サーブ

ボディに食い込むスライスサーブ、を覚えよう

目次

渋いけど、試合で使えるサーブ。

私は結構、このサーブを使います。

相手にバレても良いと思います、試合の現場では。

今のスライスサーブを少し改良して、狙いを定めて打ってみましょう。

きっと、試合で大活躍ですよ。

難しくないです!

ボディに食い込む、スライスサーブ。

これ、難しくないですよ。

みなさんが今打っているスライスサーブ、を少しコース変更するだけ。

でも良いサーブになりますが、せっかくですのでもっと回転量を増やしましょう。

打点の高さを調整して、バウンド後に滑りながら相手のボディに食い込むサーブ、をイメージしてみて下さい。

トスは低めでOK

トスは低め、でOK。

しっかり回転をかけたいので、ボールの横を無理なく打てる高さに調整しましょう。

低めのトスを、パッと上げてサッと打つ感じ。

少しクイックサーブのような感じ、だと上手くいきます。

回転量は多めに調整したいので、こするのではなくしっかりとボールの後ろを打って厚い当たり、をイメージしましょう。

曲がりが激しいことを重視して、最初は入らなくてOK。

コートに収めようと、振りの鋭さが無くなることが怖いので。

軌道はコート、地面と並行に

サーブの軌道は基本山なり。

でも、このボディへ食い込むサーブは、しっかりと直線的に打ちましょう。

ただ、上から下へのスウィングにはならないように。

地面と並行、くらいがちょうど良い軌道だと思いますよ。

まっすぐネットを越えて、そこから落ちていくような軌道。

コートと並行に打ち出す、くらいのイメージで鋭く振ってみて下さい。


どの程度曲がる?から逆算で

自分のサーブが、どれくらい曲がるのか。

それによって、ネットのどこの位置を狙うのか。

これをしっかり考えておく必要があります。

曲がり過ぎたら、フォアハンド側で叩かれたりしますからね。

ボディに食い込ませたいので、基本はバックハンド側を狙うようなイメ―ジで、軌道を逆算していく。

   

お勧めの練習法

もし出来るのであれば、ネットを張らないでサーブを打ってみる。

どれだけ曲がるのか、低いトスで打ってみる。

サーブを入れないといけない、と考えているとフォームや振りが弱くなりますから。

ネットを取る、下げる、をしてボールがどの程度曲がるのかを知る感じ、で練習してみましょう。

普通のサーブ練習、よりも効果的だと思います。




ボディに食い込むサーブ、を持っておくと楽。

ライン際、コーナーを狙う訳じゃないので、気持ちも楽ですからね。

試合でここぞ、という場面でも使えます。

厳しいリターンは来ないでしょうから、確実にポイントにつなげやすい。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス ボレー

    サーブ

    テニスにおけるサーブ&ボレーの基本は、「自分がサーブを打った方向に詰めていく」ポジショニング…

    サーブ&ボレー、の基本を見直すと、攻撃的なテニスが可能になる。…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い

    スピンサーブに必要な、身体の使い方。男性でも、結構頑張って胸を…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    試合で効果的なボディへのサーブは、「自分のサーブの曲がり具合」を見てコースを逆算しよう

    相手のボディ、正面のサーブは試合で有効。ですが・・・意外と、…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    「セカンドサーブを、少しだけパワーアップ」させたのが、アナタのファーストサーブです

    「ファーストサーブを入れること」の重要性は、何度も書いてきました。…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    「発展しないサーブとは?」打点を意識して変えることでアナタのテニスは勝てるように!

    サーブが入らないと試合にならない。そんなこと、誰でも知っている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 指導

    その他

    先輩やコーチからのアドバイスを、「やってみた上で断る判断をする」というのも、テニ…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」が勝負
  3. テニス メンタル

    ボレー

    苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう
  4. テニス 錦織圭

    フットワーク

    テニスの試合で「守備が苦手・・・」な人は、自分が打ったコースと守るテリトリーを意…
  5. テニス スライス

    ストローク

    ラリーをせずに、すぐに決めに来る相手への対策は?
PAGE TOP