テニス 主将

その他

「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと

私自身、中学と高校時代に、テニス部の主将を務めさせてもらいました。

良い仲間に支えられたと思うのと同時に、たくさん衝突したのも昨日のことのように覚えています。

今、テニス部の主将や部長として頑張っている皆さんがいれば、何かを伝えたい。

そう考えて、書いてみました。

「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと

 


 

■アナタが苦しんだ時間は、そのままテニス部の成長につながる

「どうやったら、みんなが強くなるだろう、試合に勝てるだろうか・・・」

こう悩むテニス部主将の方、たくさん全国にいると思います。

ただ楽しくテニスをやりたい人、試合で勝ちたい人、部活が嫌だからスクールに通いだす人・・・。

日本で高校生がスポーツをやるには、基本的には部活動に入るしかなく、あまりに色々な人が集まり過ぎてしまう。

ですがそうやって悩んだ時間こそ、テニス部の成長に必ず繋がります。

本気で悩めば、必ず活路は見えてそれを支えてくれる仲間ができてきます。

 

■言いにくいことは、誰かが言って欲しいこと

普段の練習の中で、また試合に出るメンバーを決める中で、色々な意見がぶつかります。

ましてや主将であるアナタは、チームを一つの方向に導いていかなければなりません。

孤独で、辛い立場です。

厳しいことを言わなければならない、そんな場面も多いでしょう。

ただ、誰かに「言い辛いこと」は、誰かが「言って欲しい・・・」と願っていることでもあります。

大切なのは、感情的にならずに率直に、冷静に伝えること。

これはアナタ自身が社会人になっても、多く経験していくこと。

その経験が学生時代に出来る、というのがいかに素晴らしいことか・・・。

必ず、気付く日がくるはずです。

 

■アナタの成長こそ、テニス部全体の成長に

チーム全体を導くのが主将の仕事とはいえ、アナタ自身がテニスに対して真摯な姿勢を失ってはいけません。

トップを走り、全体の実力の底上げを図る。

強いテニス部では、その先頭にいつもリーダーである主将の姿があります。

テニスの実力は、必ずしもナンバー1でなくても良い。

ですがテニスに対する姿勢や意欲、勝ちたいという意志の強さは、必ず抜け出て1番でないといけません。

それだけは、覚えておいてください。

 

■孤独を感じ、辛さに負けてしまいそうなときは・・・

理想論ばかり書いてきましたが、私自身、全然出来ていませんでした。

一人で抱え込んでは、誰にも相談できず、モヤモヤする毎日。

皆さんは、どうですか?

どうしても辛くしんどいとき、思い出して欲しいのはアナタの近くには必ず「良き仲間」がいるということ。

本音で離せば、きっと理解して支えてくれる、そんな仲間を信じましょう。

 

微力ながら、T-PRESSはいつでも、アナタの味方でいたいと考えています。

悩んだとき、苦しいときは、そっとサイトを開いてみて下さい。

Twitterのメッセージでも、何かあれば送ってみて下さい。

日本の学生テニス界を支えているのは、テニス部を誰よりも愛して支える、アナタ方自身です。

自信を持って、明日からも勉強の部活に、遊びに、テニスに、悔いの無いよう取り組んで下さいね。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. その他

    「テニスを楽しみたい!」だったら、技術を身に付けないと

    「試合に勝つとかじゃなくて、テニスを楽しみたいんです」というご…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニスコーチからよりも、本気の試合相手から受けるレッスンが一番

    優れたコーチから、指導してもらいたい。社会人になっても、自分に…

  3. テニス メンタル
  4. テニス メンタル

    その他

    「センス」という言葉に逃げる人が、私は大嫌いです

    テニスを長く続けていると、何度も聞くことになる言葉。「センス」…

  5. その他

    後輩が可愛いからと言って、「何でもかんでも教えてあげる」感じだとかわいそうなことに

    皆さんの中には、上級生としてチームをまとめる立場の方も多いでしょう。…

  6. その他

    + POWER CUP について

    本日、公示させて頂きました大会、「+ POWER CUP」。…

特集記事

  1. ストローク

    回転をかけて、ココを通過させるという感覚で
  2. リターン

    ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です
  3. ダブルス

    「この前衛、出て来ないな」と思わせるマル秘テク4つ
  4. シングルス

    シングルスでのリターンで、確実に優位に立つには?
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ
PAGE TOP