テニス ダブルス

スマッシュ

ダブルスの前衛にいて、「スマッシュが苦手なら後ろポーチ」を実践すれば、相手はロブを上げにくい

ダブルスの前衛にいると、どうしても落ち着かない。

なぜかと言うと、とにかくスマッシュが苦手だから・・・。

そんな方には、あえて「後ろ方向にポーチする」ことで相手より先手を打つことをお勧めします!

 

ダブルスの前衛にいて、「スマッシュが苦手なら後ろポーチ」を実践すれば、相手はロブを上げにくい

 


 

■前衛のポーチは、「前」だけが能じゃない

前衛のポーチは、前に出てネット近くで「パチン!」というイメージが強いですよね。

だからこそ相手もストレートロブを上げたりして対抗してくる。

そのときに、アナタはしっかりスマッシュを打ち切れていますか?

苦手意識があると相手に伝わり、「上に上げておけばミスしてくれる」という、やりやすい相手になってはいませんか?

ロブを先読みすることができれば、「あえて」相手が打つ少し前に後ろに下がるのも手です。

 

■ダブルスにおいて「スマッシュが苦手でひたすらチェンジ」は、一番まずいパターン

ロブから逃げるようにチェンジする前衛は、前にいる意味がありません。

だったら最初から下がってた方がマシ。

スマッシュが苦手であれば、工夫すること。

テニスにおいては、ポジションはラリー中でもどんどん変えて良い。

予め下がるのが早ければ、きっと打てるスマッシュも増えるはずです。

■たとえそのスマッシュが入らなくても気にしない、表情に出さない

相手にとって、何が嫌なことか。

それは良いロブでも前衛に触られる、そしてミスしても堂々としているのが嫌なんです。

後ろに動くポーチを覚えれば、身長の低い女性の方でも、深いロブを触れます。

「あっ、これはもう簡単にロブ上げられないな・・・」と相手が思っていれば、今度は通常のポーチのチャンス!

こうやって相手にプレッシャーをかけていきましょう。

 

前衛にいるときも、味方の後衛がサーブを打つ、ストロークを打つ瞬間から、アナタの駆け引きが始まります。

ストレートロブは、基本的にアナタが処理すべきボールという意識を持ちましょう。

チェンジする、任せるときは、クロスのポーチを予測して攻撃的になったとき。

漠然と、もやーっと前衛の位置に立っているだけの方、そのままでは試合に勝てません。

「後ろに動いてでも」ロブを誘えるように、意識を高く持ちましょう

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    遅いスライスロブをスマッシュ、「待たないでジャンプ!」していこう

    スライスロブ、試合の中で打たれるケースが多いはず。特に女子ダブ…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「スマッシュを打つ時にしっかりラケットに当たらない・・・」人は、基本を見直して顔を残そ…

    テニスの試合では、「頭より上」のボールはしっかり打ち切ってポイントを獲…

  3. テニス ボレー
  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、試合では決まりやすい

    スマッシュをしっかり、試合で打っていくのって・・・難しいですよね。…

  5. テニス ポーチ
  6. テニス ダブルス

    スマッシュ

    風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう

    風が強い日のテニスの試合。結構、慎重になって逆にミスが多くなる…

特集記事

  1. リターン

    ビッグサーバー相手にこそ、リターンはポジションが鍵
  2. メンタル

    1人が県大会にいけば「必ず2人目、3人目が出てくる」のがチームテニスの良いところ…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くな…
  4. テニス メンタル

    サーブ

    「シンプルに上で打ち終わる」サーブを覚えると、試合の中ですごく使える!
  5. テニス 動画

    戦術

    「誰が見ても上手い」という選手ほど、本人はなかなか勝てないのがテニスというスポー…
PAGE TOP