テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手・・・」な人は、シンプルにクロスラリー勝負を徹底しよう!

シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手で・・・」という方の声を聞く機会も多くなりました。

もちろん、私も昔はあまり何も考えず試合に入り、いつの間にか勝っている・・・こともあり、「戦術って何だろう・・・」と悩んだもの。

今回、とにかくシンプルに戦いたい!という方には、まずこの意識でどうでしょう?

基本に忠実に、ミスを減らして勝つためには、やることをハッキリさせておくことも、戦い方の一つです。

 

シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手・・・」な人は、シンプルにクロスラリー勝負を徹底しよう!

 


 

■徹底して「来たボールをクロス方向へ」返球していく

テニスコートの特性を活かして、安全にミスを減らす。

ネットの高さが低い真ん中を通し、距離が長いクロスコートへ返球していく。

フォアでもバックでも、しっかりクロスに打っていくことで、相手は苦しんでくれるかも知れません。

徹底して何かをやってくる相手って、結構嫌ですよね。

何よりミスが少ない、というのがアナタの大きな武器になるはずです。

 

■サービスラインより浅い、前に入れるときにだけストレート方向へ

浅いボールを引き出したら、このセオリーを捨てましょう。

ストレートへ打ってエースを狙う、ことも大事です。

相手はクロス方向への意識が強くなっているので、ダウンザライン、ストレートのショットが新鮮に映るはず。

そうなれば、きっと平凡なショットでも相手は逆を突かれたような感じで動けないはずです。

それくらい、徹底してクロスショットを見せておくことが大事です。

 

■クロス方向へ深いショットは、テニス選手の力が一番現れるショット

クロス方向へのストロークに自信ができると、ダブルスでも強くなる。

シングルスでは相手を大きく後ろに下げることが出来るので、ドロップショットとの相性が良い。

一番テニスの実力が現れるショットだと思って、日々練習して欲しいのです。

格下相手なら、今回のようなシンプルな作戦で十分、体力を温存して勝てるはずです。

 

徹底して、クロス方向にストロークを打つ。

この作戦、プロ選手でも実践している選手多いのです。

シンプルにしておくと、頭を使わない。

頭から疲れていく・・・みたいなことが無くなるだけでも、疲労度を軽減できますよね。

ですがもちろん、格上選手相手であれば、この作戦だけでは厳しい。

ことも理解して、頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    強いシングルプレイヤーは、ポジショニングがすごく細かい

    シングルスの試合で、結果を出したい。と思って強い選手を色々観察…

  2. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くない作戦です

    アナタ自身、どんなプレーでシングルスの試合に入っているのか。意…

  3. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?

    ネットに出て行ってドロップボレーをよく使う。どういう時にドロッ…

  4. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で最初に実践したい「バックハンドを攻める」基本戦術を確認!

    シングルスの試合は、どうプレーして良いのか分からない・・・という初中級…

  5. テニス 部活

    シングルス

    個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと

    今年こそ、結果を出したい・・・。そう、個人戦で!と考えている人…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    3セットマッチで格上相手と勝負するなら、死に物狂いで第1セットを獲りにいこう

    アナタも試合で勝ち進んでいけば、3セットマッチの試合を経験することにな…

特集記事

  1. テニス ハードコート

    戦術

    テニスの試合では、「強い相手にこそ、先に仕掛ける」意識が絶対必要です
  2. テニス 打点

    ストローク

    「手より、まずは足」テニスの技術は下半身の動きがベースに、技術が威力を発揮する
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンド」と「両手バックハンド」のそれぞれの弱点は・・・?
  4. 練習メニュー

    サーブ側の前衛、の予測力を高める簡単な練習法
  5. テニス メンタル

    メンタル

    やたらと「自分のテニスの理想を語りたがる人」は、きっと試合に出ていない人
PAGE TOP