メンタル

「すごーく強い相手と対戦するとします」テニスの試合で相手の強さを受け止めて勝つ為に必要な意識

すごーい強い相手と1ヶ月後に対戦する・・・って決まっていたら、どういう練習をする?

まずはその強さの種類は何かを分析するでしょ?

 

「すごーく強い相手と対戦するとします」テニスの試合で相手の強さを受け止めて勝つ為に必要な意識

 


 

例えばその選手が凄い速いショットを打つんだったら、その速さに慣れるような練習をするだろうし、ムチャクチャトップスピンサーブやトップスピンのストロークが弾むんだったら、そういうショットを受けて練習する。

フットワークが良くて、コートの端から端まで走りまくるというのが相手の強さの場合は、その足を止めるためにはどうするかを考えるだろうし、ネットプレーがその選手の強さだったら、ネットに出てこられた時の対策を考え、パスとロブを練習しておかないといけない。

しかも華麗に抜くパスやロブよりも、成功率を落とさないようにするためにも、泥臭く逃げることが目的のショットを練習する

とにかくムチャクチャ強い相手なんだから、その相手に対抗して同等のプレーやその相手を超えるようなプレーをその一ヶ月間で目指すよりも、その強い選手の良いプレーに耐え続け、その相手の攻撃を無効にさせるようなディフェンス力をレベルアップさせた方が勝つ可能性はありそうだ。

ムチャクチャ強い相手って分かってるんだから、誰だってそういう練習をするでしょ?

それを耐えきって初めて自分にチャンスが来るというもの。

 

まず粘れない奴は、絶対自分より格上の相手には勝てないのだ

でもムチャクチャ強い相手とやる事ってある?

「ない!!」と答えた人は、これらのうちのどれかだ。

一つはそんな人達が出てくるような大会に出場していない。

もう一つは、そういう相手に当たる前に負けてしまっている。

そして最後は、自分が最強だから、ムチャクチャ格上の選手は存在しない・・・。

ま、最後の史上最強説は置いといて、最初の2項目はレベル低い大会ばかりに出ていることと、同レベル以下に毎回負けているということだから、問題あるよね。

 

ということは、誰もがちゃんと格下や同レベルをやっつけて勝ち進んでいれば、必ず格上の選手といつかは戦わないといけないんだよ

そうなると、最初「ムチャクチャ強い相手と戦う場合」って言ったけど、普段からこの事は計算に入れて練習をしておかないといけないのだ。

もちろん、自分のショットを磨くことも重要。

より速いショット、より多くの種類のショット、色んなコースの打ち分けなどは確かに身に付けていかないといけない。

だけど、そういうことと同時に、ムチャクチャ強い相手と戦ったときに「当たって砕けろ!」という作戦だけじゃなくて、ちゃんと相手の強さを受けきって逃げ回れるテニスを練習しておかないといけないんだよ。

 



 

テニスが強くなるってそういうこと

自分の強さを伸ばすための練習と、相手の強さから逃げ切るための練習。

それを普段からどれだけやっているか・・・が本番の結果に関わってくるのである。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    上達が早いテニス選手は、「自分自身の失敗から、決して逃げない」から強くなる

    上達が早いテニス選手には、ある特徴がある。私自身、自分はプロ選…

  2. テニス ボレー

    メンタル

    テニスのようなスポーツでは、「失敗の要因を突き詰め過ぎない」ことも大事だと私は思います

    試合に負けた後に、びっしりとテニスノートに書かれた分析。それを…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    チェンジコートで集中する、方法はアレしかない

    シングルスの試合で、チェンジコートの場面。この時、みなさんどん…

  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニスを続けていて、身体と技術の成長は見えるけど「心の成長は見えない」から、難しいのです

    テニスを続けていると、遅かれ早かれ、成長はしていく。学生の皆さ…

  5. テニス 環境

    メンタル

    強い相手を強い、と認めることが出来る選手が本当に強いテニス選手

    杉田選手も、見事に初戦を突破してくれましたね。最近ブレイク中の…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    素振りでも練習でも、「ラケットを振る回数はアナタの血となり肉となる」ことを忘れてはいけない

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。よく聞かれるのが…

特集記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい
  2. ストローク

    スピンストロークがあるから、追い付いていないボールでもカバー出来る
  3. テニス 技術

    リターン

    ダブルスの試合で使える、「踏み込んでストレートへブロックリターン!」を身に付けて…
  4. ボレー

    低いボレーは、軽く触って返せば良いと思う
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスで低い位置からの速いボレー、を打っているうちはまだまだ未熟
PAGE TOP