テニス メンタル

メンタル

アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」

何度か書いて来ましたが、改めて。

大事なことは、すみません、何度も書きます。

試合に出ている、出続けている限り、最も手ごわい対戦相手はシード選手じゃない。

自分自身、ですからね。

 

アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」

 

1.負けるのが怖い、と思えたら・・・

それは、アナタ自身が強くなっている、ということでしょう。

負けるのが当たり前、から怖い、に変わっていく。

これは、試合に出続けて手ごたえがある証拠、だと思いますよ。

負けるのが怖いのは、アナタ自身が臆病だからじゃない。

それだけ、負けることが恥ずかしい、悔しいと感じるようになったということです。

本当に臆病な人は、負けるのが怖いとも思わないですからね。

私が考える臆病な自分とは、何かを取り繕って、うやむやにしてしまう自分。

「まぁ、もうどうでも良いか・・・」と思うようになってしまう自分、なんですよね。

 

2.臆病な自分を、受け入れること

まずはこのスタンス、が大事です。

臆病な自分が顔を出して来る、その自分と向き合う。

試合から逃げ出したい、もうどうでも良い、早く終わりたいと思うような自分、を知っておくことです。

試合って、それくらい大変なものですからね。

大人にもなって、真剣勝負。

勝つか負けるか、しかテニスの試合は結果として出ないですから。

臆病な自分、が出て来るのも当然でしょう。

 

3.試合はいつだって、非日常の世界

ワクワク、ドキドキ、本当に緊張することばかり。

どんなに慣れても、試合は非日常の世界なんですよね。

慣れても慣れても、大事な試合ってやっぱり緊張する。

当たり前です、それくらい勝ちたい試合であれば。

そんな中に、自分の身を置くからこそ、対戦相手よりも自分と向き合う意識が大事。

臆病になっていく、それに対して準備しておく。

弱い私たち、だからこそ必要だと思いませんか?

 

4.自分を信じること、が出来れば苦労しない

これは何度かアンケートでも頂いたんですが、試合で自分が信じられなくなる。

パートナーや応援から、「自分を信じろ!」と言われても、全く分からない、出来ない。

こういう方、が普通です。

ぜひ、自分を責めないで欲しい。

自分を信じることが出来れば、苦労は無いですしT-PRESSみたいなサイトも、必要無いですよ。

自分を信じられない、そんな自分を抱えて戦い抜くしかないんですから。

 

書いていて、まぁ大変だなと。

社会人になって大人になって、シニアになっても試合に出るって。

勝負の世界、負けたくないですからね。

繰り返し書いて来ていますが、このサイトは「テニスの試合に勝ちたい」みなさんを応援しています。

だからこそ、臆病なみなさん、も応援していきたい。

私自身、すごく臆病な人間ですからね。

それでも、試合に出ていく勇気を持つ。

それだけでも、凄いこと。

今年も残り、あと1ヵ月ですね。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「誰のためにボールを打つのか」テニスの試合で勝つ為に必要な考え方

    ダブルスで重要なことは、パートナーとの連携プレーである。パート…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くなる

    テニスの試合、勝ってるときはすごく楽しい。疲労も感じないし、何…

  3. テニス 壁打ち

    メンタル

    いくら打っても無駄だ…と、相手に思わせれば勝てる

    「この試合は、勝ったな」と思える時。もちろん油断は出来ないです…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分のことを疑うのは、試合前まで

    準備、の大切さ。何度も書いて来ましたし、その中で「自分への疑い…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの結果を安定させるには、精神論から脱却して仕組みを変えていかないと

    頑張っているのに、結果が出ない。そんな自分が嫌で、もうテニスや…

  6. メンタル

    後悔を糧に、生きろ

    みなさんは、「後悔していること」ありますか?私は、あります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    フォアハンドボレーでもっとパンチ力が欲しい人は、「ラケットを持たない腕の脇の開け…
  2. テニス メンタル

    シングルス

    「体力に自信が無い・・・人が身に付けたい」テニスのシングルスの戦い方4つ
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要
  4. テニス 指導

    練習メニュー

    テニスの実戦力を養う為の、練習メニュー5選
  5. テニス メンタル

    テニススクール

    千回のアドバイスより、一回の本気の失敗の方が身になる
PAGE TOP