テニス ボレー

シングルス

シングルスの試合では、「自分はネット、相手はバックハンドストローク」

とにかく今すぐ、シングルスの試合に勝ちたい!

と思っているみなさんは、まずこれを実践してみましょう。

何度もネットプレーの重要性を書いてきましたが、作戦はシンプルが一番。

自分と同等か、少し上くらいの相手であれば、きっとポイント獲得率が上がると思いますよ。

 

シングルスの試合では、「自分はネット、相手はバックハンドストローク」

 


 

1.「抜かれる」イメージは、プロ選手の試合の見過ぎ

どうしても、今のテニス界は「ストロークが強い」というイメージありますよね。

でも、それって私が思うに「上のレベルの試合を見過ぎ」ているように思います。

スパスパ抜かれるサーブ&ボレーヤー、アプローチからのネットプレー、ついネガティブな印象を持ってしまいますが・・・実際の試合はどうでしょう。

私たちのレベルであれば、バックハンドのパッシングショットは難易度が高い。

それに、ネットに出る相手に対しても、落ち着いて対応するのは難しい場面が多い。

そう、バックハンド側のパッシングショットは、どんどん打ってもらうべきなんです。

 

2.アプローチしたら、「ストレートを塞いでクロス待ち」を徹底しよう

まず大前提、相手の超ナイスパッシングショットは捨てる。

これを打たれたら、仕方ない。

意識としては、まずダウンザライン方向のストレート、に少し寄って絶対に抜かせない、次にクロス方向へのショットを塞ぐ。

クロス方向のパッシングショットは、自分の目の前を通過していくで何とかなるはず。

良いポジション、が取れればきっとそれだけで相手は焦ってミスが増える。

ただでさえ、バックハンドですからね。

積極的にこの差雨専、繰り出していきましょう!

 

3.何度か繰り返せば、相手の選択はきっと「ロブ」になってくる

2~3回、このアプローチショットの作戦を繰り返せば、相手は「ロブ」を選択してくるでしょう。

「もう、またかよ・・・とりあえず、こっちもミスを待とう」となる可能性が高い。

そのときに、相手の打ち方を素早くチェックして、ネットに出るポジションを少し下げる。

早く止まる、ようなイメージですね。

そうすると、スマッシュだって楽に打てるはずです。

決める必要は無いでしょう。

スマッシュをしっかりバックハンド側に打って、もう一回ロブを待つ、くらいの意識で良いと思います。

 

地味ですが、効果てきめん。

きっと、シングルスの試合の王道パターンになるはずですよ。

そしてネットに出てやられる機会が増えても、それはそれで良い経験。

アナタのネットプレー、そもそも試合で使っていかない限り絶対に成長しない。

さぁ、次のシングルスの試合から試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. シングルス

    ドロップショット、シングルスの試合ではこう使おう

    相手に触らせて、自分がポイントを取る。こういうイメージがあると…

  2. テニス 調子

    シングルス

    全仏オープン男子決勝で改めて感じた、「ムーンボールの活用」はシングルスの試合で絶対必要!

    全仏オープン男子決勝はジョコビッチ選手が制して、生涯グランドスラムを達…

  3. テニス ドロップショット

    シングルス

    シングルスの試合は、まず3往復スタートで充分

    いざ、大事な試合のシングルス。序盤が大事なことはしっかり理解し…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「相手が前に出てきても慌てない」パッシングショットを打つためには?

    何度か「自分から前に出る重要性」を書いてきましたが、逆に相手に先に前に…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事

    テニスの試合、特にシングルスの試合で苦労すること。漠然と、相手…

  6. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で自滅する人は、センターから無理して展開する人ばかり

    今日は、シングルスのストロークラリーの基本、について。皆さん、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サイト

    日々の雑記

    LINEは便利だけど、慣れると怖いんじゃないかという話
  2. テニス知識

    痙攣は、慌てなければおさまることも多い
  3. テニス ダブルス

    その他

    絶対的なエース選手がいないチームが、「団体戦を勝ち抜いていく為」に必要な意識とオ…
  4. テニス チーム

    メンタル

    テニス部を強くしたいなら、「自分が」という言葉を「自分たちが」という言葉に変えて…
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ボールを「早く触りたい病」に、誰しもが苦しんでいるという現実
PAGE TOP