テニス メンタル

メンタル

アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」

何度か書いて来ましたが、改めて。

大事なことは、すみません、何度も書きます。

試合に出ている、出続けている限り、最も手ごわい対戦相手はシード選手じゃない。

自分自身、ですからね。

 

アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」

 

1.負けるのが怖い、と思えたら・・・

それは、アナタ自身が強くなっている、ということでしょう。

負けるのが当たり前、から怖い、に変わっていく。

これは、試合に出続けて手ごたえがある証拠、だと思いますよ。

負けるのが怖いのは、アナタ自身が臆病だからじゃない。

それだけ、負けることが恥ずかしい、悔しいと感じるようになったということです。

本当に臆病な人は、負けるのが怖いとも思わないですからね。

私が考える臆病な自分とは、何かを取り繕って、うやむやにしてしまう自分。

「まぁ、もうどうでも良いか・・・」と思うようになってしまう自分、なんですよね。

 

2.臆病な自分を、受け入れること

まずはこのスタンス、が大事です。

臆病な自分が顔を出して来る、その自分と向き合う。

試合から逃げ出したい、もうどうでも良い、早く終わりたいと思うような自分、を知っておくことです。

試合って、それくらい大変なものですからね。

大人にもなって、真剣勝負。

勝つか負けるか、しかテニスの試合は結果として出ないですから。

臆病な自分、が出て来るのも当然でしょう。

 

3.試合はいつだって、非日常の世界

ワクワク、ドキドキ、本当に緊張することばかり。

どんなに慣れても、試合は非日常の世界なんですよね。

慣れても慣れても、大事な試合ってやっぱり緊張する。

当たり前です、それくらい勝ちたい試合であれば。

そんな中に、自分の身を置くからこそ、対戦相手よりも自分と向き合う意識が大事。

臆病になっていく、それに対して準備しておく。

弱い私たち、だからこそ必要だと思いませんか?

 

4.自分を信じること、が出来れば苦労しない

これは何度かアンケートでも頂いたんですが、試合で自分が信じられなくなる。

パートナーや応援から、「自分を信じろ!」と言われても、全く分からない、出来ない。

こういう方、が普通です。

ぜひ、自分を責めないで欲しい。

自分を信じることが出来れば、苦労は無いですしT-PRESSみたいなサイトも、必要無いですよ。

自分を信じられない、そんな自分を抱えて戦い抜くしかないんですから。

 

書いていて、まぁ大変だなと。

社会人になって大人になって、シニアになっても試合に出るって。

勝負の世界、負けたくないですからね。

繰り返し書いて来ていますが、このサイトは「テニスの試合に勝ちたい」みなさんを応援しています。

だからこそ、臆病なみなさん、も応援していきたい。

私自身、すごく臆病な人間ですからね。

それでも、試合に出ていく勇気を持つ。

それだけでも、凄いこと。

今年も残り、あと1ヵ月ですね。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるときです

    皆さんは試合の中で、プレッシャーに押しつぶされそうになった経験、ありま…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの基本、「オンラインはインの判定」に出来る?

    テニスの試合のほとんどは、セルフジャッジ。この中で、アナタ自身…

  3. テニス ガット

    メンタル

    ミスが怖い、という発想が一番怖い

    試合の中で、怖いもの。それは相手でも無いし、負けた後のコーチで…

  4. テニス シングルス

    メンタル

    テニスが楽しくない、というのは、ある意味楽しめている証拠かも

    「最近、テニスが楽しくないな・・・」と、感じている皆さん。すごく、…

  5. テニス 部活

    メンタル

    テニスの練習や試合では、「その場で強く頭に刷り込む」意識の方が大事

    以前に、合同での練習会、講習会をしたときのことです。練習の合間…

  6. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合会場にいる「自分のテニスをひけらかしたい人」に、絶対負けてはいけません

    本人はいたって無意識でも、テニスの試合会場には「とにかく俺のテニスを見…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 試合

    メンタル

    テニスは「試合に出れるようになってから出る」という発想は、必要無い
  2. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「スコアを追いつくこと目標」だと、逆転なんて夢のまた夢
  4. テニス ストローク

    ボレー

    フォアハンドはパス、バックハンドはロブを先読みしよう
  5. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「初中級者でもサーブで攻めていきたい!」ときに、有効なコースを考え…
PAGE TOP