テニス ミス

練習メニュー

「ノーミス」の掛け声を、練習中に自分からかけていこう

試合でミスが多い、自滅していく試合が多いと感じているみなさん。

客観的に振り返って、練習の感じはどうでしょうか?

私は、そこに大きな改善のヒントがあると思いますよ。

小さいキーワード、自分へのひと声。

こういうところは、自分で見つけて変えていくしかないんです。

 

「ノーミス」の掛け声を、練習中に自分からかけていこう

 


 

1.試合と練習のミスの数は、比例する

私なりに、今まで見てきた経験ですと、こうです。

試合でミスが多い人は、練習も多い。

試合と練習って、さほど変わらないですよ、ミスの数。

むしろ、試合では相手やシチュエーションでプレッシャーがかかるので、通常はミスが増えると思っておいて良い。

だからこそ、大事なのは「練習で、いかに小さいミスを減らしていくのか」じゃないでしょうか。

普通にボールを打って、ミスは減らない。

小さいキーワード、から変えていきましょう。

 

2.「ここから、ノーミス!」と自分で声をかける

ほとんどの練習は、どこかで切れ目がありますよね。

3分間でローテーションしていくような練習、または3球使ったら交代、みたいなルールがあると思います。

そういう時に、例えば最初にミスから入ってしまうと・・・「よし、ここからは絶対ノーミス!」と自分に声をかける。

だって、志位あならそうじゃないですか。

ゲームの最初のポイントを落としたら、もう厳しい。

その後ノーミスでいかないと、すぐにゲームを取られてしまいます。

こういう意識、に練習から火を付けていく。

そうしないと、試合で出来る訳が無いんです。

 

3.「ノーミス!」のスイッチを入れたら、何を変える?

これは、アナタに対する質問です。

「ノーミス!」が言葉だけになってはいけない。

どう、テニスを変えていくのか。

私なら、軌道を上げてスライスを中心にして、とにかく予測の精度を高めて集中する。

ネットミスだけはしない、相手が攻撃に来た隙を突く。

こういう基本、を「ノーミス」のひと声で、自分にスイッチを入れる。

小さいことですが、こういう声が練習から出るかどうかなんです。

じゃないと、アナタ自身の練習が、何も試合で活かされないですからね。

 

4.誰も「真剣度」を注意はしてくれない

ましてや、大人になればそうですよね。

普通にやっていれば、ミスしても何も言われない。

テニススクールではお客さん、サークルではみんな自分のことで意識がいっぱいですから。

アナタ自身の真剣度、について誰も指摘はしてくれない、そもそも分からない。

自分で、しっかりノーミスの声をかけられるかどうか。

しっかり、考えて練習を変えていく時期、でしょう。

 

自分で練習中にどういう声をかけるのか。

こういう習慣が、試合でもコートで助けてくれる。

大きな声で叫んだり、嘆いたりしているだけじゃ、勝てないですよ。

小さく、それでも力強い声で、「ノーミス」。

これで本当に、ミスは減りますよ。

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「このままじゃ、勝てない」と、練習で気付けるようにならないと

    毎日の練習、皆さんはどんな環境で行っていますか?自分より上手い…

  2. テニス サーブ

    練習メニュー

    ウォーミングアップと練習開始の境目、明確になってる?

    私がみなさんの練習、を見ていて感じること。テニススクールでもそ…

  3. 練習メニュー

    上級男子ダブルス、に必須の練習とは?

    男子ダブルスの試合で、もっともっと、上の相手に勝ちたい。そう考…

  4. テニス イベント

    練習メニュー

    「毎日のテニスの練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう

    「苦しいことを強要する」つもりは、毛頭ありません。ですが、アナ…

  5. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう

    みなさんも、普段の練習で実践する機会あると思います。球出しや2…

  6. テニス 知識

    練習メニュー

    基本とは、あくまで9割の人に共通する理屈のこと

    「基本って、何ですか?」と、たくさんの人に聞かれます。これは非…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、あの技術が無いとリターンで苦労する
  2. テニス ラケット

    ストローク

    コースを打ち分ける時に、どこを変えるの?
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブを打つポジション」で実力がある程度分かってしまう、その理由とは?
  4. その他

    「テニスの試合が行われる3つのコートサーフェスの戦い方」について、しっかり特徴を…
  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ
PAGE TOP