テニス トレーニング

メンタル

どんなに良いテニスをしていても、「試合に勝利」という結果が出ないと自信もプライドも身に付かない

「勝てなかったけど、良い試合」という経験、皆さんもあると思います。

どこか、テニスの試合では勝ち続けれない人、こういう感覚で試合を終えてしまう人が多い。

勝つ、ということに、自分なりに価値を見出せない。

でも私の経験上、結局は試合に勝っていかないと、自分の中で成長は確認出来ないと思うんです。

 

どんなに良いテニスをしていても、「試合に勝利」という結果が出ないと自信もプライドも身に付かない

 


 

■「試合結果」が自分を強くも弱くもしてくれる

経験こそ、勝利の母。

試合に勝ってきた経験、負け試合をひっくり返した経験こそ、アナタ自身の強さになっていく。

「勝ち切れないけど、テニスは上手い人」は、確かに存在します。

でも、それはすごく脆いメンタルの人。

テニスの試合結果に重きを置いている人は、自分を強くしてくれることを知っている。

テニスが上手くても試合に勝てない人は、結果が出ていないので自信が無いまま。

この差はますます、大きくなっていくのです。

 

■「試合結果だけ」が自信を付けてくれる訳ではない

とはいえ、試合結果だけがアナタの自信になる訳ではない。

たまたま大きな試合を勝って、その試合で付けた自信というのは脆い場合も多い。

ですが、自分が練習してきた成果が報われる、成功体験は試合でしか得られない。

「試合結果なんて、気にしない」という人は、どこか自分の努力から目を背けたい人。

積み重ねてきたものに自信が無いから、そんなセリフが口に出てしまうのです。

 

■「良いテニス」から「勝てるテニス」に変えていこう

「良いテニス」「上手いテニス」が出来る人は、たくさんいます。

ですがそれは、プレッシャーがかからないような場面に、限定されるんじゃないでしょうか?

「勝てるテニス」は、プレッシャーがかかる場面でも堅実に相手と駆け引きしながら、制することが出来るテニス。

普段の練習で、どうやってこの力を養っていけば試合で使えるのか。

アナタ自身一度真剣に考えるべきとき、に来ていると私は思います。

変えていくのには勇気が要ります。

もしかしたら、アナタの得意なショットを少し封印する勇気も必要でしょう。

ですがきっと、試合に勝てるテニスを身に付けて試合結果を重ねていけば、またその武器を活かせる時も来るはずです。

 

自信やプライドは、テニスの試合を勝ち切るうえで不可欠。

ですが、待てど暮せど、受け身な人にそれは身に付きません。

自分から、勝利という結果を掴みにいかないと。

練習からしっかり、試合で勝つこと、に対して貪欲になっていきましょう。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい

    1セットマッチの試合、私たちの試合ではほとんどがコレですよね。…

  2. メンタル

    分からない、で諦めない

    分からないと、イライラする。そんな経験、みなさんもたくさんあ…

  3. テニス ミス

    メンタル

    自分を鼓舞して戦う選手は、自然と周りも応援したくなる

    テニスの試合、「応援されやすい」選手は、やっぱり試合でも強い。…

  4. テニス 雪

    メンタル

    普通の人がやり辛いと感じる環境で、普通にプレー出来れば勝てる

    タフな試合に、勝ち切れるようになる。それは、対戦相手がタフで粘…

  5. メンタル

    テニスコーチに相談しに行くときには、どんな形でも「自分の意見」を持ってから

    テニスを真剣にやって試合に出ていれば、誰しもが勝ちたいと思う。…

  6. テニス

    メンタル

    「嘘情報を流してみよう」テニスに必要な相手との駆け引きとは?

    相手と向き合い、相手と戦うのがテニスというスポーツ。自分自身と…

特集記事

  1. ストローク

    「オープンスタンスでフォアハンドストローク」テニスの試合でつなぎには最適ですが・…
  2. テニス メンタル

    戦術

    「相手のミスを待つテニスで試合に勝って、何が楽しいの?」と聞いてくる人は、永遠に…
  3. ストローク

    両手バックハンドストロークのコントロールアップは、アゴの使い方に秘密が有る
  4. テニス ダブルス

    リターン

    優れたダブルスプレイヤーは、同じリターンを3回連続では打たない
  5. テニス 部活

    テニススクール

    コーチの教えをなかなか実践出来ないのは、「大きく振り切れる」ことが出来ないから
PAGE TOP