テニス サーブ

メンタル

「自分はメンタルが弱い」と思っているなら、「メンタルの強さ」が求められる場面を作らなければ良い

テニスの試合、特に苦しい場面ってどこだと思いますか?

私が感じるのは、「絶対に落とせないポイント」の場面です。

ブレークポイントや、相手のマッチポイント、緊張した場面ではメンタルの強さが求められるのは事実だと思います。

「自分はメンタルが弱い・・・」と感じている人がいれば、言い方を変えれば「苦しい場面」を作らないようにする、ことが出来ればOK、という発想にはなりませんか?

そんなおいしい話は無いと思う前に、まず考えてみる価値はあると思います。

 

「自分はメンタルが弱い」と思っているなら、「メンタルの強さ」が求められる場面を作らなければ良い

 


 

■相手のブレークポイントでセカンドサーブ・・・なんて絶対嫌だ

私も経験がありますが、セカンドサーブを相手のブレークポイント、マッチポイントで打つのは辛い。

どうしても「入らなかったら、どうしよう・・・」ということばかり、考えてしまう。

なので結果的に入ってもそこで集中力を使い切ってしまっているので、もうラリーにならない。

メンタルに弱い人、こういう場面は出来るだけ避けたいですよね。

その工夫は、テニスというスポーツでは出来るのです!

 

■ゲーム序盤のポイント、ファーストサーブ、が鍵

当たり前・・・と思うかも知れません。

そんなに上手くいったら、苦労はしないよ!という声も聞こえてきそうですが・・・。

ゲーム序盤、0-0の状態、最初に集中してポイントを獲る、まずはリードする。

リード出来ていれば、ほとんどプレッシャーは無いですし、メンタル的な負担も少ない。

サーブも、ファーストサーブを入れておけばセカンドサーブは打つ必要が無い。

ゆっくりでも良いと思います。

それくらい、セカンドサーブを打つのって、負担も大きいしポイントを失うリスクも高いのです。

 

■メンタルの強さを磨きたければ、想定力を磨くこと

試合を常にリードしたりファーストを入れる、ことでメンタルの弱さを克服する。

これって、想定力の問題です。

「自分のメンタル弱さが出るのは、こういう場面だから、ここは避けよう・・・」という風に、試合前からイメージ出来ている。

そんな人は、結果的に周りから見るとメンタルが強い人、になって見えます。

実はメンタルが弱いのを、工夫して隠しているだけなんですけどね。

実はアナタの周りでも、そんな人多いと思いますよ。

 

試合の競った場面で緊張するな、なんて無理な話。

であれば自分の中で想定している幅を広げ、しっかり準備してメンタル的な要素を洗い出しましょう。

メンタルの強さが求められる、自分が追い込まれる場面は、出来るだけ避ける。

もし巡ってきたら・・・もう覚悟を決めて、楽しみましょう。

どんな結果になっても、競った時点で勝負は分からない、という割り切りも大事。

一度自分の中で、整理してみることをオススメします!

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    自分の打ったボールを信じ切れば、ボールは自然とコートに収まってくれる

    自分が打ったボールを、しっかり信じる。信じ切ることが出来れば、…

  2. テニス

    メンタル

    優勝を経験した人は、その難しさを知れるから強くなる

    テニスの試合、第1シードがなぜ強いのか?それは、テニスの技術だ…

  3. テニス リターン

    メンタル

    出る杭を伸ばすチームと、自分自身の心を

    テニスをプレーしていると、仲間でも対戦相手でも、「この人、ちょっと変わ…

  4. テニス メンタル
  5. テニス ミーティング

    メンタル

    みんなが望む結果は、テニスの試合では得られない

    大坂なおみ選手の優勝、その表彰式が物議を醸しています。私自身、…

  6. メンタル

    ポイントを切り出しても意味が無い、その根本が大事

    試合形式で、ポイントが終わるとコーチがアドバイス。こういう光…

特集記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、試合では決まりやすい
  2. テニス ストローク

    ダブルス

    右利きプレイヤー視点で、ダブルスのリターンサイドを考えてみると・・・?
  3. フットワーク

    滑りやすいコートで使える「スライドフットワーク」は、コレがポイント!
  4. テニス フットワーク

    メンタル

    ギブアップしない相手を、負かすことは誰にも出来ない
  5. ストローク

    打ちにいきたいポイントほど、引き付けて我慢する打点が大事
PAGE TOP