テニス 練習

戦術

試合でリードしたときに、それを手放さないようにする為に必要な5つの意識

試合でリードしても、途中で追い付かれて負けてしまう・・・まくられる癖、皆さんは付いて無いでしょうか?

きっと、こういう試合が多い人は何か共通すること、があるはず。

逆に試合をそのまま押し切れる、リードを活かして試合が出来る人にも共通点があるはず。

今回は、序盤にリードした試合をどう進めていくか。

その中での大事な意識、ポイントを私なりにまとめてみました。

「そんなに上手くいくはずが無いよ・・・」と思わず、少しでもご自身でヒントになるところを探してみて下さい。

試合でリードしたときに、それを手放さないようにする為に必要な5つの意識

 

1.相手は冒険出来ない

リードされた相手は、なかなか冒険出来ない。

奇策が取れない、と思っておいて良いでしょう。

ダブルスでは特に、オーソドックスな戦術が求められますからクロスラリーが増える。

だらこそ、リードしたらその精神的な優位性を活かして、どんどんポーチに出ましょう。

待っていて、相手の堅実なテニスに付き合う必要は無いですよ。

 

2.しっかりカウントをコールする

これは、一番オススメ。

自分がリードしているのに、堂々としてないというか・・・サーブを打つ前のカウントコールが弱い人が多いんですよね。

カウントをしっかり相手に聞かせて、「こっちがリードしているからね」というのを明確にする。

これだけで、自分は気持ち的に乗っていけるし、相手は凹んでくれる。

テニスって、そういうモノ、ですよ。

セルフジャッジの試合で、この部分が意識の弱い人が多過ぎます。

 

3.目の前のゲームを2ポイント先行

リードしていると、ついそのまま一気に離したくなる。

でも、先を見過ぎても上手くいかないのがテニスの試合。

だからこそ、大事なのはゲームの最初の2ポイント。

ここをしっかり取って、サービスゲームなら30-0、リターンゲームなら0-30の形を作る。

相手からすると、リードされている中でゲームのポイントも先行されるとすごく辛い。

ゲームの頭の2ポイントは、きっと相手も集中してくる。

だからこそ、しっかり最初の2ポイント、を長いラリーでも何でも取り切るイメージでプレーしていきましょう。

 

4.チェンジコートに時間を使う

これは、私はあえてやっています。

リードしている時ほど、しっかり時間ギリギリまで使う。

リードしたとは言え、こちらのオーバーペースで体力を消耗しているケースもありますからね。

チェンジコートだけじゃなくて、試合全体をゆったり進めていくように意識する。

そうすることで、相手も「追いつきたい・・・早く試合を進めたい・・・」という気持ちが、じれてくる。

これもリードしている側の特権、心理戦でしょう。

 

5.大事な試合終盤の為に、相手を観察しておく

リードして少し発生している余裕、を使って、相手を観察しておきましょう。

大事な試合終盤で、相手の得意コースをふさぎたいですからね。

出来るだけ追い込んで、ネットプレーを入れたりして相手が「追い詰められたときに、どんなプレーが出来るのか?」を確認しておく。

そして、試合の終盤ではその記憶を頼りに、予測してプレーする。

試合をリードしているときには、相手を観察して裸に出来る。

それくらいの意識で、貯金を活かしていきましょう。

 

リードしている試合、ただ「早く終わらせたい!」と思っても焦るだけ。

自分が焦っても、良いことはありません。

テニスの試合、必ず試合の流れは行き来する。

リードしているとき、出来ることはなるべく早め早めにやってしまいましょう。

その効果も、試合の終盤できっと生まれてくるはずですから。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス 観察眼

    戦術

    弱点は磨くというより、上手く隠せるようになると試合に勝てる

    弱点を、頑張って練習する?それも大事かもしれませんが、そうこう…

  2. テニス メンタル

    戦術

    自分が作った言葉で、自分のテニス論理は整理できる

    テニスって、なかなか難しい専門用語や戦術、覚えることたくさんありますよ…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    テニスでは、「元々の武器より弱点から育て上げた武器」の方が試合で使える

    「アナタの武器、何ですか?」と聞かれて、皆さんはパッと答えが出…

  4. テニス 動画

    戦術

    「誰が見ても上手い」という選手ほど、本人はなかなか勝てないのがテニスというスポーツかも知れない

    少し前に、一緒にテニスをした人がいまして・・・。誰が見ても、「…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの調子が悪いときにも、「一切変わらないもの」を試合では作っておこう

    試合は毎回、対戦相手も調子も変わる。でも、試合をするアナタ自身…

  6. テニス ルール

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス ボレー

    メンタル

    テニスでも何でも、誰かに言われてやってきたことを、「努力」とは呼べない
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ラケットヘッドを立てれば「高い打点のストロークも回転をかけやすい」から女性にもお…
  3. テニス メンタル

    その他

    試合に勝つ為のテニスとは、「自分を殺したつまらないテニスか?」という問いかけにつ…
  4. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう
  5. メンタル

    「対戦相手の応援がうざい・・・」と思った人、残念ですがそう感じている時点でアナタ…
PAGE TOP