戦術

テニスの試合では、リードを奪ってリスクを冒すから勝てる

強い人は強い、毎回安定して勝っていく。

でも、こういう人ほど勝ちパターンって実は少ない。

毎回、紐解いてみると同じような感じ、だと思うんですよね。

どんなスポーツでも、正しくリスクを冒した選手は強い、相手は辛い。

みなさんも、意識していきたいポイントでしょう。

 

テニスの試合では、リードを奪ってリスクを冒すから勝てる

 


 

1.まずはリードする、から始まる

テニスの試合は序盤が勝負。

なぜなら、今回のようにリスクを冒す戦術を取れるからです。

スタートダッシュが上手い選手は、まず試合で大コケすることが無いでしょう。

試合の始めは、誰でも硬いし探りの部分が出来てしまう。

でも、自分なりの「リードを奪う方法」は絶対に必要です。

これは、考えて工夫していかないと身に付かないもの、ですから。

 

2.鉄板の作戦は、いくつかある

例えば、リターンゲームから入る。

最初のゲームとしては、サーブのダブルフォルトの怖さを考えるとリターンからの方が吉でしょう。

それから、サービスゲームならファーストサーブを入れる。

ダブルスなら、相手が硬いうちにロブを上げてスマッシュを打たしたり、自分が前で出てプレッシャーをかける。

こういった細かい作戦を続けていくことで、必ず相手は引いてくれます。

リードを奪うには、具体策が必要。

ダブルスなら、ペアで試合前にしっかり話しておきましょう。

やること自体は、シンプルで良いと思いますよ。

 

3.リードを奪ったら、何をする?

私なら、相手の安全策を潰します。

ダブルスでポーチに出る、シングルスでもサーブ&ボレー。

とにかく相手はリードされている訳ですから、あまり突拍子もないことは出来ないですよね。

つなぐのを、許さない。

もちろん、こういった作戦はミスになり、アナタ自身の失点になることも多いでしょう。

でも、良いじゃないですか、リードしてるんだから。

それを活かそう、運用しよう、という考え方が大事です。

リスクを冒した失敗は、例え失点しても得るものがある。

相手に恐怖心や警戒心を植え付けることも出来るのです。

 

4.リードを守ろう、というのが一番危険な発想

プロ選手の試合なら、サービスの1ブレイクで勝敗が決まることも多い。

でも、私たちの試合は違います。

一度流れが変わると、サービスゲームだろうがリターンゲームだろうが、ぽんぽーんと進んでしまう。

あっという間に3ゲームくらいの差は詰められてしまいますよね。

そうなる人って、やっぱりリードしてから守りの態勢、戦術に入ってしまっている気がします。

試合でリードしたなら、それを運用してみる。

この発想が持てる余裕、が出来ればアナタ自身も強くなれるでしょう!

 

貯金でも何でも、運用していかないとですよね。

ただ持っているだけなら、消えてしまうし価値は無い。

強い相手ほど、現在の試合のスコアを考えながらプレーしているはず。

だからこそ、その弱みに付け込んでいきましょう。

したたかに、リードしてリスクを冒していく。

それで気がづけば、勝てていると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. 戦術

    試合のリズムは、「デュースサイドは堅実に、アドサイドで冒険」を

    私が試合の中で、サイドごとに意識していること。もう、無意識に近…

  2. テニス シングルス

    戦術

    相手に自滅を促す戦い方は、究極の体力温存法

    テニスの試合で、「楽に勝てたな・・・」という試合、皆さんも経験あるはず…

  3. テニス メンタル

    戦術

    強い相手を前にして、アナタが出来ること

    ウィンブルドンの準々決勝の試合、ご覧になっていた方も多いかと思います…

  4. 戦術

    相手が目線を下に向ける、ボールがバウンドするタイミングはチャンス!

    相手が打つ前、隙を突いて動きたい。ダブルスのポーチのような場面…

  5. 戦術

    ある程度のレベルまでは、前衛が動いただけで慌ててくれる

    ダブルスの試合、一つこれが相手のレベルを測る目安になります。前…

  6. テニス メンタル

    戦術

    対戦相手のストロングポイントを消す、簡単な方法

    対戦相手の武器に、押されてしまう。男性の試合だと、フォアが得意…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです
  2. ロブ

    人がロブを打ちたくなる瞬間、には法則がある
  3. テニス メンタル

    戦術

    「とにかく、試合で何をしたら良いか分からない」人は・・・?
  4. テニス 攻撃

    練習メニュー

    サービスからのクロス&ストレートコース限定のシングルス練習メニュー
  5. テニス知識

    【プロトレーナーに聞いてみた!】「膝の痛み」に効果的なリハビリメニューについて
PAGE TOP