テニス ボレー

ストローク

ストロークのラリー戦で鍵となる、「クロス方向への深いショット」を打つ為のコツ5つ

試合で使うストロークと言えば、まずはクロスのコース。

クロスにしっかりとしたボールを打っていけば、シングルスでもダブルスでも主導権はアナタのモノになるでしょう。

今回は深さをしっかり出す為に、意識したいことをまとめてみました。

普段の練習から、深いラリーをチーム内で実施できるようになれば、団体戦としても強いチームになれるはず。

ぜひ、試してみて下さい。

 

ストロークのラリー戦で鍵となる、「クロス方向への深いショット」を打つ為のコツ5つ

 


 

1.下半身から腰の回転を使う

オープンスタンスでも、クローズドスタンスでも、しっかり下半身から力を伝えたい。

骨盤から反応させていくことが大事。

下半身を使う、為にはまず速いテイクバックとスタンスを決めること。

この状態がしっかり作れれば、クロス方向へのショットも力強さが増していくでしょう。

上半身の力で強引にクロス方向へ持っていくのは、危険です。

特にレベルが高い相手になれば、小手先だけのコース変更は通用しないと覚悟しましょう。

 

2.ストロークの軌道をしっかり高く保つ

軌道の高さは、皆さん勘違いしてそうな気がします。

低くて速いボールは、良いショットではありません。

高くて重たい、バウンド後にしっかり伸びていく打球こそ、試合で使える「良いボール」になります。

クロスへのコースは距離も長いので、ある程度高い弾道でもアウトはしないと思っておいて良いでしょう。

打点を高く、前に保つことがまず重要です。

 

3.軌道の頂点を相手のネットの向こう側に設定する

2.の軌道を高くに関連しますが、自分のストロークの軌道の頂点、どこに設定していますか?

何も意識しないでいると、ネットの上くらいに何となく設定されているケースが多いように思います。

その頂点を、少し相手側に寄せるだけで、自然に深さが出てきます。

プロ選手の試合をぜひ、コート横から観る機会があれば観てみて下さい。

その頂点は、かなり相手のコート側に設定されているはずです。

 

4.フォロースルーを高い位置まで

フォロースルーを高い位置にすれば、自然に下から上のスィングになって深さが出ます。

その為には、肘をどの位置までもっていくか、が重要。

どんな動作にも、必ず終わりの地点はあります。

その地点を自分の中でどう設定しているか・・・を確認してみましょう。

ボールを打つまでが大事、ではなく打ち終わりの形を安定させることが大事です。

 

5.打点に顔を残して身体が開かない

クロス方向に打とうとすると、身体が開いてしまう選手が多い。

特にバックハンドのストロークではその傾向にあるようです。

顔を残す、身体を開かないように、例えば片手バックハンドの方であれば反対の腕を後ろに引く、という基本を見直してみて下さい。

「深く打つぞ!」という意識が強いと、どうしても身体が打った方向へ向いてしまいがちです。

大事な場面ほど、しっかり良いフォームでボールを打つ。

そのフォームの中に打点が入ってくるように、フットワークを調整していきましょう!

 

クロスラリーを試合の中で制することが出来れば、自信になります。

シングルスではネットプレー、ダブルスであれば前衛のポーチを活かすような攻撃手段になります。

逆に押されてばかりいると・・・いつまでも相手に主導権を握られたままで、辛い状況が続いていく。

今回のポイントは基本中の基本ですので、改めて意識してクロスラリーを磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. ストローク

    骨盤を動かして腰を回すと、コントロール力アップ!

    試合でコントロールが良い選手、憧れますよね。最近のラケットやガ…

  2. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく

    「これからトレーニングを頑張ります!」そう言ってきた高校生の選…

  3. テニス ミス
  4. ストローク

    ストロークを沈めようとしてネットしてしまう人は、今一度相手のポジションをよく見て判断しよう

    ストロークに自信がある人、ほどはまりやすい落とし穴がある。そう…

  5. テニス リターン

    ストローク

    バックハンドストロークが弱々しい時、後ろ足が上がってませんか?

    ストロークで押されて失点する時は、ほとんどバックハンド。バック…

  6. テニス スライス

    ストローク

    「スライスでの粘りのストローク」を身に付けておくと試合でピンチの場面で助けになります

    もしアナタがテニス部、またはテニスサークルの中で実力が真ん中くらいであ…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブを打つポジション」で実力がある程度分かってしまう、その理由とは?
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスで「ダブルフォルト連発病」が治るかも知れない5つの改善策
  3. テニス ロブ

    ストローク

    相手のアングルショットを予測することは、ナイスカウンターへの第一歩
  4. 日々の雑記

    最近インスタグラムで見つけた、面白いトレーニング動画
  5. 戦術

    いつも必死の形相でボールを打つ人に、勝てそうな雰囲気は生まれない
PAGE TOP