テニス ボレー

シングルス

シングルスの試合で、浅いボールをしっかり決める為に必要な意識5つ

シングルスの試合で、一番多い攻撃パターン。

テニスでは、相手のボールが浅い、短い時にネットに近付いて攻撃していくのが基本ですよね。

でも、試合に出ているみなさんはお気付きの通り、これが難しいんです。

技術も大事ですが、今回はそれを使う前提の意識のお話を少し。

私が使ってきたこと、試合で効果的だったポイントをまとめてみました。

シングルスの試合で、浅いボールをしっかり決める為に必要な意識5つ

1.相手のバックハンド、低い打点を狙う

浅いボールを強打するよりも、私ならこの形でアプローチする。

バックハンドの低い打点、でパッシングショットを打ってくる、無理してもらうように仕向ける。

スライスの浅いアプローチ、みたいな感じですね。

アプローチを深く打つよりも、こっちの方が効果的にポイントが取れたりします。

きっと相手は、深いアプローチの強打を想定していますから。

意表を突く攻め、として有りだと思います。

2.ボレーよりもスマッシュを意識して前に出る

前に、出過ぎないことが大事。

シングルスの試合は、アナタ一人ですからね。

ロブも全て、自分でケアしないといけない。

浅いボールを攻撃したら、相手はきっとロブを打って来る機会も多いでしょう。

べテラン、シニアのカテゴリではその傾向がより強くなります。

慌てず、スマッシュでフィニッシュするイメージを最初から持っておくこと。

この感覚があれば、楽にアプローチしていけるはずです。

3.しっかりと回転量を増やす

アプローチショット、大事なのはそのボールの回転量。

高い打点からならフラット系、でも押し込めますが、基本は回転量を増やすことを意識しましょう。

スピン、スライスでも、バウンド後に相手コートで失速しない回転量、をしっかり身に付けたい。

コツは、下半身を使ってコートをキックして下から上、に力を伝えること。

スピン系のショット、アプローチなら力はコートからもらうくらいの意識、でいきましょう。



4.ドロップショットという選択肢は必要

相手がしっかり下がっているなら、遠慮なく前を使う。

この意識、もう一度確認しておきましょう。

ドロップショットは、前に入れば入るほど、打ちやすくなる。

ネットが近くにありますから、速く相手コートにボールを送ることが出来ますしね。

ベースラインから打つより、ずっと楽ですし、プレッシャーも少ない。

打ち込む構えから、ドロップショット、練習してみて下さい。

5.選択肢を最低2つ、用意して入ろう

色々書いて来ましたが、それらを上手く組み合わせる。

バック側、浅いドロップ、等最低でも2つの選択肢を用意して前に入る。

これが本当に、大事なポイントなんです。

強い選手って、この雰囲気ありませんか?

2つ、どころか3つは打てるコースを実際に用意してますからね。

最後に決断して、相手を追い込む。

左右だけじゃない、出来れば前後に展開するイメージも持って、シングルスの試合ではネットプレーにつなげていきましょう。

シングルスの試合、いかにこの浅いボールをポイントにつなげられるかどうか。

試合に勝てない人は、このチャンスが逆にピンチですよね。

しっかりと、想像力を働かせてみましょうよ。

意識次第で、きっとアナタのシングルスの試合は変わりますよ。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス サーブ

    シングルス

    「シングルスでのサーブ&ボレー」は、戦略的に使えば試合を優位に進められる!

    自分はストローク主体のプレースタイルだし、サーブもそんなに強くないから…

  2. シングルス

    シングルスの試合で攻撃していく時に必要な、バウンド地点の見極めとコースについて

    シングルスの試合で、確実に攻撃していくこと。なかなか、みなさん…

  3. テニス 準備

    シングルス

    パッシングショットを、ランニングショットで打たせよう

    シングルスの試合で、相手を走らせる。これだけだと、なかなかポイ…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で「お互いにブレーク合戦」になったときに、意識したいポイントとは?

    テニスの試合では、ブレーク合戦になることが多々あります。プロ選…

  5. シングルス

    シングルスでネットに出るのが、怖い方に

    シングルスでも、ネットに出ましょう!と、言い続けて来ましたが、…

  6. テニス 錦織圭

    シングルス

    「全米オープン 錦織選手の敗退」に考える、シングルスでのシード選手との戦い方

    全米オープンでの錦織選手の初戦敗退。ショッキングなニュースが日…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ファーストボレーまで頑張る、だけで並行陣で勝てるようになるはず
  2. テニス ミス

    リターン

    1セットマッチ、1ブレイクでOK
  3. テニス Q&A

    日々の雑記

    T-PRESSとテニススクールの、決定的な違いについて
  4. メンタル

    フラットな目線を保つ
  5. 戦術

    アナタのテニスウェアは、相手にどう見られているだろう?
PAGE TOP