テニス 予測

シングルス

シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件

シングルスの試合、やってしまいがちなパターン。

浅いボールをアプローチして前、に出たつもりが・・・パッシングショットの餌食になってしまう典型例ですね。

相手をコートの外に追い出して、後はボレーでオープンスペースに・・・打てるボールなんて、なかなか来ないのです。

 

シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件

 

1.コートの外に追い出しても、相手は「打つとこたくさんある」状態

皆さんも、イメージ出来ますよね。

シングルスの試合で、相手が前に来る・・・ときに、自分はコートの外に走らされている。

一見、危機的な状況のようですが、実はパッシングショットを打つコースは拡がっている。

ショートクロスも打ちやすいし、ダウンザラインも外から巻いていける。

シングルスの試合、中途半端にコートの外に追い出すのは逆に危険、なんですよね。

これは前に出た経験がある人なら、理解出来ると思います。

 

2.だったら・・・思い切って、「真ん中深く」に打ってみない?

私は、シングルスの試合でよくコレを使います。

相手のセンター深く、に打って前に出る。

相手からすると、走らされて打つパッシングショットは慣れているけど、センター深くからって・・・あまり慣れていない。

「え?え?」という感じで、結論が出ないままにミスしてくれたり、苦し紛れのロブが来る。

そこをドロップボレーでチョン、と落として終わり、みたいなパターンが実は有効なんですよね。

下手に外に走らせるよりも、センター深くって意外と盲点ですよ。

 

3.センター深く、出来ればバックハンドで打たせたい!

もう少し精度を上げると、出来れば相手のバックハンドでパッシングショットを打たせたい。

そうなると、逆クロスってほとんど来ないんですよ。

フォアハンドで回り込まれると、コースが読み辛いんですけどね。

バックハンドで逆クロス、はなかなか打ち辛い、だから予測がしやすい。

ここまで考えて、相手を追い詰めていくイメージを持っておくと良いと思います。

アプローチショットって、つい角度を付けたり相手をコートから追い出したい、と考えてしまうんですよね。

特に足が速い相手に対しては、危険極まりない行為です。

 

良いショットを打っているのに、勝てない人。

は、こういう小さい部分で劇的に勝率は変わるでしょう。

思い切って、打つコースを変えてみる、相手が嫌な場面を作ってみる。

パッシングショット、外からは本当に打ちやすいですからね。

シングルスの試合の前に、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの試合で、ここぞの場面で役立つカウンターショットの使い方10選

    シングルスの試合、でぜひみなさんに身に付けて欲しい技術。相手の…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで有効な戦略です

    今年の全豪オープン、圧倒的な強さを見せつけたジョコビッチ選手ですが、唯…

  3. テニス ストローク
  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「いかにも」というタイミングでネットに出ても・・・

    ストロークのレベルは、年々上がっている。すごく実感するんですが…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュ!

    シングルスの試合、序盤の作戦を色々考える・・・よりも、こんなのどうでし…

  6. シングルス

    シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る

    シングルスの試合は、コートに自分一人。だからこそ、相手の打つコ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    ストローク

    テニスのラリーでは、「ボールは近づいて来てから見る」だと遅過ぎる
  2. テニス ボレー

    ストローク

    回転をたくさんかけるのが、良いショットだと思う?
  3. 戦術

    「パワーショット受け身鍛錬術」テニスの試合で必要なディフェンス力を磨くには?
  4. サーブ

    ボディサーブが無いと、リターンは楽
  5. ストローク

    「トップスピン系ストローク、ここに気を付けろ」テニスではボール起動とその頂点をイ…
PAGE TOP