テニス 練習

練習メニュー

練習中にコート上に落ちているボールの数だけ、アナタのチームの弱さである

意識しないと、気付かないこと。

毎回同じような風景だと、私たちはどこかそれを当たり前だと思って、麻痺した感覚で見てしまう。

練習の風景、なんてまさにそうだと思いますよ。

部活やサークル、で普段している練習、小さいところに「弱さ」って出てしまう。

みなさん、ぜひ考えて欲しいポイントなんです。

 

練習中にコート上に落ちているボールの数だけ、アナタのチームの弱さである

 


 

1.練習でボール、使い過ぎ

なチーム、が多いです。

これって、ちょっとした甘えにつながるんですよ。

ラリー練習でも、ボールが潤沢にあると、ミスしても気にしないじゃないですか。

もちろん、その方がたくさんラリーは出来るかも知れません。

でも、ボールをたくさん使いながら、パッサパサとネットにかけていくチーム、が本当に多い。

ストロークもボレーも速い、直線的なボールばっかりで、ネット際にはボールの山。

こういうチーム、が強くなれるとは到底思えないんですよね。

 

2.ラリー練習なら、1面あたり20球で良い

球出し練習、なら良いと思います。

たくさんの球数、を用意して数を打つ。

でも、ラリー練習や試合形式、のような練習では、そもそもボールってそんなに必要無い。

20球くらいあれば、充分だと思いますよ。

それを使い切ったら、また拾ってスタート。

「ミスを少なくすれば、練習は効率的になる」という感覚、を養って欲しいんです。

簡単にネットしないし、簡単に相手の打ったボールも諦めない。

喰らい付いていけば、ラリーの回数は増えていきますから。

20球で内容の濃いラリー、ポイントを行うこと、が大事です。

 

3.ネット際にボールがあるから、ネット際のプレーが身に付かない

私は、これこそ深刻な問題だと思っています。

部活やサークルのテニスプレイヤーが、なぜネットプレーに弱いのか。

その一つの要因が、ネット際にはいつもボールが落ちていて、踏むのが怖いから近づけない、んだと思います。

ベースラインでストローク、をしている方が安全ですし楽ですからね。

ネット際にたくさんボールが落ちていたら、そりゃネットに近付けないですよ。

怪我が怖いですから。

ボールが落ちている数が多い程、人は出来ることが限られるし、集中力も削られる。

増えるのは、怪我人だけです。

 

4.ボールの数を変えれば、意識が変わり練習が変わる

まず、1球を大切にする練習に変えていきましょう。

当然、試合は2球だけで行いますからね。

ボールだって、落ちていない。

だったら、練習もそれに近づけていかないと。

小さいことのようですが、たくさんボールが転がっているのが当たり前のテニスコートから、強い選手は生まれない。

この危機感、を持って練習しないと、私たちは強くなれないですよ。

 

どうしても、数を打つためだけの練習になりがちですからね。

緊張感、をどう生むのか。

これには、工夫が大事です。

ボールの数だけじゃない、スコアカードを設置したり、ボールボーイを交代で務めたり。

やり方は色々あるはずですよね。

ぜひ、みなさんのチームでも考えてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  5. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます

関連記事

  1. 練習メニュー

    上達できるテニス選手は、「問題の本質を見極める力」があるから自立している

    テニスの上達において、本当に必要なものは何なのか。極論を言えば…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    すぐには結果につながらないもの、に実は「勝利へのヒント」は埋まっている

    試合で勝ちたい、と考えているみなさん。つい、焦ってしまいがちで…

  3. テニス スライス

    練習メニュー

    「ドロップショットとアングルショット」を磨く、2対1のラリー練習メニュー

    ドロップショットやアングルボレー、なかなか試合の中で使っていく機会少な…

  4. テニス リターン

    練習メニュー

    「現状維持は後退である」という強い意識を持って挑もう

    テニス界って、アナタが思っている以上に変化が激しい。10年前の…

  5. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる

    テニスは難しい。ラケットを使ってボールを打つ、やっていない人か…

  6. テニス サーブ

    練習メニュー

    「テニスを教えて欲しい」と周りから頼まれたら、それはアナタが成長出来る最高のチャンスです

    面倒くさいと思うのか、チャンスだと思うのか。学生の皆さんからす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス シングルス

    メンタル

    「今日はどうしても、テニスに集中出来ない!」と思ったときに、自分を取り戻せる対策…
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    後ろ方向へのポーチスマッシュこそ、アナタのダブルスに必要な発想なはず
  3. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンが安定しない人」は、最初の一歩目で膝を曲げて目線を落とし…
  4. テニス フットワーク

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリーでは、ボレー側は常に「ストローク側が後ろ足体重で打つ瞬…
  5. テニス サーブ

    メンタル

    「自分はメンタルが弱い」と思っているなら、「メンタルの強さ」が求められる場面を作…
PAGE TOP