テニス ストローク

ストローク

しっかりスピン回転をかけたストロークに共通する、打ち終わりのイメージとは?

ストロークでしっかりスピン回転をかける為に、私は「打ち終わり」の形をしっかり意識して欲しい。

打ち終わりの形、さえイメージ出来ていれば、しっかり打ち終わることが出来る。

ストロークって、どうしても「打点で何とかしよう」と思いがちですが・・・打ち終わり、さえしっかりしていれば、そこに向かってラケットを振っていくだけ。

そう考えると、やっぱり終わりの形って大事ですよね。

ストロークが得意な皆さんも、今一度見直してみて欲しいと思います。

 

しっかりスピン回転をかけたストロークに共通する、打ち終わりのイメージとは?

 

1.スピン系のストローク、振り切るとどんな感じ?

この打ち終わりの形って、10年前、20年前と大きく変わりました。

以前は打ったら高い位置にラケットがある、肩でかつぐような打ち終わりが正しいとされてきましたが・・・今はフィニッシュの位置がすごく低い。

腰のあたりで打ち終わり、ラケットが収まるような感じ、じゃないですか。

このイメージ、皆さんもぜひ持って欲しいと思います。

ただし、スウィング自体は下から上、で上にいった後には重力に任せてラケットが低い位置にくる。

このフィニッシュイメージ、ポイントは「脱力」です。

 

2.脱力すれば、ラケットは下がっていく

当然、重力が働きますからね。

ラケットの重さ、約300gをしっかり感じながら、ボールを打った後にはラケットが自然にダウンしていく。

上にピュッと振って、その後は自然にラケットが下がっていく。

よく、スピン系をこねるような打ち方をしている人は、最初からラケットを強引に「下方向」に腕の力で持っていこうと頑張り過ぎ。

脱力して、ラケットは下がっていく、ような感覚をぜひ練習でも大事にして欲しいと思っています。

練習からも、この打ち方ですと疲れないですしね。

打ち終わり、に着目しながらフェデラー選手のフォアハンドストロークの動画、観てみましょう。

 

 

3.ラケットヘッドは、背中方向を指すように

もう一つ、ラケットヘッド、ラケットの先の向きにも着目してみましょう。

自分の背中の方向を指す、ようにしっかりラケットの先が後ろまでいってますよね。

これを意識すると、ストロークのボールにすごく伸びが出る。

打つ時にはラケットの先が前方向に出て、その後しっかり後ろまでいって背中の方向を指す、ところでフィニッシュ。

打った瞬間にフィニッシュ、だとボールにスピン回転がかかり辛いし、伸びていかない。

この形も、特にフォアハンドで意識したいポイントですね。

 

4.バックハンドストロークの打ち終わりは・・・?

これは、私の考えるコツですが、バックハンドのフィニッシュはフォアハンドより少し高め、で打ち終わる。

より下から上、のスウィングを意識して、打ち終わったら腰ではなく胸から肩の高さ、くらいまでラケットのフォロースルーをもっていくのが良いと思います。

両手の方、片手の方でも、これは共通。

片手バックハンドの方は特に打ち終わりでしっかり胸を開く、でも横向きは保てるように。

両手バックハンドの方は、利き腕でない腕、をしっかり前に出して終わりましょう。

フォアハンドではラケットの先が背中方向を指す、ところまでいきましたが、バックハンドはそこまでいかなくて全然大丈夫。

身体の前で終わる、くらいで良いと思いますよ。

 


ストロークのフィニッシュを確認して、変えていく。

実はこれが、改善にすごく近道な気がします。

打ち終わりを意識すれば、その過程の打点が変わり、準備もスムーズになる。

スピン回転のストローク、きっとまだまだ改善出来るでしょう!

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう

    ストロークラリーの中で、浅いボールに苦手意識が強い方。こういう…

  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    大坂選手のキレ味鋭いバックハンド、最高に現代風だから参考になる

    全米オープンでも躍進が続く、大坂なおみ選手。試合の全てをチェッ…

  3. テニス リターン

    ストローク

    シングルスの試合では、浅いボールで攻撃していくときこそ「軌道高め」のストロークを意識しよう

    シングルスの試合で、しっかり攻撃していくには何が必要か。まずは、相…

  4. ストローク

    ストロークのテイクバックは2段階、でいこう!

    ストロークのテイクバック、とにかく早く!が基本と書いて来ました。…

  5. ストローク

    「スライス回転のバウンドを予測する」ことが出来ないと、テニスの試合には勝てません

    テニススクールやテニス部の中で、教えてもらう機会が少ないのがこの「回転…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    全仏オープンを観て感じる、「ベースラインで粘る形」の進歩系について

    今年も始まりましたね、熱い全仏オープンの戦いが・・・。やはり全…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    初対面の人とペアを組むときに、意識したいコミュニケーション4つ
  2. テニス 準備

    その他

    アナタの今のテニス、1年前と何が変わりましたか?
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのネットプレーで「アウトボールを触ってしまう・・・」人が、注意すべき5つの…
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    打った後に動かない、のが強いテニス選手の基本姿勢
  5. 戦術

    挑戦企画を通じて、感じること
PAGE TOP