サーブ

相手がリターンで何を待っているのか、をサーブ側で感じ取ろう

サーブを打つ前に、しっかり相手を見る。

私は、これが大事なことだと思っています。

シングルスでもダブルスでも、必ず相手は何かを待っている。

リターンの立ち位置、グリップ、雰囲気、全てを感じてサーブを選択していく。

これは、レベルに限らず必要なことだと思いますよ。

 

相手がリターンで何を待っているのか、をサーブ側で感じ取ろう

 


 

1.シングルスの試合なら、しっかり相手を感じること

リターンの相手が、何を待っているのか。

それを必死で考える、感じる。

アナタ自身、試合で勝ちたいならこれが出来るようにならないと。

特に、セカンドサーブなったときですね。

必ず、強い相手は何かしら予測をして、攻撃を仕掛ける準備をしていますから。

それを感じておけば、避けることも出来る。

避けないまでも、「やっぱり来たか!」という感じで、相手の攻撃に先回り出来る。

試合で、この差は大きいですよ。

 

2.ダブルスの試合なら、前衛が監視役になろう

ダブルスの試合は、ちょっと違います。

まず、サーブのコースを打ち合わせするのが基本ですので、決めたコースに打つのが大前提。

その中で、相手のより近くにいる前衛が、サーブの選手に「相手は今、こんな感じ」というのをしっかり伝えること。

フォアハンドで待っているのか、リターンダッシュを狙っているのか、何か特徴があるはずなんです。

サーブ側の選手よりも、せっかく近くにいる前衛がいますから、使わない手は無いですよね。

グリップを見るだけでも、「厚いフォアで待ってるな・・・」と、気付けるはずです。

 

3.「でも、サーブのコースは打ち分けられない・・・」という方は?

まず、練習しましょう。

しっかりサーブを打ち分ける、コースを変えることが出来ないと、試合では厳しくなる。

私は、サーブの威力を落としてでも、「打ち分けること」に舵を切った方が試合向きだと思いますよ。

ほとんどの「出来ない」という方は、サーブの威力を落としたくないんですよ。

でもそれって、無いモノねだり。

まずは出来ることから、コースを打ち分けるにはどの程度のスピードが良いのか。

そこから考える必要があるでしょう。

 

4.リターンの選手に、「迷い」を与えよう

そうしないと、ずっと苦しいです。

実際の試合を観ていると、みなさんのセカンドサーブはほとんど読まれて、打ち込まれて、どっちのサービスゲームなのか分からない。

そんな試合って、多くないですか?

これを避ける為に、サーブ側がリターン側の選手の待っているショットを感じること、それを避けること。

テニスの試合の大事な駆け引きって、まさにここですからね。

プロ選手じゃなくて、私たちの試合に必要な要素、です。

 

サーブのコースの打ち分け、これは「出来ればやる」レベルの話じゃない。

今、アナタ自身のレベルで、やるべきことなんです。

出来ないと、試合に勝てない。

リターン側に、どんどん読まれてチャージされてしまいますからね。

両サイドから、両コース、つまりは4つのサーブは絶対に取得するんだと。

その意気込み、で練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ダブって「ペアに申し訳ない」だけは、無しで

    ほとんどの人が、経験している感情だと思います。ダブルスの試合…

  2. サーブ

    シングルスの試合では、自分のサーブが攻略されるスピードも早い

    シングルスの試合、どうもサーブの調子が上がらないと感じる方へ。…

  3. サーブ

    サーブ&ボレーになるとサーブが乱れる人に、とっておきの秘策を

    試合でサーブ&ボレーになると、サーブ自体が乱れていく人、多いですよね。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ選手が弱気になったら、テニスの試合は絶対勝てない

    当たり前・・・とも言えるかも知れませんが、なかなか難しい問題。…

  5. テニス サーブ
  6. テニス サーブ

    サーブ

    スライスサーブでコーナーを突く為に、必要な5つのコツ

    試合で有効なスライスサーブ。しっかりコーナーを突いて、相手をコ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「初めてのテニスの大会で慌てない」為に、確認しておきたい5つの常識
  2. テニス セオリー

    その他

    テニスの試合の現場で、「セオリーにこだわり過ぎる人」は、セオリーに甘えて負けてい…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くな…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    強いテニス選手になりたいなら、「ドローを見て自分の行く末を予想する」癖を無くしま…
  5. テニス メンタル

    リターン

    「ビッグサーバーのブレイクが、難しい・・・」という方は、まず30-30のカウント…
PAGE TOP