テニス リターン

シングルス

シングルスには、自分というパートナーがいる

最近のテニスの試合では、コーチングをベンチで受けることが出来る試合があります。

大坂選手のシーンは、よくテレビでも見ますよね。

「あんなコーチが、自分にもいれば・・・」と思ったみなさん、安心して下さい。

アナタ自身にも、大事な味方がついているじゃないですか。

 

シングルスには、自分というパートナーがいる

 


 

1.自分は監督、選手は別

難しい表現かもしれませんが、私はこの感覚で試合をしています。

自分の身体を動かしているのは、もう一人の自分。

それはコートの上の方から、それこそコントローラーを使って動かしている、ような感じ。

試合は選手がやるけど、実際にはシングルスの試合を2人で戦っているような感じ、ですね。

自分は監督として、選手に指示を出す。

選手と会話もするし、意見も聞く、そして最後に決断する。

シングルスの試合ですけど、戦っているのは1人じゃない。

この感覚、みなさんはどうでしょうか?

 

2.対戦相手について、「論じる」ことが大事

シングルスの試合ですから、対戦相手は1人。

この相手に対して、監督と選手で話し合う。

監督は準備してきた作戦や、練習してきたことを求めるけど、現場の選手はどうでしょう。

「いや、これは厳しいですよ監督」と、思っているかもしれない。

だから率直な意見を聞いて、作戦を方向転換していく。

こうやって「対話」していると、気持ちも楽になっていくんですよ。

論じること、をやってみる。

コートには2人の選手がいる、と思えるとすごく楽ですよ。

 

3.まやかしでも、2対1にしてしまう

もちろん実際には1人ですが、何だか頼もしくなってくる。

2人で試合をしているような感じになって、相手に向かっていけるはずです。

昔女子選手でラケットバッグに小さなぬいぐるみを入れている選手がいましたが、これも一つのアイデア。

ベンチに座らせておいても、良いんじゃないですか?

まやかしでも、2対1、3対1くらいにして、シングルスの試合を戦ってみる。

仲間の応援も当然力になりますが、やはり自分を分かってくれている監督、自分自身を味方につけないと。

シングルスの試合は、孤独との戦いですからね。

 

4.自分と向き合えた人から、自分を受け入れることが出来る

テニスがなかなか上手くならない、上達しない方。

それはどこかで、「自分と向き合うこと」を避けている人でしょう。

何となく本気になれない、余力を残しておきたいから、自分とあえて向き合わない。

そうなると、試合では勝てません。

脆いし、すぐに逃げてしまう。

自分と向き合うことが出来るかどうか、自信が無い人ほどシングルスを2人で戦って欲しいんです。

最初は、監督と選手が喧嘩してばかりだと思いますが、必ずその距離は縮まっていきます。

自分と向き合えた人から、本物のテニス選手になれる。

T-PRESSは、記事を通じて自分と向き合う場、でもあると思って下さい。

 

苦しいとき、しんどいとき。

試合でどう踏ん張るのか、だと思います。

1人では、なかなか厳しい。

2人いる、自分というパートナーがいるという発想一つで、救われる試合がある。

ぜひ、試合で意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

    シングルスの試合、絶対に取りたいブレイクポイント。私なら迷わず、こ…

  2. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「相手は簡単にミスしない」の精神で試合に入ること

    私は何度も、「相手からミスをもらうこと」の重要性を書いて来ました。…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    「体力に自信が無い・・・人が身に付けたい」テニスのシングルスの戦い方4つ

    シングルスの試合は、実力が拮抗すると体力勝負。特にテニスでは持…

  4. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーは、〇〇だけでシンプルに完成する

    サーブ&ボレー。って、上手い人、ボレーが得意な人だけが出来る事…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意識しよう

    シコラー相手に自分からミスしてしまう人。その心理を考えてみれば…

  6. テニス 準備

    シングルス

    シングルスでのパッシングショット、クロスが基本

    シングルスの試合、私たちの試合ではネットに出る機会・・・どの程度あるで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「ロブじゃない!って思ったら・・・」ネットへのダッシュが求められるスポーツ
  2. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう
  3. サーブ

    安定感のあるスピンサーブを身に付けたいなら、「ボールを捉えてから手のひらを外側に…
  4. テニス サイト

    日々の雑記

    自分が読んで、「あ、あのとき読んだアレが役に立ったな・・・」と思ってもらえるよう…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない
PAGE TOP