テニス メンタル

リターン

思い切りの良いリターンでは、「フォアかバックかを決めて待つ」くらいの気持ちが大事

錦織選手の活躍のニュースが続く全仏オープン。

何と言っても、リターンが大きな武器になっていますよね。

私たちでも何か真似できる部分は無いか・・・と考えたときに、私から提案したいのはこれだけ。

特に相手のセカンドサーブでは、思い切った山を張ってグリップも準備して待ちましょう!

 

思い切りの良いリターンでは、「フォアかバックかを決めて待つ」くらいの気持ちが大事

 


 

■セカンドサーブでコースを突ける選手は、少ない

プロ選手の試合を観ていても、セカンドサーブで厳しいコースを突くことは少ない。

ましてや一般の大会では、「まず入れること」を重視している選手がほとんどですよね。

であれば、アナタの得意なショットで攻撃していくのに、その準備は早くてOK。

フォアハンドで回り込むのも良し、バックハンドで攻撃していくのも良いでしょう。

大事なのは、しっかりグリップを決めて待つ、前に入って攻撃していくことが大事です。

 

■打った後のことも考えるけど、まずはしっかりアタック!

何もかも正確に、慎重に・・・という感じも大事ですが、もっと大事なのはしっかり「攻撃する」こと。

リターンで攻撃していくときには、コンパクトなテイクバックが不可欠ですよね。

ポジションを前にしますから、ある程度「隙」が出来てもしょうがない、くらいのイメージを持ちましょう。

 

■もし、厳しいコースで「逆球」が来たら・・・なんて考えない

もし厳しいコースに来たら・・・なんて考え出したら、きりが有りません。

これはもう、捨てる。

偶然の相手のナイスショットか、もしそれが実力なら攻撃的なリターンは無理、と諦めて下がりましょう。

はっきり割り切った作戦にすることで、しっかり攻撃が出来るし前にもいける。

駆け引きの要素がありますので、全部をカバーしようなんて欲を出してはいけません。

 

どこかを「捨てる」ということが出来ない人は、テニスの試合で勝てない。

何となく攻めて、何となく守って勝てるのは格下相手だけ。

自分より強い相手に勝ちたければ、当然リスクも必要です。

せっかくリスクを冒すなら、相手のセカンドサーブをしっかり攻撃していく姿勢を見せたい。

相手にとって、それが一番嫌な攻撃の一つなのですから。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    リターンのグリップは、フォアハンド?バックハンド?

    リターンのときに、みなさん、まずはグリップが大事。ここ、あやふ…

  2. リターン

    リターンからの攻撃力を、今すぐアップする方法

    リターンの攻撃力アップ、これは試合の結果に直結します。前に入る…

  3. リターン

    「レシーブ用ストローク」を自分なりにカスタマイズしてテニスの試合に挑もう!

    レシーブはストロークである。ストロークがちゃんと打てれば、レシ…

  4. テニス リターン

    リターン

    速い球を待って、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う

    「速い球と遅い球、どっちに合わせていくのが良いんでしょうか?」…

  5. テニス 居場所

    リターン

    サーブがなかなか入らない相手ほど、実はリターンは難しい

    何となく相手のサーブが調子悪そうなのに、ブレイク出来ない。こう…

  6. リターン

    ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

    ダブルスの試合のリターンゲーム。みなさん、どういう戦い方がメイ…

特集記事

  1. サーブ

    サーブを打った後に構えるのが遅い人は、「まず利き腕で無い手でラケットのスロートを…
  2. シングルス

    シングルスのネットプレーに必要な、基本ポジショニングの意識
  3. テニス 戦術

    メンタル

    自分には応援してくれる人がいる、ということを忘れてはいけない
  4. テニス ストローク

    リターン

    逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる
  5. フットワーク

    テニスの試合では、「ギリギリのボールをがむしゃらに処理しない」だけで得をすること…
PAGE TOP