リターン

「レシーブ用ストローク」を自分なりにカスタマイズしてテニスの試合に挑もう!

レシーブはストロークである。

ストロークがちゃんと打てれば、レシーブも上手いかと言うと・・・ちょっと違うかも。

ストロークなんだけど、なんせ打ってくる相手はサーブなので、通常のストロークラリーの時と状況は変わってくるからね。

 

「レシーブ用ストローク」を自分なりにカスタマイズしてテニスの試合に挑もう!

 


 

その違う部分をしっかり抑えておけば、ストロークの技術をレシーブに生かすことが出来る。

まず違うのは、相手ショットはサービスラインよりも間違いなく浅く来るということ。

 

通常のストロークラリーだと、ベースライン近くの深いショットを相手は打とうとすることが多いでしょ?

でもサーブでそこまで飛んできたら、フォルトだ。

サービスエリアに入れなきゃいけないサーブをレシーブは打つわけだから、常に前へ詰める動きが伴うわけだ。

 

もし相手が200キロの強烈サーブを打ってきたとしても、前へ詰めるんだよ

「強烈だから待っていよう」って思うと余計に打点が、食い込まれてボールに負けてしまうんだよ。

それから「一発目のショットなんだ」ってことも意識するべき。

 

何本かラリーが続くとショットの調子は上がってくる

でもレシーブって最初の一発だから、その分リズムが作りにくいし、スコアや状況なんかを意識しやすいからビビッた時、焦った時なんかはその影響を受けやすい。

思った以上に、安定感が崩れやすいんだよ。

それらのことを配慮すると、まずはしっかり詰めながら打てるようにするためにも、テイクバックは素早くコンパクトな形で出来るようにしたいし、ライジングで打てるようにしないとボールが飛んでくるのを待ってしまいやすい。

それから安定感を崩さないようにするためにも回転量を多くするための、上下動を意識したスイング、そしてしっかり振り抜くスィングが必要。

 



 

更に強烈なサーブや極度に緊張する場面を想定すると、スライスレシーブもちゃんと用意しておくべきだね

となると、トップスピンレシーブとスライスレシーブの打ち分けも練習しておかなきゃ。

基本的にストロークショットなんだけど、やっぱりレシーブは通常のストロークと違う。

もし同じ感覚でレシーブ打っている人はもう少しアレンジして、レシーブ用ストロークを開発してもらいたい。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である

    試合前のサービス練習。よくあるのが、4本だけ打って試合開始、と…

  2. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合、「トスに勝ってリターンゲームから始める」ことで得られるメリット3つ

    試合前のトスアップ、アナタはいつもどんなスタンスで臨んでいますか?…

  3. テニス 戦術

    リターン

    セカンドサーブからのリターンダッシュ、はロブケアとセットで実行しよう

    ダブルスの試合で、相手のセカンドサーブ。リターンの場面で、ここ…

  4. テニス サーブ

    リターン

    中級レベルの相手の試合なら、センターへのサーブは捨てても良い

    テニスの試合、しっかり相手のレベルを見極めること。それは、まず…

  5. リターン

    相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!

    アナタ自身が、リターンのときに。このチャンスタイムを使わない手…

  6. リターン

    フォルトも打ち返す、そんな気概でリターンを

    相手のサーブが、微妙なところに入る。インと言えばイン・・・の…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は「攻撃をしかけるタイミングが大事!」攻め急いでも自滅するだけ
  2. テニス ボレー

    練習メニュー

    マンネリ化しがちな「ボレーボレーの練習」の、最初の球出しを工夫すれば実戦的なメニ…
  3. テニス知識

    暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    速いストロークについていけない人は、少し下がって速い準備で
  5. テニス メンタル

    その他

    テニス部の練習に、「大きな声出し」は必要だろうか?を考えてみる
PAGE TOP