テニス メンタル

戦術

自分のマッチポイントでは、「攻撃的にいくか?守備的にいくか?」はしっかり考えておこう

大事なポイントでは、誰でも緊張する。

それを「メンタルが弱い」という言葉で片付けるのは、いかがなものか。

実力不足は、作戦準備で補える。

作戦といっても、大それたものでなくてOK。

例えばマッチポイントのような大事なポイント、は事前に決めておきたいですね。

 

自分のマッチポイントでは、「攻撃的にいくか?守備的にいくか?」はしっかり考えておこう

 


 

1.全体の方針だけ決めておけば、迷いなくプレー出来る!

例えば私は、自分のマッチポイントでは「絶対に攻撃的にいく」ことを意識しています。

試合前、前日から決めておく。

理由は、攻撃的なプレーで失点しても流れを渡さないから。

消極的なプレーで粘るのも、もちろん有り。

ただ私はプレースタイル上、シングルスでもかなり前に出るタイプなので、自分のプレーを迷いなく遂行する為には、攻撃的にいきたい。

ハッキリさせておけば、メンタル的な安定も図れます。

 

2.「マッチポイントを落としたときの切り替え」は事前準備で決まる!

想像してみて下さい。

マッチポイントを落とす、そしてデュースになったりする。

このときの絶望感たるや、凄いと思います。

5-0で勝っていても、それが試金石になって逆転されるかも知れない。

切り替えると言葉では簡単に言えますが、実際の試合の現場では難しいですよね。

事前に準備して、「どう戦うのか?」を決めておくことが大事です。

それが勝ち切る力、になるのですから。

 

3.「守備的に戦うメリット」も考えてみよう

守備的にマッチポイントを獲りにいく、メリットも考えてみましょう。

事前に「守備的に」と決めるのであれば、アナタに求められるのは安定感と足の速さ。

相手の攻撃をしのいでミスを待てるくらい、しっかりしたコートカバー力があればそれも有りでしょう。

粘りが身上、のプレイヤーであれば、実際にはさほど変えなくても良いのかも知れません。

ですが、「いつも通り」にはプレー出来ないのが、マッチポイント。

ハッキリと守備的、というキーワードを自分に与えてプレー出来るようにしておきましょう。

 

事前の試合の準備、皆さんはどうしていますか?

簡単にで良いので、テニスノートに数行やること、作戦、考え方をまとめましょう。

その中に、マッチポイントについても書いておく。

これだけで良い。

何回も同じ失敗を繰り返したり、負けて落ち込むのはもう止めましょう。

事前に決めたことを実行して負けたなら、それは仕方ない訳じゃないですか。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス 格上相手

    戦術

    「技術的なミスと戦術的なミス」をしっかり分けて考えておけば、テニスの成長スピードは上げられる

    テニスに限らず、私が考えるミスは大きく分けて2種類あります。一…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「何をすれば、損なのか?」を、テニスの試合では考えよう

    試合に勝ちたい気持ち、みなさん強いですよね。でも、これが強すぎ…

  3. テニス 武器

    戦術

    勝ち続けたければ、アンチを取り込もう

    試合に勝つ、強くなるということ。それは、すごく言い方は悪いです…

  4. テニス 環境

    戦術

    試合をこなす、から、「計る」に変えていこう

    来年は、自分を変えていきたい。試合で勝てるような選手になりたい…

  5. テニス 観察眼

    戦術

    相手のミスで得点、嬉しい?嬉しくない?

    相手のミスを、しっかり自分のポイントとして認識する。これ、当…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    深いボレーがアウトになるのは、技術的な問題じゃない

    ハイボレーを打って、ベースラインを数cm越えて、アウト。これは…

特集記事

  1. テニス 準備

    その他

    アナタと一緒にテニスをプレーした人は、「外でアナタの宣伝マン」になってくれる
  2. テニス 前衛

    サーブ

    テニスのハイレベルなダブルスの試合では、「サーブは必ずしもセンター中心」とは限ら…
  3. メンタル

    集中力、なんてものに頼るな
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュは「構えながら相手の選手のポジションも確認する」ことで、コース勝負に持…
  5. ダブルス

    ダブルスの試合では、相手が自信を持っているボールを前衛が潰せば勝てる
PAGE TOP