テニス ダブルス

練習メニュー

ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的です!

今回は、ダブルスでのボレー対ストロークの練習メニューを一つ、ご紹介。

大学の一部リーグのチームや、デビスカップ代表チームも取り入れている、この練習。

すごくシンプルですが、基本動作を確認できて部活での活用もお勧めです!

 

ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的です!

 


 

■テニスにおけるダブルスの守備範囲を確認する

ダブルスにおいて、ボレーもストロークも基本はセンターケア。

もちろんアレーにもしっかり打つ技術は必要ですが、やはりサイドアウトは怖い。

ましてや同レベル、または格下相手であればそこまで無理する必要も無い。

という訳で、ダブルスだけどもシングルスコート内をしっかりカバーする練習、が大切になってきます。

 

■シングルスコートで2対2のボレー対ストローク戦

片方のペアは2人ともネットに出る並行陣、片方が両選手がベースライン上に立つ2バックの状態からスタート。

まずは簡単なミスをしないように、しっかり確実性の高いプレーを心掛けます。

2往復以上繋がったら、シングルスコートの中でお互い攻撃していく。

もちろんドロップボレーやロブもOK。

並行陣はしっかり、前衛と後衛の意識を持ってポジションをチェックしましょう。

アレーを「アウト」扱いにすることで、よりラリーがしっかり繋がり、試合で活きるステディなテニスが養えます。

 

■2人で1人を崩していくイメージが作りやすい

攻撃は、基本的に2人で1人を崩していく。

片方が攻撃態勢に入れば、もう片方が仕留めにいくようなイメージを持ちましょう。

特に2バックの側はずっと後ろにいても辛いので、沈めるボールやトップスピンロブを上手く使い、一度触らせて、次のボールから更に攻めていきたい。

浅いボールからは、どんどん4人全員がネットに出る形も作っていく。

攻撃されている側は、どこかで片方の選手もポーチなどで助けにいく意識も大切。

ぜひこの攻防を、部活のラリーの中で緊張感を持って継続できるようにしてみて下さい。

 

2人の距離が近くなると、ダブルスは強くなります。

ダブルスだけどアレーはあえて使わない、という意識は、実際の試合でも非常に有効な考えになるでしょう。

そこに打たれたら、ナイスショット。

それよりも防ぐ、リスクの低い箇所はあります。

リスク管理においても、この練習は有効ですので、ぜひ試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる

    テニスは難しい。ラケットを使ってボールを打つ、やっていない人か…

  2. テニス 攻撃

    練習メニュー

    「手堅い並行陣」を崩す、テニスの試合におけるロブの戦略を磨く練習メニュー

    ボレーが手堅い並行陣を崩すには、ラリーで少しずつ相手を動かすイメージが…

  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニス選手として、「試合での敗戦を、活かせる人と活かせない人」の違い5つ

    テニスの試合、勝った試合よりも負けた試合。これを、どう活かすか…

  4. テニス 駆け引き

    練習メニュー

    チームの練習で、「駆け引きを磨く練習メニュー」を実践したい人は、球出し側に選択肢を与えてみよう

    球出しからのラリー練習、皆さんでも実践している方は多いと思います。…

  5. テニス 観察眼

    練習メニュー

    テニスを「練習した気」にしてしまう6つのマンネリ化要素

    テニスの練習、しっかり試合につながる内容で出来ているのか。この…

  6. 練習メニュー

    上級男子ダブルス、に必須の練習とは?

    男子ダブルスの試合で、もっともっと、上の相手に勝ちたい。そう考…

特集記事

  1. ボレー

    ポーチに出られない、並行陣のファーストボレーのコツ
  2. テニス ストローク

    サーブ

    試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる…
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    理想を高く持てる選手が、その理想に近付いていける
  4. スマッシュ

    ネットプレーで難しいとされる、「バックハンド側に上がったロブ」をスマッシュで打ち…
  5. テニス 準備

    ストローク

    ネットプレイヤー相手に、ストロークを無理やり沈めようとしなくても大丈夫です
PAGE TOP