テニス メンタル

ストローク

試合でエースを欲しているときは、アナタの歯車が狂い始めている予兆

私がつい最近、改めて感じた事。

試合の中で崩れていく・・・ときのきっかけは、いつも大抵こんなとき。

エースを狙うって、テニスでは本当に難しいんです。

 

試合でエースを欲しているときは、アナタの歯車が狂い始めている予兆

 


 

1.「強引になっているかも」と試合中に気付けるかどうか

試合では、練習と違ってスコアが付く。

毎回ポイントは違うし、その時々で感情も変わってくる。

負けていれば挽回したいし、勝っていれば差を拡げていきたい・・・のは自然な考えですが、つい力が入ってしまうのは試合の性。

テニスの試合では、「強引になる」と大抵が上手くいかない。

強引になると、エースを狙いたくなる衝動にかられてしまいますよね。

この自分に、まず気付いてブレーキがかけられるかどうかが大事です。

 

2.試合巧者の相手は、アナタに甘い罠を仕掛けて来る

「強引に打って、ミスする相手」と分かると、試合はやりやすい。

アナタも実際、対戦相手がそういうタイプだったこと、ありますよね?

であれば気持ちは分かるはず。

相手のミスが多いポイントに、あえて甘いボールを打ってミスを誘ってくるような相手、テニスの世界ではたくさんいます。

強打してミス、しているのではなくさせられている。

シングルスの試合では、自分でこれに気付かないとすぐに試合が終わってしまうのです。

 

3.「エースを欲しているとき」こそ、しっかりラリー回数を稼ごう

エースを欲しているときこそ、あえてつなぐ。

相手とラリーしていこうという意識が大事。

調子が良いとき、ほど自分を冷静に客観視して、ペースをコントロールしないといけないのです。

「調子が良いときに、エースを量産」するのは・・・ちょっと危険。

だって入らなくなったときに、相手の情報も何も無い訳ですから。

しっかりテニスをさせる、観察しておくことは大事。

エースを欲しているときは、大抵そういう冷静な頭になれていないときです。

 

結果的にエースになることはあっても、強引に一発で決めることはテニスではやらない方が良い。

プロ選手の試合のエース、あれも「結果的なエース」であって強引なショットは少ない。

もっと速く打とうと思えば、彼らは速く打てるはず。

表面的な華やかさに、惑わされないように。

しっかり自分自身を見つめながら、試合を進めていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    強烈なスピン回転のストロークに対抗するには?

    全仏オープンの試合を観ていると、強烈なスピンのストロークは本当に厄介。…

  2. ストローク

    「バウンドする頃には・・・」構えてももう遅い!テニスのストロークでは致命的なこのポイント

    ストロークのフォームチェックの為によく動画撮影を行う。その時、…

  3. ストローク

    「ハードコートでのストローク戦がきつい!」ヘビーなトップスピンストローカーへの対策4つ

    錦織選手のストロークの魅力の一つは、バウンド後も勢いを失わないストロー…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは攻撃的な時ほど、ラケットスウィングは小さくなる

    テニスの試合で、どこにミスが出やすいのか。それって、実は「攻撃…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    バックハンドストロークのラリーから攻撃する、「ダウンザラインへの展開」を磨いて試合で使おう!

    最近は男女共に日本チームが活躍している、世界卓球の試合を観ている方、た…

  6. ストローク

    「深いストロークはなぜ有効なのか?」についてハッキリさせておこう

    試合の中で、練習の中で「深いストローク」は基本中の基本。改めて…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「粘れるネットプレイヤー」に必要な、守備力を高めるオープンスタンスボレーの有効な…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実
  3. ダブルス

    雁行陣相手のポーチ、どこを狙う?
  4. テニス スライス

    スマッシュ

    バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう
  5. テニス ステップ

    ストローク

    ストロークのテイクバックが遅い人が、自分を変える為に必要な5つのポイント
PAGE TOP