テニス マナー

戦術

自分の直感を大事にしないと、感性が磨かれず成長も無い

私自身、すごく最近意識していることがあります。

色々な理論、基本、考えがあるにせよ・・・やっぱりコート上での「生の感覚」は大事。

この感覚が鈍ってしまうのが、すごく怖いんですよね。

だから、私はなるべく週に1回はコートに立ってボールを打つようにしています。

少ないかも知れないですけど、自分がボールを打たなくなったら終わりだなと。

理論ばかり先行しても、私は自分の感性が鈍るようで怖いんです。

 

自分の直感を大事にしないと、感性が磨かれず成長も無い

 

1.「理論慣れ」していないか?

何かを教わる、こともそうですよね。

人から教わったことは、正しいと思い込みがち。

「あ、これはあのとき、教わったことだな・・・」と思うと、考えること、感じることを止めてしまう。

これはすごく怖いこと、なんです。

私自身、このサイトを運営しながら記事を書きながらも、「例外はあるよ」ということを常に意識して来ました。

私が書いているのは、あくまで「あるある」なことばかり。

それに当てはまらないケースや、特殊なショット、シチュエーションはたくさんあるでしょう。

でも、それがテニスなんです。

何かを教わって、理論武装しようとばかり考えていると、自分の感性が磨かれない。

この危機感、アナタにあるでしょうか?

 

2.「教わる」よりも「感じる」ことが100倍大事

コート上で、人と接する中でこれが出来るかどうか、です。

何かを感じて、何かを変える。

作戦変更だって、私はありだと思いますよ。

試合前に準備していたことはあるけど、いざ試合をしてみたら感覚として違う、このままいくとまずい・・・ような試合、あるじゃないですか。

コートの上では、どんどん試合は進んでいきます。

アナタ自身に感じる力が無いと、それだけで危ないということ。

相手のちょっとした雰囲気、狙い、目線、会話・・・全てから「感じる」ことが出来るかどうか。

これは選手として、非常に大事な部分だと思いますよ。

 

3.テニスをやるのは、全て人間だということ

ロボットじゃないですから、ボールを打つのは人間。

だから感じることが出来るんです。

「あの人、次なんとなくストレート来そうなんだよな・・・」というのを、察することが出来るかどうか。

ちょっとした根拠、で良い。

悔しそうにしている、焦っている、ような雰囲気を感じて、自分の感覚で予測する。

こういうのって、試合の中でみなさん実行出来てますか?

自分たちのプレーでいっぱいいっぱい、だと感じられないですよ。

アンテナをしっかり相手、そして自分のパートナーに向けておく。

感じる準備、を常に試合中は続けておく。

そうすると、思わぬ発見があるのがテニスの試合です。

人間ですから、何か動き出すにはその根拠があるはずなんです。

 

4.日常生活こそ、最高のトレーニング

これも何度も書いてきましたが、普段の生活の中で周りの人をよく見ておく。

観察して、感じておくことが大事。

「この人、何だか今日は機嫌悪そうだな・・・」と思ったら、やっぱり怒り出したとか。

無意識のうちに、みなさんも実践していることだと思います。

これと同じこと、テニスコート上でもよく起きている。

起きてから気付く、では遅いんですよね。

起きる前から感じて、準備しておく。

小さいことですが、結果的にこれが大きな差になっていくのがテニスの試合です。

 

人に興味関心を持って、試合に臨む。

この感覚があると、自然と試合も強くなると思いますよ。

「今日の相手は、どんな感じかな・・・」と、観察に意欲的になりましょう。

そして、みなさんの普段の周りの仲間に対しても。

日ごろの小さい変化に気付ける人、が試合でも勝てる人です。

繰り返しますが、テニスは人間がやるスポーツですから。

自分の感性を鍛えないと、自分自身が成長していきません。

だからこそ、最高に面白いんですけどね。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス 準備

    戦術

    インドアコートに慣れている人は、アウトドアコートでは6割の力しか出せない

    近年、増えてきているインドアテニスコート。非常にプレーがしやす…

  2. テニス フットワーク

    戦術

    「打ちやすい球が来る」と、相手は思っている

    試合で調子が良い相手って、嫌ですよね。でも、何か手を打たないと…

  3. テニス 攻撃

    戦術

    直線的で速い球が良いテニス、と思い続けている限り試合では勝てない

    良いテニス、悪いテニス。勝てるテニス、勝てないテニス。…

  4. テニス 調子

    戦術

    テニスボールを打つことは出来ても、捕らえることが出来る人はごく少数

    テニスは、ラケットでボールを打つ。でも、上手い人って打つという…

  5. テニス メンタル

    戦術

    今対戦している相手は、「また次に対戦するかもしれない」からこそ、完膚なきまで叩いておこう

    テニスの試合では、同じ対戦相手と何度も戦うことになる。アナタが…

  6. 戦術

    相手を見てプレーする、そのコツは?

    相手のポジションを、確認しながらラリーする。これは、テニスの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストローク、の攻撃力をアップさせるには?
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    対戦相手を大声で威圧するより、味方であるパートナーを大声で褒めてみよう
  3. テニス メンタル

    ボレー

    「ボレー上達は、ネットプレー心にあり」テニスの試合で苦手意識を克服する為に
  4. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で「前に出るタイミングが分からない・・・」という人は、バック側に…
  5. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークがビビって入らないときは、〇〇が多いことに気付こう!
PAGE TOP