テニス ダブルス

ストローク

ショートクロスのストロークは、シングルスコートに入れるつもりで振り切ろう

テニスの試合、特にダブルスですね。

試合を動かす、思い切ったショットを打てるかどうか。

ショートクロスはその代表例だと思います。

なかなか、打てないんですよ、これが。

だってしっかり振り切らないと入らないし、しっかり振り切るとアウトしそうだし・・・。

という感じで、悩んで中途半端な感じになってしまう。

みなさんも経験、無いですか?

 

ショートクロスのストロークは、シングルスコートに入れるつもりで振り切ろう

 

1.打てば入るのに・・・怖い!

練習だとしっかり打てる、良い感じに相手を追い込める。

並行陣相手のストロークには、必須の技術ですよね。

でも、やっぱり試合だと怖い・・・のが、自然です。

ショートクロス、ネット際でしかもサイドライン際、コントロールを少し間違えば相手のポイントになるショット。

だからこそ、効果もあるんですけどね。

自分の中で、「あ、こうすれば確実に入るな」というタイミングを、見つけられるかどうか。

技術的にも、進歩は必要でしょう。

ですがもっと大事なのは、「なんだ、これで良いんだ」という感覚を、自分の中で具体化しておくことです。

 

2.シングルスコート狙いで良い!

ショートクロス、ついアレーを狙いたくなりますよね。

あわよくば相手に触られないように、と考えると、欲が出る。

そうじゃなくて、ダブルスでもシングルスコートの中に入れるつもり、でちょうど良いでしょう。

シングルスのサイドライン付近、に落ちればダブルスでも充分にナイスショット、ですから。

もちろん、ショートクロスは相手を動かして崩すショット。

意外と端を狙わなくても大丈夫。

シングルスコート内におさめる、で効果的なんです。

これが分かると、自分へのプレッシャーが小さくなる。

言葉でプレッシャーをコントロールして、確率を高めていくことが出来る。

一種のメンタルコントロール、ですね。

 

3.多少コースは甘くても、しっかり振り切ろう!

コースが多少甘くなる分、しっかり振り切りましょう。

これが、ショートクロスには大事。

しっかり振り切らないと、シングルスコートにもおさまらない、回転量が足りないでアウトしていくでしょう。

コースは少し甘い、だからこそしっかり振り切って良いボールを打つ。

自分の中で、ココはしっかり認識しておかないとですね。

繰り返しますが、ショートクロスは相手を動かすショット。

回転量多めに振り切って、しっかり相手を追い込んでいきましょう。

 

4.打つのが怖いショットこそ、相手が恐れるショット

テニスだけじゃないでしょうが、これは事実です。

アナタが、「打つのが怖いな・・・どうしようかな・・・」と思っているショットは、実は相手も恐れている。

ダブルスで並行陣をプレーしていると分かりますが、ショートクロスを使ってくる相手は本当に嫌です。

後衛のボレーヤーが大きく動かされるし、前衛の後ろもケア出来なくなる。

1本、このショットを打たれるだけで、すごく怖くなるんです。

だからこそ、アナタ自身に打って欲しい。

まずは自分をコントロールして、勇気を持つこと。

ショートクロスで、相手を動かすんだという気持ち、メンタルで挑むこと。

ここから全てが始まります。

 

コートの端を狙うショットは、いつだって勇気が要ります。

出来るだけシングルスのコートにおさめる、それからリードしている場面で使うこと。

これだけで、だいぶ楽に打てると思いますよ。

まぁ、失敗しても打ったという事実、相手への印象は残りますから。

しっかり振り切って、ショートクロス打っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    「ミスした後のトップスピンストローク」をしっかりテニスの試合で打ち切る選手は強い

    試合中のトップスピンのストロークと言えば、やっぱり安定感をしっかりとア…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    苦手意識があるショットほど、準備と打点が遅れていく

    苦手意識って、怖い。無意識のうちに、自分で全ての反応が遅れてい…

  3. ストローク

    「フルスウィングでゆっくりね」しっかり振り切ることでテニスの試合で使えるストロークに

    強さを求めているとどうしても「速さが欲しい!」「パワーショット打ちたい…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「打ちたい方向にストロークを打つ」シンプルな方法5つ

    ベースラインからのストローク、試合で思い通りのコースに打てていますか?…

  5. テニス リターン

    ストローク

    力強くストロークを打ちたいなら、横向きキープでボールを押すタイミングを作ろう!

    力強いストロークで、試合をリードしていきたい、押していきたい。…

  6. ストローク

    今一度考えて欲しい、「速くて低いストロークと、山なりで深いストローク」は、どちらが試合で有効ですか?…

    試合では相手にとって、「嫌」なことを繰り返していくのがスポーツでありテ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 書籍

    テニス知識

    テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニス 戦術

    テニス知識

    【保存版】知らない選手が意外と多い、「テニスラケットのメンテナンス方法」について…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない
  4. ボレー

    浮かないボレーこそ、試合で使える実戦向きなショット
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる
PAGE TOP