テニス 環境

その他

「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化されていった

学生の皆さんのテニスを見ていると、僕らの時代と違う印象を持つことが多い。

一言で言えば、ストローク力は上がっているけどそれ以外の技術で幅が狭い。

もっと主張する、個性のある選手がいて欲しいと思うけど、どこか周囲を気にしてテニスをしているような気がしてならない。

画一化されていっている日本の若いテニス選手を観て、どうしても「もったいない」と感じてしまう。

のは私だけでしょうか・・・?

 

「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化されていった

 


 

■ドロップショットを失敗して、すぐに辞めてしまう選手たち

インターハイや全日本ジュニアのような大会でも、試合後に怒られている選手をよく見る。

周囲の大人が求めるテニス、にばかり気を取られて試合をしているような学生選手が多くなってしまったのには、絶対に理由がある。

例えばドロップショット。

せっかく良い場面で使っても、当然難しい技術なのでリスクはある。

失敗してしまったら、「もう同じミスは出来ない・・・2回失敗したら、絶対怒られる・・・」ように感じているのでしょうか。

あからさまに「チャレンジすることを辞める」選手が多いように、私には感じてしまいます。

 

■結果的に、前後にテニスコートを使える選手がいなくなった

結果的に、ストローク力勝負になってしまうのが学生テニス。

シングルスでもダブルスの雁行陣でも、誰しもが同じようなテニスに画一化されていっているように思える。

それがもしかしたら、みんなにとって「居心地が良い」と感じるような世界になっているのかも知れません。

今はSNSで選手同士もつながり、仲良くなり、皆が見られることに慣れている時代。

もちろん、それで良い要素もたくさんあるでしょうが、どこか「みんなと一緒が価値が高い」というような雰囲気になってはいないでしょうか。

コートを前後に使える選手、自分からネットに出て相手から時間を奪う、駆け引きをしっかり出来る選手がいない。

この問題は非常に深刻だと、私は思っています。

 

■テニスの試合が毎回、同じようなスタイルの対戦相手になると?

画一化は、とめどなく進む。

なぜなら、対戦相手も同じような相手ばかりになるので、よりその傾向が強くなるのです。

ストロークの打ち合い、スタミナ勝負で学生テニスの試合は結局のところ決してしまう。

違う道もある、と示せる指導者がいれば良いのですが、それも現実には難しい。

なぜならすぐに結果が出ないので、選手の親や周囲からの声に潰されてしまうから。

本当の意味で必要なのは、きっと「自分とは違う、周りにいないような選手と試合や練習をする」ということ。

この試合経験は、なるべく小さい頃から継続出来ると良い。

環境が変われば、特に若い学生選手は変わるでしょう。

 

粘りのテニスは大事、ということは何度も書いてきました。

ですが、本当に上のレベルを目指す選手の皆さんは、ぜひそれにプラスして「個性」を大事にして欲しい。

個性とは、技術であり戦術であり、何よりアナタが「これをやるのが楽しい」と思えるテニス。

コートを前後に使うのもそうですが、どんどん外の世界に出て、自分と違うテニスに触れていきましょう。

それがきっと、若いアナタの財産になる。

そしてコーチや先生にも、しっかりチャレンジしたいことは主張しましょう。

きっとまだまだ、アナタのテニスはチャレンジが足りない。

変化を恐れず、この夏は自分をチェンジ、していきませんか?

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス シューズ

    その他

    「呼吸法からテニスのショットを考える」と、試合の中でもリラックスして良いリズムで打てる!

    テニスやスポーツにおいて、「呼吸のリズム」を考えてみたことはありますか…

  2. テニス メンタル

    その他

    「勝った方が強い。負けた方は弱い。でも次は負けるな!」テニスの試合は続いていく

    俺がコーチしていた東京の大成高校男子テニス部がインターハイ東京都予選で…

  3. テニス ガット

    その他

    テニスの試合、一番大事な「ラケットの準備」はみんなどうしてる?

    試合前に色々作戦を考えたり、ウォーミングアップしたりするけど、意外と基…

  4. テニス 準備

    その他

    「中学の頃から硬式経験者=強い」とは限らないのが、テニスです

    硬式テニスって、なかなか中学の部活としては少ない。増やしていこ…

  5. その他

    いつでも試合の当事者は「自分」、が基本

    当たり前といえば、当たり前の話。でも、テニスではこれをしっか…

  6. その他

    ミスが多いときは、何も考えていないときがほとんど

    試合でミスが多い時。こんなはずじゃ・・・と思っていても、どんど…

特集記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲…
  2. ボレー

    クロスでのボレー対ストローク、のボレーヤー側の基本スタンスについて
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルス中級者から身につけたい、「前衛がサーバーに出すサイン」の基本を覚…
  4. 日々の雑記

    「昔は良かった、今は・・・」って、そんなことない
  5. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合で超絶使える、バックハンドのスライスストロークのコツ5つ
PAGE TOP