テニス 夜

その他

「テニスに長期ビジョンは大事?」と思っているうちに、平等な時間はどんどん流れていきます

勉強でもスポーツでも、長期的な目標やビジョンが必要。

確かに聞こえは良い言葉ですが、本当にそう・・・でしょうか?

「来年は県でベスト8を目指すぞー!」と言いながら、来月には?むしろ来週には?

何がどう変わっていくのか、が曖昧だと、ライバルからどんどん遅れていきますよ。

 

「テニスに長期ビジョンは大事?」と思っているうちに、平等な時間はどんどん流れていきます

 


 

■テニスは急に上手くなる(こともある)スポーツです

テニスって、不思議なスポーツ。

皆さんも経験があるかも知れませんが、何かきっかけがあると「急に」上手くなったような感じになることがある。

これ、実際に上手くなってるんです!

私の場合、片手バックハンドと両手バックハンドを行ったり来たりしていましたが、高校1年生の冬に両手バックハンドのスピンのコツをつかんでから、すごく上手くなった気がします。

バックハンドが得意になって、苦手意識が無くなると試合でも急に結果が出るようになった。

でもこれって、小さいチャレンジや工夫の積み重ね、だと思うんです。

 

■超短期ビジョンを作って、自分を追い込んでみよう

仮にですが、1か月後にチーム内でNo.1になる、という目標を立てたとする。

それを達成する為に、出来得ることを全て考えてみたとしましょう。

どうですか?

実際に短期で成し遂げるには難しいことばかりだと思いますが、「100%無理」ということは無いと思います。

長期でビジョンや計画を立てても、まず最初の1か月にやることなんて、きっと曖昧。

もっと短期勝負、短期で何が出来るのか、に焦点を当ててみると成長スピードが上げられるはずです。

 

■「目標を立てている」ことだけで、満足して甘えていないか?

「全国、目指してます!」

「市民大会、本戦にいきたいです!」

という声、たくさん私も聞きます。

ですが、本気でその目標に取り組んでいる人、1か月先にどうなっているのかをイメージ出来ている人、どれくらいいるでしょうか?

目指しているだけで満足、になってはいませんか?

そこを目指している人は、きっとたくさんいる。

その人たち全員をテニスの試合で倒して、勝ち抜いていかないといけない。

覚悟は、出来てますか?

 

長期的な目標やビジョンも、もちろん大事。

アナタ自身の人生においても、来年、再来年、10年後のイメージを膨らませることは大事です。

ですがテニスの試合に勝ちたい、上手くなりたい・・・のであれば、もっと「せっかち」になっても良いのかも。

焦るのではなく、急ぐ。

自分の成長に対して、貪欲になる。

練習環境、指導者、持って生まれた才能・・・全部違うのかも知れませんが、唯一、流れている時間だけは平等です。

これだけは、皆さん忘れないでおいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス 準備

    その他

    テニスの試合中にボールがとなりのコートに入っても、慌てて取りに入ってはいけない

    テニスの試合に出始めて、まだ日が浅いみなさんへ。ぜひ、頑張って…

  2. テニス セルフジャッジ

    その他

    テニスの試合中に、「熱中症かも知れない・・・」と気付くべきシグナルは、必ず知っておきましょう

    「こんな時期から、熱中症の話?」と思った方、もしかすると試合で痛い目を…

  3. テニス メンタル

    その他

    「結果を出せよ!エリートも初心者も。」テニス部の部活動について

    「てにすまんプロジェクト」で色んな学校に訪問して部活の指導を行うように…

  4. テニス 部活

    その他

    「試合に出る人、出ない人が分れてしまうテニス部」は工夫次第で変えていける

    中学、高校、大学とたくさんテニスの大会はあるけど、公式戦って意外と少な…

  5. テニス ボレー

    その他

    「プロテニス選手の試合は、ココを観ると自分に活かせる!」試合の観戦力磨いて強くなる方法5つ

    最近ではスマートフォンやパソコンで、誰でも気軽にプロ選手の試合を観るこ…

  6. その他

    「選手にとって嬉しい存在」試合に勝てる選手を育むテニスコーチという存在について

    高校に入学してからテニスを始めた。で、高校2年生の夏休み、テニ…

特集記事

  1. スマッシュ

    ロブが怖いんじゃなくて、スマッシュミスが怖いだけ
  2. テニス知識

    テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ドロップボレーには、絶妙なタッチ感覚が必要?
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスで前衛が苦手な人は、「あるコツを使って、楽々ポーチ」作戦を!
  5. テニス ストローク

    メンタル

    スコア差があっても無くても、集中力に差が生まれてはいけない
PAGE TOP