テニス ストローク

ストローク

アプローチショットのパワーアップは、軸足のキックから!

アプローチショット、相手を攻撃していく為に必要ですよね。

そのショットから前に出て、ボレーで攻撃出来れば最高・・・ですが、攻撃が弱いと相手からの反撃も喰らいやすい。

今回は、アプローチショットの下半身の使い方について。

軸足を意識して使うだけで、一気にミスは減って重たいショットになると思いますよ!

 

アプローチショットのパワーアップは、軸足のキックから!

 

1.上半身の動きだけでは、絶対に安定しない

浅いボール、相手をせっかく攻撃しようと思っているのに・・・そこで、ミス、ミス・・・。

相手からすると、何て戦いやすい相手なんだろうと思いますよね。

こういう人は、上半身だけで打とうという意識が強過ぎ。

本人は意識していなくても、毎回微妙に打ち方が違うんですよね。

変えるべきは、下半身の使い方。

ちょっと意識するだけで、全く違う「重いアプローチショット」が打てるようになりますよ。

 

2.ストロークのときの軸足、意識出来てる?

例えば、右利きの方のフォアハンド、前足重心なら前足。

少し深いボールで後ろ足重心なら後ろ足、になります。

今回は少し浅いボールを攻撃していくアプローチショット、ですから、前足が軸足になりますね。

左足で踏み込んで、打つ時にしっかりその左足でコートを蹴るようにキック!してみて下さい。

ボールに力を与えるのは、下半身でコートを蹴る力、です。

この力がボールに伝わると、すごくボールは重くなる。

女性の方でも、楽にボールが飛ばせるようになりますよ。

早く準備、テイクバックして打点に入る、そして打点が高いうちにキックしてボールを捕らえてみて下さい。

ジャンプ!するくらいの意識で良いと思いますよ。

 

3.ジャンピングショットって、実は華やかなようで基本のショット

プロ選手の試合を観ていると、結構ジャンプショットって多いですよね。

あれは、高い打点で打つ、のも大事な要素ですがそれよりもコートから力をもらうような意識があるから、ああいう感じのショットになっているんです。

これは、私たちも使える基本。

軸足でコートを蹴って、ボールに力を伝えること。

この攻撃力が身に付けば、アプローチショットはパワーアップするし安定する。

上半身だけのショット、よりも各段にレベルアップするはずです。

 

要は、サーブと同じですよね。

サーブも前足となる軸足でキック、ジャンプするからボールに力が伝わりやすい。

重たいショットは、いつも下半身から。

このことだけは、テニスの基本として覚えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    深いボレーに対して、ベースライン上で打ち返すにはまず「ネットくらいの目線、低い態勢」から

    相手のボレーが深い中で、どうしてもベースライン上でストロークで対抗しな…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ

    シングルスでもダブルスでも、テニスの醍醐味の一つはストローク。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークは、「しっかり高い起動」で大きく打つと相手を押し込める!

    フォアハンドストロークの回り込み、を武器にしている選手は多い。…

  4. テニス ミス

    ストローク

    テニスの試合、強い相手と対戦するときほど、「ラリーを避けよう」と考えてはいけない

    テニスの試合では、自分より格上の選手と必ず対戦する機会がある。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    速い展開でバックハンドストロークを打たされると弱い、人は?

    皆さんから頂くお悩みで、最も多い部類に入るのがこの問題。バック…

  6. テニス テイクバック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ずるずる下がる並行陣、どうやって強くしていく?
  2. サーブ

    視点を置く順番を決めれば、サーブを打つメンタルは整えられる
  3. テニス ロブ

    ロブ

    ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?
  4. テニス ストローク

    ストローク

    手打ちにならないストローク、に変えていく5つのヒント
  5. テニス センス

    メンタル

    「こんな相手は嫌だ!」テニスの試合ではマナーを守りつつ、嫌がられることも大切
PAGE TOP