テニス 練習

スマッシュ

「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います

スマッシュはテニスの攻撃の花形ショット。

当然決めればかっこいいし、盛り上がる!

ですが失敗してしまうと・・・その失った1ポイントは、それ以上の損失がある。

試合の流れを大きく左右するスマッシュですが、まずは自分とネットの距離感をつかんでおくことが大事。

その距離感によって、スマッシュも求められる要素が異なることをしっかり理解しておきましょう。

 

「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います

 


 

■サービスラインが攻守において一つの目安に

私はいつも、サービスラインを一つの目安にしています。

サービスラインより自分がネットに近いときには、攻撃的なスマッシュを打つ。

サービスラインより後ろからなら、しっかり返球すること、まずはミスしないことを意識する。

自分がいる場所、から下がってどこでスマッシュを打つのかを、相手のロブを見て瞬時に判断できるようになりましょう。

スマッシュはラケットワークよりも、判断力が問われる技術なのです。

 

■守備的なスマッシュは回転量が多く山なり、で全然OK!

守備的なスマッシュ、少しネットから離れた距離からのスマッシュはまず回転量。

フラットに当たってしまうと直線的な軌道になるので、ネットやアウトのリスクだけ高くなってしまいます。

回転をかければ急速も遅くなるので、打った後に自分たちも態勢を立て直しやすい。

深いロブで攻撃されていることも、頭に入れておくこと。

しかもバウンド後にはしっかり伸びていくので、相手もそこまで強い攻撃が出来ないのです。

 

■しっかり上方向にラケットを振って、スマッシュにも深さを出そう!

スマッシュはコートに叩きつける、というイメージですよね。

でもそれは攻撃的なスマッシュが可能なとき。

守備的なネットから遠い位置では、しっかり深さを出すことが良いスマッシュの大事な要素です。

振り出して最初のボールの軌道は、少し上方向で山なりになる。

ですがそもそも距離がある、深さを出したいのでそれで良いんです。

球足の長い、少し遅めのスマッシュ、この機会に練習してみませんか?

得意になるとネットプレーでの守備力が、グッと広がるはずです。

 

渋いスマッシュ、の方が実は試合で重宝される。

ダブルスでもシングルスでも、後ろに下げられてどういうスマッシュが打てるのか・・・。

相手に攻撃の主導権は渡さない、回転系のスマッシュは絶対に試合で必要です。

自分の中で、ぜひスマッシュのバリエーションを増やしていきましょう。

きっとコートでの位置関係を把握して、良い選択が出来れば負けない選手になる。

テニス選手として、一皮むけていくはずです!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする為には?

    試合でよく見る、スマッシュミス。初中級者のほとんどは、その振り…

  2. スマッシュ

    スマッシュの基本、「ラケットを持つ腕の肘を高く」保てば、ネットミスは激減します!

    ラケットスポーツにおいて、スマッシュの技術は重要。卓球でもバド…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、試合では決まりやすい

    スマッシュをしっかり、試合で打っていくのって・・・難しいですよね。…

  4. テニス 上達

    スマッシュ

    スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから

    練習で打つスマッシュ、試合で使うスマッシュ。この決定的な違いを…

  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

    頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。アナタ自…

  6. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう

    守備が上手い選手は、試合で変な負け方はしない。スマッシュを打ち…

特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    最近のスポーツニュースを観て思うこと
  2. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4…
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    「ハイボレー、からのドロップボレー」は試合で効果大
  4. テニス ストローク

    リターン

    「ショートアングルへのリターン」がしっかり打てると、ダブルスの試合では大活躍です…
  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの団体戦って、「結局個人戦を複数回、やるだけでしょ?」という人に、物申す!…
PAGE TOP