確証にもならないですから。

事実、をどれだけ集められるのかが、アナタ自身自分を正しく見つめていく道しるべになる。

練習を積み重ねて、事実を積み重ねていく。

それを自分で、正しく評価していく。

これでいきましょう。

 

自分を過小評価、楽なんですよ。

周りに期待してくれるな、と言っているようなもんですからね。

でも、本当にそれで良いんですか?みなさん。

テニスの試合で結果を出したいなら、自分を正しく自分で評価していかないと。

まずはその姿勢、が大事なんです。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝ち進みたい」なら、今日限りで止めたほうが良いこと6つ

    「試合に勝ちたくて練習してるけど、なかなか結果が出ない・・・」と、悩ん…

  2. メンタル

    ゲーム差が開いていけば、必ず集中力は切れるもの

    どんなに準備をしていても、試合は一筋縄では終わらない。これは、…

  3. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「すぐに格上選手相手に諦めてしまう・・・」人は、もっと弱点を貪欲に探す習慣を

    トーナメントも勝ち進んで3回戦。サーブに触るのもやっとだし、ラ…

  4. メンタル

    行動を興すのに、理由は要らない

    これも、最近私が感じることです。何か行動を興す時に、私たちは…

  5. テニス サーブ

    メンタル

    デュースが3回以上続いたときは、「終わらせようと思った選手」がゲームを落とす

    テニスの試合、つい焦ってしまう場面。それって、デュースが何回も…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「ミスの後のアクション」こそ、勝つ為には大事

    テニスの試合、選手としての強さ、たくましさで差が出る場面。それ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    センターセオリーは、なぜ試合で使えるのか?
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレーでは相手の「緩急」に気を付けないといけない
  3. ストローク

    ネットプレイヤー対策としての「浮かないスライス」は、ボールの下ではなく横を触って…
  4. テニス リターン

    その他

    テニスの試合中に、「ラケットを強く握り過ぎて握力が無くなる人」は、下3本の指で支…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合でボディサーブが有効なのは、「ストレートへのリターンが難しい」から…
PAGE TOP