テニス メンタル

サーブ

自分のサーブのトスのやり直しは、1ゲームに1回までが目安でしょう

サーブのトスアップ、みなさんはどの程度「やり直す」ことがありますか?

私は、自慢じゃないですがすごく少ないと思います。

風が強い日でも、一試合に一回、あるかないか。

だって、やり直して損して、リズムを悪くするのは自分ですから。

ダブルスなら、パートナーである前衛。

トスのやり直しは、自分の中でルールを作って少なくしてくしか無いんです。

 

自分のサーブのトスのやり直しは、1ゲームに1回までが目安でしょう

 

1.サービスゲームはリズム、が一番大事

私は、技術よりもむしろこっち、だと思うんですよね。

テンポ良くファーストサーブを入れて、どんどん進めていく。

一定のリズム、パターンで、しっかりサービスゲームをキープしていく。

これが出来れば、サービスキープ率は必ず上がります。

その為に、トスをやり直すのって、私は百害あって、一利無しだと思います。

自分で自ら、崩れていくようなもの。

「だって、悪いトスを打って、フォルトしたらどうすんの?」という声も、ありそうですね。

そこは、しっかりトスアップの練習をしましょう、ということ。

そして、やり直しても1ゲームで1回まで。

これくらいのルールを、自分で設定しておかないと成長しないですよ。

 

2.何回でもやって良い、と思っていない?

正式に、何回までというルールはありません、テニスには。

それこそ、何回やり直しても良いんですが・・・マナー違反でもあるし、セルフジャッジの試合でもロービングアンパイアやレフェリーから注意されるでしょう。

私の感覚では、1ゲームで4回以上、3回連続で続いたらもうアウト。

そのサーブは、きっと打っても良いサーブにはならないでしょう。

何回でもやって良い、とどこかに思っていると、ずっと成長しないままですよ。

それはダブルスの試合なら、前衛のパートナーに迷惑をかけるということなんです。

 

3.前衛のリズムが悪いと、ポーチに出れなくなる

ダブルスの試合、前衛は毎回前にプレッシャーをかけますからね。

トスアップのやり直しって、結構疲れるんですよ。

足腰にもそうですが、精神的にも。

自分がサーブのトスアップ一つ、やり直すだけで、迷惑を被るのはパートナーであり、自分自身。

リズムを悪くするのは、トスアップの技術の無さ。

そして、意志の弱さだと私は思います。

 

4.絶対に良いトスを上げて、良いサーブを打つんだ!という意志を

気持ち、という言葉はあまり好きでは無いんですが。

でもやっぱり、自分で良いトスを上げる、良いサーブを打つんだと。

こういう意志を持つのは、サーブを打つ前段階として大事です。

やり直しが効く、とか考えない方が良いですよ。

絶対に良いサーブを、自分は打つ。

指先にまで神経を通わせて、しっかり良いトス、良いサーブ、を繰り出していく。

この気持ち、を持って日々練習していきましょう。

 

トスアップが苦手な人は、きっと意識が甘い。

苦手だから、そもそも自分が「良いトスを上げられない」と思い込んでいるから、打つのを止める。

そして結果的に・・・そのゲーム、キープ出来ますか?

きっと難しいはずです。

トスアップは、アナタのテニスの根幹、ですよ。

試合を動かす、最初にボールを動かし始める部分、ですから。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが、どうにも安定しない・・・」大事な試合で入らなくなったときの緊急対応策5つ

    大事な試合こそ、セカンドサーブの精度が試合を分ける。学生や一般…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「トスアップのコツ」をつかめばサーブはもっと良くなる!テニスの試合で使えるサーブを磨きましょう

    サーブがどうしても苦手・・・という方は、まずトスアップから苦手意識があ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブは高い軌道じゃないと、高く弾まないのは当たり前

    スピンサーブをしっかり高く、弾ませて相手を追い込みたい。そう考…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブは安全に、が通用するのは3回戦まで

    セカンドサーブは確率重視。実際に、コースを狙ったりするのは難し…

  5. テニス 攻撃
  6. テニス サーブ

    サーブ

    あるレベルを超えると、「試合の流れを断ち切るサービスエース」が打てる選手が増える

    テニスの試合、しっかり勝てる人は、こういう雰囲気を持っている。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    あっという間に、人は老いる
  2. ストローク

    打ちたい方向へ振る、のはちょっと違う
  3. テニス 打点

    ストローク

    「手より、まずは足」テニスの技術は下半身の動きがベースに、技術が威力を発揮する
  4. テニス 上達

    戦術

    テニスのラリーでは、追い付いてから考えるんじゃなくて、「走りながら考えて結論を出…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「バックボレーが決まらない」なら、改革が必要
PAGE TOP