テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合、「長いラリーのポイントの後に、簡単なミス」をしてしまう人はココを変えていこう!

シングルスの戦いは、長く険しい、孤独な戦いです。

中でも1ポイントのラリーは10往復、20往復、という感じで長くなっていくことも多いでしょう。

そのポイント、同じ1ポイントでも落とすとすごく気持ちが凹んでしまう。

その次のポイント、あっさり自分のミスで相手に与えてしまう・・・。

試合の流れが大きく動いて離されていくのは、こんなパターンが多いと思います。

 

シングルスの試合、「長いラリーのポイントの後に、簡単なミス」をしてしまう人はココを変えていこう!

 


 

■長かったポイントは、獲れるに越したことはないけど・・・

ラリーが長く続いてくると、「絶対にこのポイント、獲りたい!」と思いますよね。

感情もこもってきて、相手も同じだから「つなぎ合い」のようなラリーになる。

そうなると・・・そのポイントを落としたときのショックも大きい。

ですがここは切り替えて、「長いラリーが出来て、情報が集まった、相手に意識付けが出来た」という考えを持ちましょう。

さっきのラリーで、相手は自分にどういう印象を持っただろう?

それを活かして、次のポイントにつなげることが大事なのです。

 

■長いラリーになっても、感情的にならない

シングルスの試合で、長いラリーになると感情的に不安定になる人がいます。

どんどん守備的になったり、逆にどこかで「バーン!」と無理なショットで自滅したり。

普段の練習から、長いラリーが自然に出来ていないと、試合で実践できる訳がありません。

強い選手ほど、長いラリーを平常心で行っている。

この強さこそ、自信になる。

試合で勝つには、必ず長いラリーでのポイントを獲ったり獲られたり、というのが多く発生するのです。

 

■練習の延長線上に試合がありますか?

さて、普段の練習でアナタはどうでしょうか?

しっかりラリー練習、ラリー回数を重ねられていますか?

もちろんチャンスをつないでばかりいる必要はありませんが、学生の皆さんの練習を見ていると、まずラリー自体が続いていない。

ボールがたくさんコート上に落ちていて、「続かない、ミスが多い」ことに対して全く危機感が無い。

これで試合に通用するような練習、出来る訳が有りません。

まずは普段の練習から、しっかり見直してみる必要があると思います。

 

長いラリーに慣れている人は、失ってもまた次、長いラリーに持ち込む覚悟が出来ている。

覚悟が無い、自信が無い選手は、「もう長いポイントは嫌だ・・・」と考えて、逃げて自滅する。

シングルスの試合では、これがより顕著にテニスに現れます。

苦しいですが長いラリー、ポイントに強くなりましょう。

それがテニスの試合で勝つ上で、必要なのですから。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. + POWER CUP について
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス 調子

    シングルス

    全仏オープン男子決勝で改めて感じた、「ムーンボールの活用」はシングルスの試合で絶対必要!

    全仏オープン男子決勝はジョコビッチ選手が制して、生涯グランドスラムを達…

  2. シングルス

    シングルスの試合で、3回左右に振られたら厳しくなる方へ

    シングルスの試合で強い人って、左右の揺さぶりに強い。何度も走っ…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「クロスロブ」の精度を上げていこう

    シングルスの試合で、相手がガンガン前に出て来るタイプだったら・・・どう…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    なぜテニスのシングルスの試合は「序盤が全て」なのか、そしてその対策を考えてみる

    テニスにおけるシングルスの試合では、あるデータの傾向があります。…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合を「1日3試合勝ち抜く」為に必要な考え方5つ

    テニスの大会、トーナメントは過酷です。1日に何試合もこなさなけ…

特集記事

  1. メンタル

    「いつも、何と無く」で、テニスの試合に入るのを止めてみよう
  2. テニス 練習

    戦術

    どこかでスタイルを突き詰めないと、今年も中途半端なテニスに
  3. テニス 主将

    その他

    「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと…
  4. テニス ボレー

    ストローク

    いつもストロークで「何となくスライス回転になっているショット」を、今年は卒業した…
  5. テニス リーダー

    メンタル

    闘志や意地を感じられない選手のテニスは、大事な試合で応援してもらえない
PAGE TOP