テニス サーブ

サーブ

「脱ダブルフォルト!」テニスの試合で悩んでいる全ての人へ

ダブルフォルトほど悔しいミスはない。

相手に何かされたのならまだしも、自らのミスだけで失点するのだから。

もちろん、相手からのプレッシャーもあるかもしれないがとにかく悔しい。

 

「脱ダブルフォルト!」テニスの試合で悩んでいる全ての人へ

 


 

そのダブルフォルトをしないためにはどうすれば良いのか。

試合に出場している人なら誰でも一度は考えたことがあると思うんだけど、そこで重要なのはメンタルの部分と技術的な部分と、両方併せて考えないといけないということ。

どちらか片方だけ・・・となると、難しいだよね。

まず簡単なことはファーストサーブをきちんと入れる

これが出来ればダブルフォルトしない。

当たり前なんだけど、そうは言ってもやはりちょっとファーストサーブでコース狙ったりして強気サーブを打ってしまうと、ミスしてしまいセカンドサーブになってしまう。

もう後が無いセカンドサーブはどうしてもプレッシャーがかかってしまい、「ミスったらどうしよう・・・」なんて頭に浮かんでしまうのだ。

そこでそう思ってしまうことも問題ではあるが、残念ながら人間である以上、そういう余計なことは考えてしまう。

それでもそれに対してきっちりとした対応策を用意していれば、そんな不安なんか吹き飛ばして堂々と安定したサーブを打つことが出来るんだよ

例えば、トップスピン系のサーブを使う・・・とかね。

でもそこで「いや、そんなこと考えちゃいけない」なんて、自分自身に言い聞かせようとするヤツは大抵そこからダブルフォルトが続くのだ。

人間なんてそもそも弱い生き物なんだから、さっさと不安がっている自分を認めてしまえばいいのだ。

その代わり、ちゃんとした具体的な対応策を用意しておくことが出来れば、困難な状態でも案外ガマンし続けられる

人間、そういう強さは持っているからね。

しかし対応策を用意して安心させたとしても、不安は完全に拭い去ることは難しい。

そのちょっとした不安な気持ちが、具体的にどういうところに出てくるかというと、代表的なのは次の3つである。

まずはトスと打点の高さ。

いつもより低くなりやすいからテンポも変わるし、打点が低い分、腕も縮こまってしまう。
 



 

それからトスの位置

回転を掛けやすくするためという事も意識しすぎて、頭の上や後ろ気味にトスを上げてしまう。

回転ばかり掛かってネット超えないサーブになってしまう人はこの傾向が強いよね。

そして最後はスィングスピード。

飛び過ぎが怖くて振り抜けず、中途半端なスィングになってしまうんだけど、もちろんこれもリズム変わるし回転量も少なくなるから、コントロール出来なくなる。

ちょっとした気持ちの不安感が、こういった3つのことを引き起こしてしまうのだ。

自分自身では「いつも通り」って思っててもね。

だから、大事な場面のセカンドサーブになった時のためにも、「ダブルフォルトしないためのきっちり入れるサーブを用意してあるから、大丈夫なんだ!!」と言い聞かせられるくらいの超安定型ピンチ用サーブを普段からしっかり練習しておくことと、実際にそのサーブを使う場面になってもトスと打点が低すぎないように、トスが後ろになりすぎないように、スィングスピードが落ちないように・・・という微調整だけは付け加えることを忘れないようにしておこう。

メンタル面・・・不安を取り除き、安心を与えられるようなサーブの存在。

技術面・・・その状況でよく起こりやすい、トスの高さや位置、スィングスピードの微調整。

これらがあると、セカンドサーブになってもダブルフォルトはしにくい。

そしてダブルフォルトが少なくなってくると、面白いことにダブルフォルトのイヤーな予感も少なくなるので、更にダブルフォルトが減る

今、まだダブルフォルトばっかり・・・という世界にはまっている人は、とにかくメンタル面と技術面の両方で、そのダブルフォルト地獄から脱出しよう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由

    「なかなかサーブが上達しません・・・」というお悩みの声を、アン…

  2. テニス ロブ

    サーブ

    ダブルスの試合、ノータッチエースは一人の仕事じゃない

    シングルスの試合より、ダブルスの試合の方が多い。私は、そんな気…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで力が伝わらない人は、肘が伸び切ってから打っている可能性大

    サーブを打つ時に、力が伝わっていない人の典型例。それって、肘が…

  4. サーブ

    ボールを下に突く、のにもコツがある

    サーブを打つ前に、ボールを下に突く。この何気ない動作、みなさん…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    試合に備えて積んでおきたい、サーブ&ボレーの基本練習5つ

    試合の中でサーブ&ボレーを入れていきたい、と考えているみなさんへ。…

特集記事

  1. テニス スライス

    ロブ

    なぜ、アナタのロブは試合で安定しないのか、を解説します
  2. テニス メンタル

    戦術

    前衛嫌いな相手は、どんどんボレーを触らせて試合に参加させよう
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう
  4. テニス ハードコート

    戦術

    「正直、団体戦が苦手・・・」な人こそ、私はチャンスがあると思います
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで速いショットを極めたいなら、その対極の遅いショットも
PAGE TOP