その他

T-PRESS CUP 開催レポート 2022.6.12

2週連続の開催となりました、T-PRESS CUP 男子シングルス大会。

今回は初めて、東京都福生南公園で開催させて頂きました。

遠く足立区から来て頂いた高校生から、地元の大学生の方まで全8名での開催。

8名でトーナメント形式、全順位を決める形式で1人必ず3試合は実施、その後はコート開放で自由に練習してもらう感じに。

まずは朝の集合の場面から😀

ほぼ全員初めまして、という感じですがT-PRESS CUPの参加者のみなさんは何となく集まり、お互いに挨拶が始まります。

これって、すごいことだと思うんですよね。

大会趣旨が「試合経験を積む」ことに重きを置いているので、もちろん勝敗を競いますが、それ以上に選手同士が仲間であり一体感がある。

朝のこの光景が、私は大好きなんですよね✨

そして試合前のウォーミングアップ開始!

運営時間に余裕があるときは、必ず試合前にアップしてもらいます。

ここでの緊張感、すごい伝わってきます…でも、これが良いんです。

試合慣れしていないなら、それを隠す必要がないのがこの大会。

お互いに助け合いながら練習、試合を進めていく形で良いんです。

試合が開始した後、急な雷雨も…😂

みんなで必死に水かきをして、1時間もかからないうちに使えるようになりました!

これはもう、感動です。

試合がしたい、この仲間と経験を積みたいという想いの強さを感じました。

この水かきだって、試合での大事な経験じゃないですか。

ちょっとしたことでも、こういう大会で経験していくことが大切。

だから雨のようなトラブルも、良い経験の種になります。

試合を観ながら振り返り、こういうコミュニケーションが積極的なのもT-PRESS CUPの魅力です。

ルールを覚えたての方がいれば、試合を観ながら教えてあげる。

特にこの大会は、優しい大学生のお兄さんが高校生にアドバイスしてあげている姿が印象的でした。

まだまだ小さな大会ですが、確実に芽が育ってきているように感じます!

エントリー費が安ければ、その分他のことに投資出来るし遠くまで遠征も出来る。

お金というものがテニスの障害になる、学生時代にそれはもったいないこと。

まぁ、運営はまだまだ大赤字なんですが(笑)

それでもこの活動は続けていきます、この夏も。

ぜひ読者のみなさんも、色々なところで広めて頂けると嬉しいです。

今後とも、よろしくお願いします!

ピックアップ記事

  1. ※撮影終了しました!【YouTubeコラボ企画✨】元埼玉県代表ペア…
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス 客観視

    その他

    30歳からのテニスは、「衰えを受け入れてこそ」試合に勝てる技術が身に付いていく

    私自身、最近感じることがあります。テニスを始めた頃は、速いボー…

  2. テニス メンタル

    その他

    自分よりテニスが上手い人の中に入れば、「その場の空気と緊張感」だけで上手くなる可能性が高いです

    普段の練習、皆さんは本当に「試合に近い緊張感」で実践出来ているでしょう…

  3. その他

    〇〇しないといけない、という考え方

    セカンドサーブは、入れないといけない。リターンはクロスに打た…

  4. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合では、「体力が低下すると思考能力も著しく低下する」ことを覚えておこう

    試合で激しく体力を消耗したときのこと、アナタは覚えていますか?…

  5. テニス テニスボール

    その他

    「君は大学王座の試合を、観たことがあるか?」今年も早稲田が強かった

    先週末にて、大学テニス界の頂点を決める戦い、「全日本大学対抗テニス王座…

  6. その他

    【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。この度、表題の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. サーブ

    相手がリターンで何を待っているのか、をサーブ側で感じ取ろう
  2. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う
  3. テニス ボレー

    メンタル

    緊迫した試合終盤に、参加できるかどうか?が肝になる
  4. その他

    「男は分析して満足」な生き物だから、テニスで落とし穴にはまりやすい
  5. 練習メニュー

    練習メニュー

    前衛のプレッシャーに耐える、実戦的な並行陣のボレーを磨く練習メニュー
PAGE TOP