テニス 気付き

ストローク

「たかがショートラリー、されどショートラリー」は、テニスの試合で使える大事な要素が詰まっている!

「さぁ、今からテニスをやろう!!」

ってコートに立った時、最初に何をする?

試合の時は違うけど、練習となるとまずはショートラリーからスタートする人、多いんじゃない?

俺も色んな選手と練習したけど、ショートラリーからスタートすることが多かった。

 

「たかがショートラリー、されどショートラリー」は、テニスの試合で使える大事な要素が詰まっている!

 


 

でもあのショートラリーって、お互い近い距離でゆっくりと打ち合うから簡単そうに思うけど、意外とテクニックが必要なんだよね。

だから結構ショートラリーに手間取っている人をよく見かけるが、ショートラリーテクニックは試合の中でもかなり有効なんだよ。

だからショートラリーは単なる練習最初のウォーミングアップと考えないで、しっかり練習してその技術を磨いてもらいたい。

 

その前に、なんでショートラリーから練習を始めるんだろう

ボール自体はゆっくりだから、リラックスして始められるというのが主な理由かな。

「最近調子どう?」「どういう練習する?」なんて話をしながらショートラリーを行い、体の動きを確かめつつ、気持ちも段々高めていくのだ。

慣れた人には簡単なんだけど、簡単に感じる理由は、相手との距離が近いし、ボールがゆっくりだからコントロールしやすいってことかな。

でもこの「相手と近い」「ボールがゆっくり」ってことが、逆に難しい要素でもあるんだよ。

 

まず相手と近いってことは、ボールを短く打つテクニックが必要でしょ?

そのためには回転を加えることが必要となるし、距離が近いから、素早い構え直しも出来ないといけない。

この「回転」と「早い構え直し」は、ある程度相手との距離があって、速いショットでのラリーだとやりやすいし、意識もしやすい。

でもショートラリーはゆっくりのラリーでやらなきゃいけないから、それがまた余計に難しくしているんだよ。

ゆっくりなボールを見ると、打つ準備までゆっくりになってしまう人と、回転をかけるための振り抜きが出来ない人は、まずここでつまずくのだ。

 



 

それから近距離の相手とのラリーだから、当然ゆっくりのスピードのボールでもテンポが早くなる

ということは、すぐショットが返ってくるから構え直しも早くしないといけないし、近距離ということは相手ショットのバウンド地点も近くなりやすいから、ライジング気味になることにも多い。

だからスィングはあまりテイクバックが大きくないコンパクトな打ち方の方がいいよね。

大きなテイクバックとゆったりとしたバウンドしか打てない人も、やっぱりショートラリーは苦手と感じやすい。
ということで、まとめると・・・。

 

素早い構え直しと、ライジング気味のコンパクトスィング

しかもその打ち方で回転を掛けてボールを短く打てて、尚かつゆっくりとしたスピードで打てるテクニックがショートラリーには必要ということになる。

これらを身に付けたとすると、試合の中でどう生かされるかって?

ショートラリーをする時に立つのはサービスライン付近でしょ?

そこできっちりプレーが出来るってことは、ベースラインでのストロークプレーとネットプレーを繋ぐ架け橋になってくれるのだ。

次、テニスする時意識してショートラリーをしてごらん。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    現代テニスの代表格、フォアハンドストロークのクロス方向への切り返しを練習しよう

    シングルスの試合、相手を左右に走らせて、よし・・・と思ったら、クロスコ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で、「コンパクトなワイパースィングで浅いボールをコントロール」出来ると、しっかり相手…

    浅いボールを相手から引き出したら、シングルスの試合では相手を追い込む攻…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    将来テニスコーチを目指す人は、片手バックハンドをしっかり使えるようになろう!

    最近頂いたご質問の中で、「大学生になったらテニスコーチのアルバイトをし…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのフォームが大きい人ほど、崩しやすいのがテニス

    試合が始まると、相手のストロークを観察してみて下さい。不思議な…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    攻めのスライスと守備のスライス、はココを変えてメリハリを付けていこう

    スライスのストロークのメリット、それは攻撃と守備の両方で使えるというこ…

  6. テニス リターン

    ストローク

    シングルスの試合では、浅いボールで攻撃していくときこそ「軌道高め」のストロークを意識しよう

    シングルスの試合で、しっかり攻撃していくには何が必要か。まずは、相…

特集記事

  1. ストローク

    相手の打つボールが、「スピンなのかスライスなのか?」を予測する為に必要な観察箇所…
  2. テニス 客観視

    その他

    嫌なことは早く終わらせたい感、全部外に出てますよ
  3. テニス メンタル

    その他

    アナタの過去が正しかったかどうかなんて、未来と他人が決めてくれるはず
  4. 日々の雑記

    第3回 読者ミーティングを実施しました
  5. ロブ

    女子ダブルスで有効なのは、触らせる低いトップスピンロブ
PAGE TOP