テニス 確率

サーブ

最初のサービス練習4本、丁寧に入れれば相手は・・・何を感じますか?

ほとんどの試合、ウォーミングアップでサーブ練習くらいですよね。

片サイド、2本ずつ。

この4本を、なんとまぁ「適当に」打っている人が多いことか。

練習だし、ウォーミングアップだから入らなくても良い・・・と思っているアナタ、甘い。

この4本をしっかり打つことが出来れば、アナタ自身試合の勝率は変わるはず。

何より、相手にかかるプレッシャーが違うはずなんですよね。

 

最初のサービス練習4本、丁寧に入れれば相手は・・・何を感じますか?

 

1.審判時代に思っていたこと

私も過去に、プロツアーの主審をしていた頃、感じたことがありました。

プロ選手の試合は5分間、ストローク、ボレー、サーブとウォーミングアップの時間があるのですが、この5分間に「ノーミス」の選手は試合でも強い。

当然、相手の打ちやすい位置に返球し続ける5分間なんで、ミスが少ないのは当たり前・・・と思うかもしれませんが、すごく良い緊張感があるんですよね。

勝てる選手は、ウォーミングアップから雰囲気が違う。

もう、何んて言うか、ミスする雰囲気が無いんですよね。

皆さんにここまでなれ、とは言いませんが、4本のサーブをしっかりインで揃えることって、大事だと思いませんか?

私が対戦相手だったら、「ブレイクチャンス、少なそうだな・・・」と思いますね。

 

2.ミスしない選手、は最高のプレッシャーを武器に出来る

サーブなんて、特にそうですね。

ファーストサーブが入る選手は、やっぱりプレッシャーを武器に出来る。

ただ速いサーブ、より私は絶対に嫌です。

コンスタントに、ファーストサーブをしっかり入れてくる、揃えて来る相手は確実に強い。

リターン側にプレッシャーを与えて、ミスを誘うことが出来るのはこういうプレイヤーです。

ミスをしない、少ないということ。

これは、試合をするうえでこの上ない武器になるのです。

 

3.ウォーミングアップ、甘く見ないこと!

実際には、身体を動かして温まった状態でコートに入っていきたい。

そこで打つ4本のサーブは、もう本番仕様で。

それでも意識して、確率重視で4本入れる事。

そうすれば、きっとアナタも良い自信になって、乗っていけると思うんですよね。

ウォーミングアップは、コートに入る前。

コートに入ってからは、全てが見られる真剣勝負。

このことだけは、肝に銘じておいて損は無いです。

 

4.セカンドサーブ4本、で良いんじゃない?

私はいつも、このアップで試合に臨みます。

4本セカンドサーブを打つ。

もし1本でもミスしたら・・・「アップで良かった!」と、ここは前向きに。

セカンドサーブですから、しっかり入れて相手のリターンの反応を見る。

フォアとバック、グリップは?どちらで待っている?ポジションは?

こういう部分をチェックしますから、自分のチェックという感じでは無いですよね。

試合前の4球のサーブ、結構奥が深いと私は思いますよ。

 

毎回同じウォーミングアップ、どういうスタンスで臨むのか考えておくこと。

何も考えないと、何となくで終わって、何となくで試合に入る。

そんな試合は、絶対に勝てません。

4球をしっかり揃えて、相手にプレッシャーをかける。

自分自身は、乗っていく。

これを意識して、最初のウォーミングアップに臨んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. サーブ

    自分のナイスサーブを得点につなげる5つの法則

    試合の中で良いサーブが入る。でも、そこからどうするのかで得点…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    右利きの方は「ボールの少し右を捕らえるだけ」で、スライスサーブは簡単に打てます

    サーブに回転がかけられない、と悩んでいる方。難しいことは抜きに…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    試合に備えて積んでおきたい、サーブ&ボレーの基本練習5つ

    試合の中でサーブ&ボレーを入れていきたい、と考えているみなさんへ。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    スライスサーブでコーナーを突く為に、必要な5つのコツ

    試合で有効なスライスサーブ。しっかりコーナーを突いて、相手をコ…

  5. サーブ

    センターへのサーブのコントロール、を磨く方法5つ

    サーブはとにかく、センターに打ちたい。ダブルスをプレーしている…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    良いセカンドサーブがあるから、良いファーストサーブが打てるんです

    サーブが苦手で、振り切れない人。そもそも、ファーストサーブ、セ…

特集記事

  1. テニス ガット

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人ほど、「ロブが上がったら足が止まる」ことを再度意識してみよう…
  2. テニス 練習

    その他

    年末年始に「年越しオールナイトテニス」を楽しみたいなら、品川プリンスホテル隣の高…
  3. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレー習得に、必要な根気について
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでスピン回転がかからない人が、やりがちなミス5つ
  5. テニス

    テニス知識

    夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
PAGE TOP