テニス ダブルス

ストローク

ショートクロスのストロークは、シングルスコートに入れるつもりで振り切ろう

テニスの試合、特にダブルスですね。

試合を動かす、思い切ったショットを打てるかどうか。

ショートクロスはその代表例だと思います。

なかなか、打てないんですよ、これが。

だってしっかり振り切らないと入らないし、しっかり振り切るとアウトしそうだし・・・。

という感じで、悩んで中途半端な感じになってしまう。

みなさんも経験、無いですか?

 

ショートクロスのストロークは、シングルスコートに入れるつもりで振り切ろう

 

1.打てば入るのに・・・怖い!

練習だとしっかり打てる、良い感じに相手を追い込める。

並行陣相手のストロークには、必須の技術ですよね。

でも、やっぱり試合だと怖い・・・のが、自然です。

ショートクロス、ネット際でしかもサイドライン際、コントロールを少し間違えば相手のポイントになるショット。

だからこそ、効果もあるんですけどね。

自分の中で、「あ、こうすれば確実に入るな」というタイミングを、見つけられるかどうか。

技術的にも、進歩は必要でしょう。

ですがもっと大事なのは、「なんだ、これで良いんだ」という感覚を、自分の中で具体化しておくことです。

 

2.シングルスコート狙いで良い!

ショートクロス、ついアレーを狙いたくなりますよね。

あわよくば相手に触られないように、と考えると、欲が出る。

そうじゃなくて、ダブルスでもシングルスコートの中に入れるつもり、でちょうど良いでしょう。

シングルスのサイドライン付近、に落ちればダブルスでも充分にナイスショット、ですから。

もちろん、ショートクロスは相手を動かして崩すショット。

意外と端を狙わなくても大丈夫。

シングルスコート内におさめる、で効果的なんです。

これが分かると、自分へのプレッシャーが小さくなる。

言葉でプレッシャーをコントロールして、確率を高めていくことが出来る。

一種のメンタルコントロール、ですね。

 

3.多少コースは甘くても、しっかり振り切ろう!

コースが多少甘くなる分、しっかり振り切りましょう。

これが、ショートクロスには大事。

しっかり振り切らないと、シングルスコートにもおさまらない、回転量が足りないでアウトしていくでしょう。

コースは少し甘い、だからこそしっかり振り切って良いボールを打つ。

自分の中で、ココはしっかり認識しておかないとですね。

繰り返しますが、ショートクロスは相手を動かすショット。

回転量多めに振り切って、しっかり相手を追い込んでいきましょう。

 

4.打つのが怖いショットこそ、相手が恐れるショット

テニスだけじゃないでしょうが、これは事実です。

アナタが、「打つのが怖いな・・・どうしようかな・・・」と思っているショットは、実は相手も恐れている。

ダブルスで並行陣をプレーしていると分かりますが、ショートクロスを使ってくる相手は本当に嫌です。

後衛のボレーヤーが大きく動かされるし、前衛の後ろもケア出来なくなる。

1本、このショットを打たれるだけで、すごく怖くなるんです。

だからこそ、アナタ自身に打って欲しい。

まずは自分をコントロールして、勇気を持つこと。

ショートクロスで、相手を動かすんだという気持ち、メンタルで挑むこと。

ここから全てが始まります。

 

コートの端を狙うショットは、いつだって勇気が要ります。

出来るだけシングルスのコートにおさめる、それからリードしている場面で使うこと。

これだけで、だいぶ楽に打てると思いますよ。

まぁ、失敗しても打ったという事実、相手への印象は残りますから。

しっかり振り切って、ショートクロス打っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!

    ストロークの弾道が安定しないと悩む人、原因の一つは準備の精度。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で本当に効果的な、「凄いショットは凄いバウンド」という事実について

    ショットの質を上げようと、皆毎日しっかり練習していると思う。そ…

  3. ストローク

    エグいスピンに押される人は、結局何が問題なのか?

    強い相手との試合は、ストロークで押されてしまう。ベテランの方が…

  4. テニス ストローク
  5. テニス リターン

    ストローク

    高い打点の両手バックハンドストローク、ココを変えれば攻撃的に返球出来る!

    女性の方で、ココ苦戦している方多いですよね。高い打点の、両手バ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    大事な場面、スピン系のストロークがガシャってしまう人に共通する、5つの悪い癖

    試合の大事な場面、スピンストロークで攻撃していこうと思っても・・・「ガ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    急に暑くなってきた今、試合に出る人は意識したい「テニスウェアの準備」について
  2. ダブルス

    自信満々、な相手の方がポーチが効く
  3. 練習メニュー

    「ミスばっかだと、練習になんねぇよっ!」と、テニスの練習でアナタは言えますか?
  4. ストローク

    今一度考えて欲しい、「速くて低いストロークと、山なりで深いストローク」は、どちら…
  5. 戦術

    テクニックを否定する人は、自分を守りたいだけ
PAGE TOP