テニス ボレー

スマッシュ

後ろ方向へのポーチスマッシュこそ、アナタのダブルスに必要な発想なはず

ダブルスの試合、陣形に関わらず「スマッシュ」をいかに打てるのか。

そして、そのスマッシュでポイントが取れるのか。

これは、アナタのダブルスのレベルアップに欠かせない、至上命題のようなもの。

でも、いざ試合になると相手にロブを上げられて、チェンジチェンジ、打ってはミス・・・ばかりじゃないですか?

以前にも書いたこのテーマですが、改めて、私はこの「前衛のポーチの動き」こそ、アナタを飛躍的に強くしてくれると思いますよ。

 

後ろ方向へのポーチスマッシュこそ、アナタのダブルスに必要な発想なはず

 

1.前に詰める、だけが前衛の動きじゃない

まぁ、これが基本ですが・・・でも、当然相手もそれを警戒して来る。

ネットに詰めた後は、当然ロブを使ってきますよね。

そこに対して、アナタはどういう「策」を持っているのか。

自分が前に詰めた後、ロブが来るとほぼ分かっている。

だったら・・・相手が打つ前に、「後ろ方向」に動いたって良いんじゃないですか?

すごく簡単なこと、です。

 

2.ナイスなロブでも、先に動けばチャンスボール

相手のナイスなロブ、ってどういうイメージでしょうか?

サービスラインとベースラインの中間、くらいに落ちる、軌道も低めで速いロブ、怖いですよね。

でも、先に動いて回り込んでおけば、怖く無い。

サービスライン少し後ろからでも、試合ではスマッシュは充分に攻撃力を持ってくれる、大事な武器。

ナイスなロブでも、先に動けば必ずアナタのチャンスになる。

スマッシュミスが多いのは、ほとんどが余裕が無い状態で打つから。

しっかり先回りして、普通に打つ。

まさに、練習の球出しのような感じで・・・。

どうでしょう、ミスする気すら無くなりませんか?

 

3.先に動くのが、相手に見られてもOK!

「でも、先に下がりだしたら相手に気付かれるんじゃない?」と思う方も、多いでしょう。

良いんです、気付かれて。

相手からすると、結構前の段階で「次はロブ」と決めているのが普通。

とっさに変更、なんて普通は出来ないと思いますよ。

変更しようとしてミスしてくれる、ことだって期待出来る。

コツとしては、相手が打つ前、に横を向いてクロスステップで下がり始めること。

下がり過ぎる、くらいで良い。

前に動くのは簡単ですからね、とにかく目一杯、前衛のポジションからサービスラインの1歩後ろ、くらいまでは相手が触る前に下がってしまいましょう。

 

4.相手に与えるダメージ、計り知れない

これが決まったときは、すごく気持ちが良いですよ。

相手に与えるダメージは、計り知れない。

通常の前に詰めて決めるポーチボレー、よりもダメージが大きい。

なにせ、後ろ方向にまで先回りされて、自分のナイスロブを軽々スマッシュされる訳ですからね。

「次から、どうしよう・・・」と思って、どんどんペースを乱してくれるはず。

後ろ方向へのポーチスマッシュ、イメージ湧いて来ましたか?

間違いなく、特に女子ダブルス、ミックスダブルスでは使える技、ですよ。

 

打つ前に動いて良い、フライングOK。

これは本当に、テニスの特権です。

逆に言えば、先に動かないともう間に合わないんですよね。

ポーチって、そういうモノ。

前方向に動く、だけが前衛じゃないですよ。

後ろにだって動いて良い、相手のロブに先回りしてみる。

騙されたと思って、次の試合でやってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュ直後の構え直し」の速度を磨く為の練習メニュー

    今回は、このテーマで。スマッシュ練習って、球出しだけになったり…

  2. スマッシュ

    「深いロブでスマッシュが厳しい!」ときにはスィングを止めての返球でOK!な感覚も大事

    女子ダブルスの試合、特に年齢別の方の試合になると、頭上を狙うロブの精度…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュが安定しない人によくある、「後ろ足回転症候群」を解消してキレ味を磨こう!

    スマッシュが安定しない、キレ味が無いと感じている人は、まずフォームが大…

  5. スマッシュ

    試合で使える「回り込みスマッシュ」を成功させるコツ4つ

    ロブが上がって、スマッシュか、バックボレーか・・・。これ、大き…

  6. テニス ダブルス

    スマッシュ

    風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう

    風が強い日のテニスの試合。結構、慎重になって逆にミスが多くなる…

特集記事

  1. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で出来るだけリラックスする為には「スロートに手を添えてラケットヘッド…
  2. テニス ストローク

    戦術

    そもそもテニスではなぜ、「自分の思い通りに打つ」のが難しいかを考えると・・・?
  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのトスアップは、「身体全体で勢いを付けて上げない」ように
  4. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの評価、概念から変えていこう
  5. テニス テイクバック

    ストローク

    両手バックハンドストロークでは、「ボールをインパクトしたときのラケット面」をしっ…
PAGE TOP