サーブ

ボディに食い込むスライスサーブ、を覚えよう

渋いけど、試合で使えるサーブ。

私は結構、このサーブを使います。

相手にバレても良いと思います、試合の現場では。

今のスライスサーブを少し改良して、狙いを定めて打ってみましょう。

きっと、試合で大活躍ですよ。

難しくないです!

ボディに食い込む、スライスサーブ。

これ、難しくないですよ。

みなさんが今打っているスライスサーブ、を少しコース変更するだけ。

でも良いサーブになりますが、せっかくですのでもっと回転量を増やしましょう。

打点の高さを調整して、バウンド後に滑りながら相手のボディに食い込むサーブ、をイメージしてみて下さい。

トスは低めでOK

トスは低め、でOK。

しっかり回転をかけたいので、ボールの横を無理なく打てる高さに調整しましょう。

低めのトスを、パッと上げてサッと打つ感じ。

少しクイックサーブのような感じ、だと上手くいきます。

回転量は多めに調整したいので、こするのではなくしっかりとボールの後ろを打って厚い当たり、をイメージしましょう。

曲がりが激しいことを重視して、最初は入らなくてOK。

コートに収めようと、振りの鋭さが無くなることが怖いので。

軌道はコート、地面と並行に

サーブの軌道は基本山なり。

でも、このボディへ食い込むサーブは、しっかりと直線的に打ちましょう。

ただ、上から下へのスウィングにはならないように。

地面と並行、くらいがちょうど良い軌道だと思いますよ。

まっすぐネットを越えて、そこから落ちていくような軌道。

コートと並行に打ち出す、くらいのイメージで鋭く振ってみて下さい。


どの程度曲がる?から逆算で

自分のサーブが、どれくらい曲がるのか。

それによって、ネットのどこの位置を狙うのか。

これをしっかり考えておく必要があります。

曲がり過ぎたら、フォアハンド側で叩かれたりしますからね。

ボディに食い込ませたいので、基本はバックハンド側を狙うようなイメ―ジで、軌道を逆算していく。

   

お勧めの練習法

もし出来るのであれば、ネットを張らないでサーブを打ってみる。

どれだけ曲がるのか、低いトスで打ってみる。

サーブを入れないといけない、と考えているとフォームや振りが弱くなりますから。

ネットを取る、下げる、をしてボールがどの程度曲がるのかを知る感じ、で練習してみましょう。

普通のサーブ練習、よりも効果的だと思います。




ボディに食い込むサーブ、を持っておくと楽。

ライン際、コーナーを狙う訳じゃないので、気持ちも楽ですからね。

試合でここぞ、という場面でも使えます。

厳しいリターンは来ないでしょうから、確実にポイントにつなげやすい。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. ラジオ番組、始めました!

関連記事

  1. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレーの基本は、「しっかり打ってから前に出る」で良い

    サーブを打って前に出る、サーブ&ボレー。このハードルを高めてる…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    試合で効果的なボディへのサーブは、「自分のサーブの曲がり具合」を見てコースを逆算しよう

    相手のボディ、正面のサーブは試合で有効。ですが・・・意外と、…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い

    サーブの安定感に悩んでいる方、多いと思います。何を隠そう、私自…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは楽チンじゃないと」省エネテニスで試合を勝ち上がる為に

    テニスのゲームはサーブ・レシーブの形からスタートする。だからス…

  6. テニス ミス

    サーブ

    ダブルスの試合で、アドバンテージサイドからのサーブは、「前衛が協力してワイドのコースを空ける」ことを…

    ダブルスの試合、特に男性の試合ではサーバーが「どのコースにも打てる」と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークでミスが多い人は、「ほとんど横振りで打点がぶれている」ことに気付かない…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「前足?後ろ足?」テニスのストロークは素早い攻守の切り替えが必要なので・・・
  3. ダブルス

    相手の前衛の影響範囲は、相手によってかなり違うという事実
  4. ボレー

    ドロップボレーは、反応で打てるようになろう
  5. テニス リターン

    スマッシュ

    スマッシュを打った後、スタンス広めで次に備えること
PAGE TOP