テニス サーブ

サーブ

サーブを打つときに、変化球でストライクを取る感覚を大切に

サーブを打つ時に、どんなポイント奪取のイメージ、考えてますか?

強力なサーブで、エース狙い?

そんなことも場面によっては必要ですが、毎回そんなサーブは打てないですよね。

ここで、野球のピッチャーをイメージしながらサーブ、打ってみませんか?

 

サーブを打つときに、変化球でストライクを取る感覚を大切に

 


 

1.ゆっくりした変化球でも、サーブでは有効

サーブを打つ時に、スピードや威力、も確かに大事。

私も早いサーブを打つのは得意では無いので、すごくコンプレックスでした。

ですが、どうやってポイントを取るか・・・はかなりの死活問題ですよね。

サーブを変化球、野球のピッチャーが投げるゆっくりした変化球、だと思ってみるのはどうでしょうか?

相手のタイミングを外す、ことでリターンミスを誘うことが出来れば、テニスの試合ではとても有効です。

 

2.遅くて浅いサーブ、だって武器になる

落ち着いて、相手のポジションを確認しましょう。

ベースラインより少しでも後ろ、で待っているようなら「浅いサーブ」が有効になる。

またすごく前で踏み込んで来る、ような相手には少し「遅いサーブ」を打てばタイミングをずらせる。

つまり、リターンの選手を確認して、サーブを出し分けてみる。

変化球、とはスピード重視ではなく相手重視、の考え方なんです。

実際の試合では、一本調子のサーブって、怖く無いんですよ。

 

3.サーブの球種は、積極的に増やす意識が大事

「今のサーブを入れるのにも、精一杯なのに・・・」と思っている方。

悩んでいても、何も変わりませんし、強くはなれない。

球種を増やそうとしてみる、ことで何かが変わるかも知れませんよ。

入れるのが精一杯、と思っていては、頑張っても入れるサーブしか身に付かない。

だからこそ、変化球を身に付ける意識で、グリップを変えてみたり、打点を変えてみる。

試してみて下さい。

サーブは大胆に試す、変えることで絶対に向上します。

 

サーブの試行錯誤、最近出来てますか?

サーブを変える、のは勇気が要る。

変化球、身に付くまで時間がかかるかも知れませんが、その挑戦には絶対に価値があるはずです。

遅い、浅い、そんなサーブが絶対に、アナタの試合の助けになるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスにおいて、「サーブはスピードよりもリターナーの位置を確認」するだけで、エースが獲れる!

    サーブでノータッチエースを獲る。テニス選手なら、誰でも憧れるこ…

  2. テニス サーブ
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でサーブが得意になりたければ、「自ら事を興し始める」ことに慣れよう!

    テニスの試合で、サーブが得意な人。その人は身長が高い?肩が強い…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブは、絶対にファーストサーブより遅く打たないといけない?

    ふと、考えてみる。自分のサーブの調子が良いとき、というのはこう…

  5. サーブ

    良いサーブの後に、人はなぜ力んでしまうのか

    「ナイスサーブ!」だけど、その後が・・・。バン!と打って、せっ…

  6. サーブ

    リターンダッシュを、引いて待ってはいけない

    相手がリターンから、前に出て来る。これは、ベテランテニスの試…

特集記事

  1. テニス 打点

    メンタル

    格上相手に勝ち切るメンタルの極意、とは?
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!
  3. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレーの基本は、「しっかり打ってから前に出る」で良い
  4. テニス チーム

    メンタル

    テニス部を強くしたいなら、「自分が」という言葉を「自分たちが」という言葉に変えて…
  5. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合でのダブルフォルトは、恥ずかしいことでも何でも無い
PAGE TOP