テニス 部活

その他

個人競技であるテニスにおいて、「チームの中で自分が何で貢献できるか?」を考えていけば、試合で勝てるプレイヤーになれます

テニスは個人競技。

それが良さでもあり、私自身「自分が努力さえすれば、どこまでも上にいける」魅力に駆り立てられて、テニスを始めました。

とはいえ、自分が成長するには仲間とその成長が不可欠。

アナタ自身、何ができるかを再度考えてみませんか?

 

個人競技であるテニスにおいて、「チームの中で自分が何で貢献できるか?」を考えていけば、試合で勝てるプレイヤーになれます

 


 

■テニスが上達するとき、それはアナタ一人で成し遂げている訳では無い

どんなチームでも部活でも、自分一人では成長できない。

逆説的に言えば、周りが強くなってくることが一番、アナタ自身の成長に繋がる。

であれば周りへの感謝の気持ちを、しっかり行動で表す必要があります。

人は、行動で興して初めて、周りの人にも伝わり良い相乗効果を生むのです。

 

■自分に何ができるのか、チームへの貢献を具体的に考えてみる

具体的に考えてみましょう。

コート整備を速くする方法を考える、球出しのローテーションを考えてみる、他チーム・スクールの練習方法を盗んでみる・・・。

主体的に動くことで、見えてくることもたくさんあるはずです。

「お前、こういうの得意だったんだな・・・!」という新しい発見もあるはずです。

こういった「新しい行動が興していける文化」は、強くなる部活やサークル、チーム内では自然に醸成されています。

 

■「100の思考より、1の行動」がアナタのテニスを強くする

何度も言いますが、100個考えるよりも1つ行動に移してみる。

チームの為に、何が出来るかを考えたと同時にまずやってみる。

全員が必ずしも、良い反応でも無いかも知れません。

ただアナタ自身が「チームを強くしたい」と切に願うのであれば、信じてやりきるのみです。

必ず道は拓けます。

 

こういった考えに、テニスの実力は関係ありません。

もちろんアナタ自身が上達することも、チームに貢献するうえで必要。

しかし必要なのは、それ以上に成長したいという「意欲」を表していく部分。

テニス部で頑張る皆さんは、せっかくの放課後を費やしている大事な時間。

もっと本気で、各自がチームでの成長を目指してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. その他

    テニス留学も、「失敗は成功の素」と思えるように、新しいチャレンジが大事!

    俺のテニスはスペインに行ったのをキッカケに、大きく成長出来たと思ってい…

  2. テニス 環境

    その他

    「自分に欠けている点」を把握した時点で、それは短所では無くなる

    テニスの試合、もしかしてアナタは「損」をしているかも知れない。そう…

  3. その他

    「テニス雑誌の技術情報を鵜呑みに」していては、いつまで経ってもアナタ自身成長しない

    テニス雑誌、皆さんは本屋で購入したことはありますか?私は今、3…

  4. その他

    何の代償も無く、強くはなれない

    テニスを強くして、結果を出したい。今までは何となく楽しんでい…

  5. テニス フットワーク

    その他

    「新人を大抜擢する」ことの重要性

    今年の箱根駅伝、終わってみれば青山学院大学の圧勝でしたね。混戦…

  6. テニス ウェア

    その他

    「テニスウェアは着れれば何でも良い!」と思っていると、社会人になって「痛い人」になります

    特に男性の方は、思い当たる方も多いんじゃないでしょうか。「誰に…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいて、能動的か受動的かは大きな実力差になる
  2. その他

    希少種になること、は強くなるということ
  3. テニス 練習

    ボレー

    「ボレーを個人練習で磨きたい!」という方にお勧めのペアで出来る簡単練習5つ
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    「当たり前」のレベルが高い人は、当たり前だけどテニスも強く成長出来る
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「コンパクトなストロークの型」を覚えて、コントロール良く攻撃する為に意識したい5…
PAGE TOP