その他

T-PRESS CUP 開催レポート 2022.6.12

2週連続の開催となりました、T-PRESS CUP 男子シングルス大会。

今回は初めて、東京都福生南公園で開催させて頂きました。

遠く足立区から来て頂いた高校生から、地元の大学生の方まで全8名での開催。

8名でトーナメント形式、全順位を決める形式で1人必ず3試合は実施、その後はコート開放で自由に練習してもらう感じに。

まずは朝の集合の場面から😀

ほぼ全員初めまして、という感じですがT-PRESS CUPの参加者のみなさんは何となく集まり、お互いに挨拶が始まります。

これって、すごいことだと思うんですよね。

大会趣旨が「試合経験を積む」ことに重きを置いているので、もちろん勝敗を競いますが、それ以上に選手同士が仲間であり一体感がある。

朝のこの光景が、私は大好きなんですよね✨

そして試合前のウォーミングアップ開始!

運営時間に余裕があるときは、必ず試合前にアップしてもらいます。

ここでの緊張感、すごい伝わってきます…でも、これが良いんです。

試合慣れしていないなら、それを隠す必要がないのがこの大会。

お互いに助け合いながら練習、試合を進めていく形で良いんです。

試合が開始した後、急な雷雨も…😂

みんなで必死に水かきをして、1時間もかからないうちに使えるようになりました!

これはもう、感動です。

試合がしたい、この仲間と経験を積みたいという想いの強さを感じました。

この水かきだって、試合での大事な経験じゃないですか。

ちょっとしたことでも、こういう大会で経験していくことが大切。

だから雨のようなトラブルも、良い経験の種になります。

試合を観ながら振り返り、こういうコミュニケーションが積極的なのもT-PRESS CUPの魅力です。

ルールを覚えたての方がいれば、試合を観ながら教えてあげる。

特にこの大会は、優しい大学生のお兄さんが高校生にアドバイスしてあげている姿が印象的でした。

まだまだ小さな大会ですが、確実に芽が育ってきているように感じます!

エントリー費が安ければ、その分他のことに投資出来るし遠くまで遠征も出来る。

お金というものがテニスの障害になる、学生時代にそれはもったいないこと。

まぁ、運営はまだまだ大赤字なんですが(笑)

それでもこの活動は続けていきます、この夏も。

ぜひ読者のみなさんも、色々なところで広めて頂けると嬉しいです。

今後とも、よろしくお願いします!

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「何が何でも、この試合に勝ちたい」と口にして、実践出来ている人は少ない

    大事な試合、年に何回かはありますよね。学生の皆さんなら、負けれ…

  2. テニス 準備

    その他

    部活や限られた環境でテニスが強くなる人は、「仲間に頼ることが出来る」人です

    私も少なからず、限られた環境の中で成長出来る人、をたくさん観て来ました…

  3. テニス 主将

    その他

    「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと

    私自身、中学と高校時代に、テニス部の主将を務めさせてもらいました。…

  4. その他

    「呼吸法で勝率アップ」テニスの試合や練習で意識したい呼吸のリズムとは

    もともと小児ぜんそく患者だった俺は、虚弱体質だった。走り回るこ…

  5. テニス ダブルス

    その他

    「また次も試合がある」と考えるか、「目の前の試合は、二度と無い」と考えるかで成長の度合いは段違いにな…

    テニスの試合は、草トー大会から市民大会、腕に覚えがある人は国体予選や全…

  6. テニス ボレー

    その他

    試合でよく見る、「相手前衛がサーバーを妨害する行為」はどこまで許される?の問題について

    ダブルスの試合で「この相手マナーが悪いな・・・」と感じるときは、どんな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. シングルス

    テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう
  2. メンタル

    テニスの中に、好き嫌いを作ろう
  3. メンタル

    「無意識のうちにテニスをやらされている」人は、いつまでたっても強くはなれません
  4. その他

    何の代償も無く、強くはなれない
  5. テニス メンタル

    ストローク

    将来テニスコーチを目指す人は、片手バックハンドをしっかり使えるようになろう!
PAGE TOP