テニス 気付き

ストローク

「たかがショートラリー、されどショートラリー」は、テニスの試合で使える大事な要素が詰まっている!

「さぁ、今からテニスをやろう!!」

ってコートに立った時、最初に何をする?

試合の時は違うけど、練習となるとまずはショートラリーからスタートする人、多いんじゃない?

俺も色んな選手と練習したけど、ショートラリーからスタートすることが多かった。

 

「たかがショートラリー、されどショートラリー」は、テニスの試合で使える大事な要素が詰まっている!

 


 

でもあのショートラリーって、お互い近い距離でゆっくりと打ち合うから簡単そうに思うけど、意外とテクニックが必要なんだよね。

だから結構ショートラリーに手間取っている人をよく見かけるが、ショートラリーテクニックは試合の中でもかなり有効なんだよ。

だからショートラリーは単なる練習最初のウォーミングアップと考えないで、しっかり練習してその技術を磨いてもらいたい。

 

その前に、なんでショートラリーから練習を始めるんだろう

ボール自体はゆっくりだから、リラックスして始められるというのが主な理由かな。

「最近調子どう?」「どういう練習する?」なんて話をしながらショートラリーを行い、体の動きを確かめつつ、気持ちも段々高めていくのだ。

慣れた人には簡単なんだけど、簡単に感じる理由は、相手との距離が近いし、ボールがゆっくりだからコントロールしやすいってことかな。

でもこの「相手と近い」「ボールがゆっくり」ってことが、逆に難しい要素でもあるんだよ。

 

まず相手と近いってことは、ボールを短く打つテクニックが必要でしょ?

そのためには回転を加えることが必要となるし、距離が近いから、素早い構え直しも出来ないといけない。

この「回転」と「早い構え直し」は、ある程度相手との距離があって、速いショットでのラリーだとやりやすいし、意識もしやすい。

でもショートラリーはゆっくりのラリーでやらなきゃいけないから、それがまた余計に難しくしているんだよ。

ゆっくりなボールを見ると、打つ準備までゆっくりになってしまう人と、回転をかけるための振り抜きが出来ない人は、まずここでつまずくのだ。

 



 

それから近距離の相手とのラリーだから、当然ゆっくりのスピードのボールでもテンポが早くなる

ということは、すぐショットが返ってくるから構え直しも早くしないといけないし、近距離ということは相手ショットのバウンド地点も近くなりやすいから、ライジング気味になることにも多い。

だからスィングはあまりテイクバックが大きくないコンパクトな打ち方の方がいいよね。

大きなテイクバックとゆったりとしたバウンドしか打てない人も、やっぱりショートラリーは苦手と感じやすい。
ということで、まとめると・・・。

 

素早い構え直しと、ライジング気味のコンパクトスィング

しかもその打ち方で回転を掛けてボールを短く打てて、尚かつゆっくりとしたスピードで打てるテクニックがショートラリーには必要ということになる。

これらを身に付けたとすると、試合の中でどう生かされるかって?

ショートラリーをする時に立つのはサービスライン付近でしょ?

そこできっちりプレーが出来るってことは、ベースラインでのストロークプレーとネットプレーを繋ぐ架け橋になってくれるのだ。

次、テニスする時意識してショートラリーをしてごらん。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク戦で「先に走らされてるな・・・」と感じたら、ラリーの中でイーブンに戻すことを意識しましょう…

    ストロークで実力差があると、どうしても受け身になって「走らされる」こと…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    「ストロークをどこに打つのか?」ラリーの中でコースを決めるタイミングは・・・?

    ストロークのコースの打ち分け、テニスの基本中の基本。それでも上…

  3. ストローク

    エグいスライスは、腕の振りを〇〇で!

    試合で相手を追い込む、鋭いスライスを打ちたい。エグいスライス…

  4. ストローク

    「高い打点・・・厄介だね」テニスの試合で力が入り辛いボールの処理方法とは?

    テニスの中で重要なことは、相手が取れないくらい凄いショットより、相手が…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    相手の大チャンスで、「あえてオープンスペースに動かない」と、思わぬ効果が!

    もう、どう考えても「失点濃厚」な場面、ありますよね。試合で、大…

  6. ストローク

    フワッとしたネット際のボールは、前に詰めながら攻撃!

    緩い、フワッとしたボレーが苦手な方。ネット際に浮いたボールを、…

特集記事

  1. テニス 客観視

    戦術

    学生選手もベテラン選手も、テニスは「筋力アップよりもしっかりボールに力を伝えるこ…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスにおいて、「サーブはスピードよりもリターナーの位置を確認」するだけで、エー…
  3. 戦術

    テニスの試合で勝つには、「数的センス」が必要
  4. テニス リターン

    フットワーク

    「まず準備!」テニスに必要な素早い横向きの意識を身に付ける為に
  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分の嘘は、試合でアナタの足を引っ張り続けることになる
PAGE TOP