テニス ボレー

スマッシュ

後ろ方向へのポーチスマッシュこそ、アナタのダブルスに必要な発想なはず

ダブルスの試合、陣形に関わらず「スマッシュ」をいかに打てるのか。

そして、そのスマッシュでポイントが取れるのか。

これは、アナタのダブルスのレベルアップに欠かせない、至上命題のようなもの。

でも、いざ試合になると相手にロブを上げられて、チェンジチェンジ、打ってはミス・・・ばかりじゃないですか?

以前にも書いたこのテーマですが、改めて、私はこの「前衛のポーチの動き」こそ、アナタを飛躍的に強くしてくれると思いますよ。

 

後ろ方向へのポーチスマッシュこそ、アナタのダブルスに必要な発想なはず

 

1.前に詰める、だけが前衛の動きじゃない

まぁ、これが基本ですが・・・でも、当然相手もそれを警戒して来る。

ネットに詰めた後は、当然ロブを使ってきますよね。

そこに対して、アナタはどういう「策」を持っているのか。

自分が前に詰めた後、ロブが来るとほぼ分かっている。

だったら・・・相手が打つ前に、「後ろ方向」に動いたって良いんじゃないですか?

すごく簡単なこと、です。

 

2.ナイスなロブでも、先に動けばチャンスボール

相手のナイスなロブ、ってどういうイメージでしょうか?

サービスラインとベースラインの中間、くらいに落ちる、軌道も低めで速いロブ、怖いですよね。

でも、先に動いて回り込んでおけば、怖く無い。

サービスライン少し後ろからでも、試合ではスマッシュは充分に攻撃力を持ってくれる、大事な武器。

ナイスなロブでも、先に動けば必ずアナタのチャンスになる。

スマッシュミスが多いのは、ほとんどが余裕が無い状態で打つから。

しっかり先回りして、普通に打つ。

まさに、練習の球出しのような感じで・・・。

どうでしょう、ミスする気すら無くなりませんか?

 

3.先に動くのが、相手に見られてもOK!

「でも、先に下がりだしたら相手に気付かれるんじゃない?」と思う方も、多いでしょう。

良いんです、気付かれて。

相手からすると、結構前の段階で「次はロブ」と決めているのが普通。

とっさに変更、なんて普通は出来ないと思いますよ。

変更しようとしてミスしてくれる、ことだって期待出来る。

コツとしては、相手が打つ前、に横を向いてクロスステップで下がり始めること。

下がり過ぎる、くらいで良い。

前に動くのは簡単ですからね、とにかく目一杯、前衛のポジションからサービスラインの1歩後ろ、くらいまでは相手が触る前に下がってしまいましょう。

 

4.相手に与えるダメージ、計り知れない

これが決まったときは、すごく気持ちが良いですよ。

相手に与えるダメージは、計り知れない。

通常の前に詰めて決めるポーチボレー、よりもダメージが大きい。

なにせ、後ろ方向にまで先回りされて、自分のナイスロブを軽々スマッシュされる訳ですからね。

「次から、どうしよう・・・」と思って、どんどんペースを乱してくれるはず。

後ろ方向へのポーチスマッシュ、イメージ湧いて来ましたか?

間違いなく、特に女子ダブルス、ミックスダブルスでは使える技、ですよ。

 

打つ前に動いて良い、フライングOK。

これは本当に、テニスの特権です。

逆に言えば、先に動かないともう間に合わないんですよね。

ポーチって、そういうモノ。

前方向に動く、だけが前衛じゃないですよ。

後ろにだって動いて良い、相手のロブに先回りしてみる。

騙されたと思って、次の試合でやってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    大事なポイントでのスマッシュは、打った後も空を見続けよう

    「ここを決めれば、勝ち!」のマッチポイント。自分の頭上にロブが…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える

    テニスの花形ショット「スマッシュ」ですが、初中級レベルの方では苦手な人…

  3. テニス 上達

    スマッシュ

    スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから

    練習で打つスマッシュ、試合で使うスマッシュ。この決定的な違いを…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    大チャンスなスマッシュでは、早く足を決め過ぎないこと

    明らかにチャンス、なスマッシュの場面。こういうときって、逆に打…

  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュは「構えながら相手の選手のポジションも確認する」ことで、コース勝負に持ち込めてミスが減る

    スピードは無くても、なぜかスマッシュが決まりやすい選手、ペアっています…

  6. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?

    テニススクールやテニスクラブでしっかり練習している一般の大人の方は、と…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. メンタル

    格上選手が負ける時は、力でねじ伏せることに固執した時
  2. シングルス

    シングルスの試合で必要な、素早くフォアハンドで回り込むコツ5つ
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ
  4. テニス アディダス

    テニス知識

    アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる
PAGE TOP