テニス ダブルス

スマッシュ

ダブルスの前衛にいて、「スマッシュが苦手なら後ろポーチ」を実践すれば、相手はロブを上げにくい

ダブルスの前衛にいると、どうしても落ち着かない。

なぜかと言うと、とにかくスマッシュが苦手だから・・・。

そんな方には、あえて「後ろ方向にポーチする」ことで相手より先手を打つことをお勧めします!

 

ダブルスの前衛にいて、「スマッシュが苦手なら後ろポーチ」を実践すれば、相手はロブを上げにくい

 


 

■前衛のポーチは、「前」だけが能じゃない

前衛のポーチは、前に出てネット近くで「パチン!」というイメージが強いですよね。

だからこそ相手もストレートロブを上げたりして対抗してくる。

そのときに、アナタはしっかりスマッシュを打ち切れていますか?

苦手意識があると相手に伝わり、「上に上げておけばミスしてくれる」という、やりやすい相手になってはいませんか?

ロブを先読みすることができれば、「あえて」相手が打つ少し前に後ろに下がるのも手です。

 

■ダブルスにおいて「スマッシュが苦手でひたすらチェンジ」は、一番まずいパターン

ロブから逃げるようにチェンジする前衛は、前にいる意味がありません。

だったら最初から下がってた方がマシ。

スマッシュが苦手であれば、工夫すること。

テニスにおいては、ポジションはラリー中でもどんどん変えて良い。

予め下がるのが早ければ、きっと打てるスマッシュも増えるはずです。

■たとえそのスマッシュが入らなくても気にしない、表情に出さない

相手にとって、何が嫌なことか。

それは良いロブでも前衛に触られる、そしてミスしても堂々としているのが嫌なんです。

後ろに動くポーチを覚えれば、身長の低い女性の方でも、深いロブを触れます。

「あっ、これはもう簡単にロブ上げられないな・・・」と相手が思っていれば、今度は通常のポーチのチャンス!

こうやって相手にプレッシャーをかけていきましょう。

 

前衛にいるときも、味方の後衛がサーブを打つ、ストロークを打つ瞬間から、アナタの駆け引きが始まります。

ストレートロブは、基本的にアナタが処理すべきボールという意識を持ちましょう。

チェンジする、任せるときは、クロスのポーチを予測して攻撃的になったとき。

漠然と、もやーっと前衛の位置に立っているだけの方、そのままでは試合に勝てません。

「後ろに動いてでも」ロブを誘えるように、意識を高く持ちましょう

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう

    守備が上手い選手は、試合で変な負け方はしない。スマッシュを打ち…

  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    遅いスライスロブをスマッシュするときには、「待たないで自分からジャンプ!」していこう

    スライスロブ、試合の中で打たれるケースが多いはず。特に女子ダブ…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「肩を入れた構え」が出来れば、スマッシュは楽に逆クロスに打てる

    スマッシュに苦手意識がある人は、まずこの意識から。逆クロス方向…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ダブルスの試合でのスマッシュは、基本的にロブを打った相手を集中攻撃で

    特にダブルスでの試合、なかなかスマッシュを決め切れない人、いませんか?…

  5. テニス リターン

    スマッシュ

    スマッシュを打った後の態勢は、スタンス広めで次に備えることで決定力がアップする

    テニスの実力が一番現れるショット、はスマッシュ。と何度か書いて…

  6. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?

    テニススクールやテニスクラブでしっかり練習している一般の大人の方は、と…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. シングルス

    テニスのシングルスの試合で必要な「クロスラリーでしっかり間を作る」為に必要な意識…
  2. その他

    「甘ったれるな!トレーニングしろよ!」テニスのトーナメントを勝ち抜くには持久力は…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    「ビビッて置きに行くストローク」は、試合中に変えないと後悔だけが残る
  4. シングルス

    シコラーを攻め切るには、シングルスでこの作戦!
  5. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員に勝てるテニス」は無いけど、「全員から負けにくくなる…
PAGE TOP