テニス 気付き

ストローク

「たかがショートラリー、されどショートラリー」は、テニスの試合で使える大事な要素が詰まっている!

「さぁ、今からテニスをやろう!!」

ってコートに立った時、最初に何をする?

試合の時は違うけど、練習となるとまずはショートラリーからスタートする人、多いんじゃない?

俺も色んな選手と練習したけど、ショートラリーからスタートすることが多かった。

 

「たかがショートラリー、されどショートラリー」は、テニスの試合で使える大事な要素が詰まっている!

 


 

でもあのショートラリーって、お互い近い距離でゆっくりと打ち合うから簡単そうに思うけど、意外とテクニックが必要なんだよね。

だから結構ショートラリーに手間取っている人をよく見かけるが、ショートラリーテクニックは試合の中でもかなり有効なんだよ。

だからショートラリーは単なる練習最初のウォーミングアップと考えないで、しっかり練習してその技術を磨いてもらいたい。

 

その前に、なんでショートラリーから練習を始めるんだろう

ボール自体はゆっくりだから、リラックスして始められるというのが主な理由かな。

「最近調子どう?」「どういう練習する?」なんて話をしながらショートラリーを行い、体の動きを確かめつつ、気持ちも段々高めていくのだ。

慣れた人には簡単なんだけど、簡単に感じる理由は、相手との距離が近いし、ボールがゆっくりだからコントロールしやすいってことかな。

でもこの「相手と近い」「ボールがゆっくり」ってことが、逆に難しい要素でもあるんだよ。

 

まず相手と近いってことは、ボールを短く打つテクニックが必要でしょ?

そのためには回転を加えることが必要となるし、距離が近いから、素早い構え直しも出来ないといけない。

この「回転」と「早い構え直し」は、ある程度相手との距離があって、速いショットでのラリーだとやりやすいし、意識もしやすい。

でもショートラリーはゆっくりのラリーでやらなきゃいけないから、それがまた余計に難しくしているんだよ。

ゆっくりなボールを見ると、打つ準備までゆっくりになってしまう人と、回転をかけるための振り抜きが出来ない人は、まずここでつまずくのだ。

 



 

それから近距離の相手とのラリーだから、当然ゆっくりのスピードのボールでもテンポが早くなる

ということは、すぐショットが返ってくるから構え直しも早くしないといけないし、近距離ということは相手ショットのバウンド地点も近くなりやすいから、ライジング気味になることにも多い。

だからスィングはあまりテイクバックが大きくないコンパクトな打ち方の方がいいよね。

大きなテイクバックとゆったりとしたバウンドしか打てない人も、やっぱりショートラリーは苦手と感じやすい。
ということで、まとめると・・・。

 

素早い構え直しと、ライジング気味のコンパクトスィング

しかもその打ち方で回転を掛けてボールを短く打てて、尚かつゆっくりとしたスピードで打てるテクニックがショートラリーには必要ということになる。

これらを身に付けたとすると、試合の中でどう生かされるかって?

ショートラリーをする時に立つのはサービスライン付近でしょ?

そこできっちりプレーが出来るってことは、ベースラインでのストロークプレーとネットプレーを繋ぐ架け橋になってくれるのだ。

次、テニスする時意識してショートラリーをしてごらん。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    回転をたくさんかけるのが、良いショットだと思う?

    ストロークのボールの回転量、みなさんどうでしょうか?多いと思う…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの壁は、前足で作る!

    攻撃的なストロークを、いかに安定させるか。これが出来れば、きっ…

  3. ストローク

    「走らされても安定感」テニスの試合で差が出る前への動きと対応方法

    皆、しっかり練習してるかい?安定したショットと攻撃のショットの…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    アナタにとって、「バックハンドストロークの試合の中での位置づけ」は、ハッキリしているだろうか?

    「とにかくまずは、相手のバックハンドを狙え」というのが、テニスの試合で…

  5. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく

    「これからトレーニングを頑張ります!」そう言ってきた高校生の選…

  6. ストローク

    「ラケットを振り抜けない君へ」テニスの試合ではボールとの距離感が重要!

    苦手ショットの時に、ラケットを振り切れない人が多い。ま、苦手だ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    日々の雑記

    みんなで強くなることが、大きな相乗効果を生む
  2. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスについて、「知っている」のと「考える」のとでは、成長の度合いが全く違います…
  3. 戦術

    試合で分からないときは、センター試験と一緒
  4. テニス トレーニング

    メンタル

    テニス界でも、「実力が無いのに知ったかぶりな人」は自分を苦しめるだけ
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    こねればこねる程、ボレーは点でしか合わせられなくなる
PAGE TOP