テニス メンタル

サーブ

サーブに自信が持てない人は、「スライスサーブも縦に変化していくこと」が分かると、精神的に楽に打てます

試合で実際に使えるサーブ、を考えるとスライスサーブがお勧めです。

女性の方でも楽に打てますし、少し打点が低くても打ちやすい。

でも、「横に切れていく感じで、フォルトが怖い・・・」という声もよく聞きます。

ですが、よく打球の軌道をチェックしてみて下さい。

きっとあることに気付くはずです。

 

サーブに自信が持てない人は、「スライスサーブも縦に変化していくこと」が分かると、精神的に楽に打てます

 


 

■スライスサーブは、縦方向にも変化してる!

実はスライスサーブも、しっかり縦方向に変化してくれる。

横に切れるのはバウンド後、に大きな変化としてあるだけで、実は空中にあるうちは落ちていくように変化しています。

つまり、ネットすれすれを狙うのではなく、しっかり上を狙ってOK。

回転量をしっかり与えることが出来れば、自然に失速してサービスエリアに収まってくれるのです。

 

■回転量を与えるには、しっかりボールの横を打つことが大事

でも、「自分では良い回転がかかっているか、分からない・・・」という方も多いはず。

手首でこねまわすのではなく、まずしっかりボールの横半分にラケットを当てて、縦に切るようなスウィングにしてみましょう。

大げさにやって、全然飛ばなくてもOK。

しっかりボールが横にクルクル回転しているかどうか、じっくり見てみましょう。

回転していれば、ボールの速度は遅くなる。

そしてバウンド後に横に滑っていくような軌道、になるはずです。

サーブを入れようと思うのは、この後。

最初から入れよう、入れようと思っても、なかなか良い回転を打てる「当たり」は身に付きません。

 

■後はしっかり、試合の本番でラケットを振っていくだけ

回転のコツを覚えたら、あとはしっかり試合の現場でラケットを振ること。

これが出来るか出来ないかは、やるかやらないか。

失敗しても良いんです。

しっかりボールの横半分、を振り切って当てる勇気を持ちましょう。

縦方向に変化している、ことに気付けば、気持ち的にも楽に打てるはずです。

落ちてくれる、のでしっかりネットの高いところを通してもサーブは入るのですから。

 

スライスサーブは、回転をかければかけるほど安定します。

入れにいこうとラケットをゆっくりな振りにしたり、羽子板のようにフラットに当ててしまうとフォルトする。

縦方向の変化、をしっかり意識してみて下さい。

気持ちが楽になれば、ラケットは振れて良い回転がかかるはずです!

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    速いサーブはチャンスになる、という勘違い

    サーブを武器に、試合を戦いたい。特に男性なら、一度はそう考えま…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで力が伝わらない人は、肘が伸び切ってから打っている可能性大

    サーブを打つ時に、力が伝わっていない人の典型例。それって、肘が…

  3. サーブ

    「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサーブの大前提

    サーブの打ち方は人それぞれですが、良いサーブを打てる人に共通しているの…

  4. サーブ

    意外と自分のサーブは、横に曲がり過ぎているかも知れない

    サーブがどうも、走らない、威力が無いと感じている方へ。意外と、…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    右利きの方は「ボールの少し右を捕らえるだけ」で、スライスサーブは簡単に打てます

    サーブに回転がかけられない、と悩んでいる方。難しいことは抜きに…

  6. テニス サーブ

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    意外と打つ機会が多い、ネットに出たけどワンバウンドさせての処理について
  2. テニス ロブ

    ストローク

    攻撃出来るのにつないでしまう人は、「振り切るポイント」を作って何かをやり切ろう!…
  3. テニス マナー

    戦術

    自分の直感を大事にしないと、感性が磨かれず成長も無い
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    「毎日ちゃんとボレーボレー」でしっかり身に付くテニスの基本を再確認
  5. ストローク

    「ボールを飛ばす力」テニスの基本パワーは下半身から
PAGE TOP