テニス 構え

メンタル

試合中にイラッとしたら、自分と会話しよう

つい、感情的になってしまう。

それが、テニスの試合です。

なるべく冷静に試合を進めていきたいですが、まぁ無理でしょうね。

本当に勝ちたい試合なら、やっぱり感情のコントロールは難しい。

だからこそ、繰り返しますが準備次第です。

自分と、もう一人の自分、を準備しておくことの大切さ。

気付いた人から、テニス選手として成長していけるでしょう。

 

試合中にイラッとしたら、自分と会話しよう

 

1.試合はイライラ要素で満ちている

だって、試合に勝ちたいですから。

自分にイライラ、相手にイライラ、するのが当然です。

問題は、それをどうプレーと結びつけるのかどうかでしょう。

ほとんどの人は、不都合なことが起きてイライラして、それがプレーにマイナスの影響を与えていく。

日本のみなさんは、やっぱり自分に厳しいので自分にイライラ、が多いんじゃないですかね。

そんなときに、シングルスの試合なら会話の相手は一人しかいません。

そう、アナタ自身です。

 

2.「熱くなっても、損するだけ」だよ

私はいつも、こう考えて話しかけています。

「熱くなっても、結果的に損するよ」と。

イライラする相手が自分でも相手でも、目的は試合に勝つこと、ですから。

試合に勝つためには、自分のイライラをコントロールしてプレーに悪影響が出ないようにしないといけない。

熱くなっても、損するだけだよ、と。

もっと得をすること、を考えようよ、と。

こういう会話だけでおさまらないイライラ、もあるかも知れませんが、自分と会話出来ると思っておけば試合でも楽。

話し相手がいる、と本気で考えてみて下さい。

結構、こういう考えのプロスポーツ選手、多いですから。

みなさんでも絶対に、試合で助けになるはずです。

 

3.イライラは、「抑え込まない」ことが大事

イライラする、ということは、上手くいっていないと自分で自覚しているということ。

だったら、その原因が必ずある。

イライラを抑え込もうとすると、その原因から目を背けることになりますからね。

むしろ、しっかりと向き合う。

それが、「熱くならないで、得することを考えよう」の基本スタンスです。

試合中にイラっとすることって、実は必要なことだと私は思いますよ。

相手に対しても、自分に対しても。

何かの不都合、が生じているというサインですから。

自分と会話しながら、それを探って解決していく。

それがテニスの試合、です。

 

4.どうしてもイライラを解消したいなら、試合に勝つしかない

極論ですが、これです。

相手に対して、もう死ぬほどイライラして頭にきても、勝ち負けは付きます。

そこで負けた日には、もう悔しくて吐きそうになりますよね。

勝つこと、がまず大事。

勝つことで、イライラは最後解決出来るし、自分の自信にもなる。

ここをしっかり考えられる人は、自分と会話して冷静さを保てる、イライラの要因を解明出来る。

「最後に笑うには、勝つしかないんだよ」と、声をかけてみて下さい。

きっと、頭がスッキリすると思いますよ。

 

まぁ、当然書いてあるほど簡単なことではないですが・・・。

イライラしがちな人は、試合に勝てそうな雰囲気も無い。

こういうところ、ちょっとした小技の準備で変えていけるはずです。

コートの上で、自分と会話。

これを習慣にしたら、もうメンタルが弱いなんてこと、無くなるはずです。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス トレーニング

    メンタル

    逆境こそ楽しめる、その感覚はテニスが教えてくれる

    テニスの試合で、大逆転を経験する。される方も、する方も、きっと…

  2. テニス ダブルス

    メンタル

    ミスの後始末を、自分で全て背負うからドロ沼にはまる

    失敗して、どんどん泥沼にはまっていく人。ダブルスの試合で、よく…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    良い出来だった前半、格上相手ならチェンジコートで忘れよう

    格上相手の試合って、みなさんどうでしょう。リードしても落ち着か…

  4. テニス 団体戦

    メンタル

    試合になると、相手が気になり過ぎる方へ

    試合って、ほとんど初対面の人と打ち合いますよね。相手が気になる…

  5. メンタル

    「意外性の高いショット」は、ポイントをリードしているときに

    テニスの試合、勝っているときには少しだけ、余裕が生まれる。そん…

  6. テニス 客観視

    メンタル

    這い上がっていける選手、になれるかどうかがテニス選手の分かれ道

    私自身、「這い上がったテニス選手」だと思います。いや、何も全国的な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 人脈

    ボレー

    「確かにボレーは決定力あるけど・・・」テニスで必要なゆっくりした球速を身に付けた…
  2. テニス クレーコート

    サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!
  3. サーブ

    テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」…
  4. テニス メンタル

    戦術

    ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選
  5. テニス 守備

    戦術

    速い球を速い球で返す、のは意外と簡単なのがテニス
PAGE TOP