テニス ガスケ

シングルス

シングルスの試合でやたらとパッシングで抜かれるのは、前に引っ張り出されているから

シングルスの試合で、前に出ては抜かれる。

これを繰り返しているとき、少なくとも1ゲームに2回あったときには、立ち止まることが必要。

相手は、パッシングショットが大好きな、典型的なカウンターパンチャーかもしれない。

気付くか気付かないのか、って結構大事ですよ。

自分で前に出ているつもりが、いつの間にか引っ張り出されている。

これは、シングルスの試合であるある、なケースなんです。

 

シングルスの試合でやたらとパッシングで抜かれるのは、前に引っ張り出されているから

 

1.浅いボールをアプローチショット・・・それだけで良いの?

実際に、これが基本。

でも、それだけで勝てるほど試合は甘くない。

シングルスの試合の中で、ベースライン同士のラリーから浅くなって前に出て・・・って、いわゆる「ありきたり」な攻めになっている。

相手は、一気にフットワークの速度を速めてパッシングショット、を打って来ますよ。

パッシングショットが上手い選手って、テンポを一気に変えるんですよね。

ストロークラリーの延長、で前に出ると、あっという間に抜かれてしまうのがシングルスです。

 

2.急に足が速くなる人、は実際にいる

みなさんも、やられた経験あると思います。

シングルスの試合、カウンターが上手い選手は、本当に足が急に速くなる。

ベースライン同士の雰囲気、から一気に2速、3速、足の回転のギアを上げてボールに追い付いてパッシングショット。

これは、彼らの得意技です。

だからこそ、必要なことって何でしょう?

一つは相手を「走らせない」ということ。

意外と狙い目はセンター、なんです。

 

3.左右に走ってパッシングショット、を打たせない

センター深くにアプローチを打って前に出る。

こういう発想、はどうでしょう?

相手からすると、コートのセンター後方からだからパッシングショットを打とうにも角度が付かない、相手の近くを通さないとサイドアウトになる。

それに、得意の足、ギアチェンジが使えませんからね・・・センター深くの場所、からだと。

左右に走って、ダウンザラインとクロス、打つコースが広い方がやりやすい。

これをさせない、のはセンター深くのアプローチショット、ですね。

試合の中で、抜かれまくっているときにはこの発想も大事ですよ。

 

3.ドロップショットのアプローチ、だって有り!

私がよく使うのは、これです。

ドロップショットを打って、前に出る。

相手からすると、「横に走る準備、深いショットを待ち構える」という意識が強いですからね。

ここの意表を突く、のが大事。

そして、ベースラインからのパッシングショットが上手い選手は、ネットプレーが怪しいことが多い。

ボレー同士の打ち合い、突っつき合いに持ち込んでいけば、自分に勝機がある。

こういう考えだと、すごくアプローチショットも楽になる。

大事なのは、発想の転換です。

 

4.浅いボールが苦手なのは、「やられるイメージ」しかないから

実際、そうじゃないですか?

浅いボールが苦手な人は、どう処理して良いか分からない。

普通にアプローチショットからボレー、だと普通に抜かれる。

これだと、前に出る気なくなりますよ。

そして結果的に、浅いボールを打って下がってしまう。

これではいつまで経っても、攻撃出来ないですよね。

浅いボールを工夫する、深くサイドに打つだけがアプローチじゃない。

これに尽きますね。

 

5.前に自分から出ていくには、豊富な選択肢から

一つしか選択肢が無いと、それは前に引っ張り出されているだけ。

自分から前に出る、とは選択肢があるということ。

色々な選択肢から、相手を追い込む。

相手も、複数のアプローチショットがあると走れないじゃないですか、単純に。

走るのが大好き、抜くのが大好き、という選手が多い。

対策、必要じゃないですかね?

 

シングルスの試合、結構ここで試合の流れは変わる。

前に引っ張り出される、ことに気付いて変える。

自分のプレーに幅を持たせていきましょう。

女性の方でも、シングルスに出るならネットプレーは必須ですからね。

ぜひ、自分なりに工夫して前に出てポイント、取れるように意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. シングルス

    「シングルスの戦い方」はテニスの試合ではシンプルに考えて実践!

    シングルスの時、どういう作戦でプレーする?相手によって変わって…

  2. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、自分というパートナーがいる

    最近のテニスの試合では、コーチングをベンチで受けることが出来る試合があ…

  3. テニス スライス

    シングルス

    シングルスに強くなりたければ、まず〇〇から意識しよう!

    強い選手と、シングルスで戦う。怖いようで、でもテニスの一番の醍…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「長いラリーは自分のペース」と思えるように

    シングルスの試合に勝てない人には、ある共通の苦手意識がある。そ…

  5. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合で「スライスを使って粘る相手」には、ネットプレーは必ず必要です

    人それぞれ、試合ではプレースタイルがある。パッと見てまずはっき…

  6. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「ナイスサーブ!」こそ、浅いリターンをケアしておかないとダメ

    シングルスの試合、最高に良いサーブがコーナーを突いて入る。でも…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    サーブ

    「ダブルスでサービスキープ率を上げたい!」ために必要な4つの意識と準備を考えてみ…
  2. ダブルス

    相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス
  3. テニス コントロール

    戦術

    テニスのナイスショットは、全て組み合わせでしか完成しない
  4. テニス ボレー

    日々の雑記

    40-30は、アドバンテージサイド?バックサイド?
  5. テニス メンタル

    メンタル

    トーナメントで良い成績、すぐに0に戻してまた練習再開
PAGE TOP